teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: 相互直通50周年

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年 6月23日(土)19時19分22秒
返信・引用 編集済
  6月21日には、品川駅3番線で相互直通運転50年のテープカットが実施されており、YOUTUBEにて公開されています。久里浜のフェスタで旧デハ1356に施されていた装飾が1500形に施されており、表示は前半が当時の祝賀列車(旧1000形1237編成)と同じ「77H 特急 押上」、後半がけいきゅんに「KEIKYU」でした。この1500形は1549編成で、横浜寄り先頭の1549のみ室内への出入りが可能で、室内には当時のヘッドマークや記念乗車券、快特の前面種別板や「快速特急 マリンパーク号」の側面サボなどが展示されていました。動画のアドレスは下記のとおりです。

http://m.youtube.com/#/watch?v=IudnIYIDTYU

http://m.youtube.com/#/watch?v=SESV8aIV61s

さらに、この編成はイベント終了後、装飾に網をかぶせたうえで神奈川新町まで回送されています。その模様は下記のアドレスにあります。

http://m.youtube.com/#/watch?v=EqZrM44fVAU

1500形でこのような装飾といえば、1993年の羽田(→天空橋)駅開業の記念電車として、当時の初代1637編成に施された例があります。この編成は現在の1585編成です。
 
 

Re: 今年度新車

 投稿者:MASA  投稿日:2018年 6月22日(金)21時35分1秒
返信・引用 編集済
  > No.3821[元記事へ]

快特さんへのお返事です。

> 今日、総車から川重製の1631~が久里浜工場まで入りましたね。
> 10日ごろには1637~が川重からやってくるようです。

川崎重工では1625Fが製造されている画像がアップされているサイトが有りましたが、
先に1631F・1637Fが甲種回送されて来ました。
どうやら編成内の有る車両が製造中に損傷したとの事で、無事な車両を先に海上輸送する様な事が記載されていました。
 

Re: 相互直通50周年

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年 6月19日(火)22時19分56秒
返信・引用
  井土ヶ谷さんへのお返事です。

> 他に来月と再来月には成田山号と城ヶ島・マリンパーク号運行があるようですが、だから、なにって感じがします。
>
その成田山号と城ヶ島・マリンパーク号ですが、2018年7月7日・8日と8月18日・19日のいずれも土日で、時刻は次のとおりです。
成田山号
三崎口8:18発→泉岳寺9:35発→押上9:59発→成田11:19着
城ヶ島・マリンパーク号
成田7:10発→押上8:32発→泉岳寺8:57発→三浦海岸10:07着
停車駅は成田山号が京急線内特急、浅草線内は各駅に停車し、京成線内は特急停車駅に加え京成曳舟駅、八広駅、四ツ木駅、立石駅、小岩駅に停車します。城ヶ島・マリンパーク号は京成線内特急、浅草線と京急線内は快特停車駅です。
当時の成田山号と城ヶ島・マリンパーク号は午前と午後に運転、例えば成田山号は午前が京急、午後は京成の車両で運転、城ヶ島・マリンパーク号は午前が京成、午後は京急の車両が使用されており、1970年5月からゴールデンウィークや夏期などに運転、後に1月のみに縮小され、1978年1月まで運転されていました。
車両はおそらく成田スカイアクセス線に対応した編成(京急600形、1000形、京成3000形、3050形など)が充当されると思われます。こうなると、大晦日から元旦にかけての招運号(三浦海岸ー成田)の復刻運転もされるか注目されるところです。成田行の招運号は特急ながら立会川駅にも停車していたとか。
 

相互直通50周年

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年 6月19日(火)01時39分23秒
返信・引用 編集済
  今月21日に相互直通50周年を迎える、3社局は合同でイベントを開催するようです。詳細は以下の通りです。http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20180618HP_18064EW.html
21日当日は品川駅3番ホームにて12時から14時まで、花電車の展示があり、一部車両の車内にて資料の展示
等が行われるほか、スタンプラリーや記念乗車券の発売、21日から来年の6/20までHM付きの電車を3社局の
車両(京急600形、都営5300形、京成3000形)で運行し、他に来月と再来月には成田山号と城ヶ島・マリンパーク号
の運行があるようですが、だから、なにって感じがします。

相変わらず記念乗車券は各社局ともに、1駅売りで、発行部数、各2000部イコール合計で6000部だから多いと言えば
そうかも知れませんが、全駅売りはなし、都営に関しては発売日が5500形デビュー日と重なってか、浅草線では
売らず、大江戸線の国立競技場駅で発売、浅草線のきっぷが線内で買えないのはおかしい気がします。

記念電車もそうですが、2時間程度の展示ぐらいだったら、駅前のウイングや品川グースで展示出来るスペースを
設けて、パネルや資料を置いても良さそうな気がします。少なくとも90年代の京急は鉄道の日の時はそんな事、
普通にやってました。成田山号や城ヶ島・マリンパーク号だって朝の片道のみの運行で、夕方の運行はなし、
と言った感じなので、リバイバル運転としては中途半端で鉄道オタ向けにただ運行してやると言う感じがして
好きになれません。

1000形や2000形の時にも感じましたけど、鉄オタ向けに一日だけさよならイベントをやって、イベントを
開いてやっているんだから、ありがたいと思え。みたいな感覚が、どうも今の京急にはあるような感じで
これは各社も同じかもしれませんが、イベントスタッフを永年やって来た関係からか、そう言うイベントは
好きになれません。

何だか、批判めいた話になりましたけど、鉄タレは来ても鉄道知識人の来ないイベントには興味が湧きません。
 

金属から木へ。床は気が一番?!

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年 6月15日(金)01時41分5秒
返信・引用 編集済
  金属には暖かみを感じない。

だから床板は木に限る。

木だとレトロ感がある。

だから復元するにあたっても金属から木にとの発想になったのでしょうか。6/12配信のはまれぽ.comにて236号車
の修復工事の様子が紹介されていましたが、その中で床板が木張りになったとの事で、実際、写真を見ると
木張りのレトロな床が復元されたとあるので、金属から木に変わった感じです。
はまれぽの記事については以下の通りです。
http://hamarepo.com/story.php?story_id=6773&form=topPage0
ちなみに修復前の写真を見ると、床板は金属で、見た感じでは久里浜の湘南デ1と同じです。湘南デ1形の床板は
金属が正しく、地下鉄乗り入れを考慮して燃え難い素材を使ったようです。修復前の状態については昨年11/8配信
のジョルダンニュースに載っていて、以下の通りです。
http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=JD1510126934394
それにしても、床板は木製なんて発想はどこから来たのか、カトーの268号車を参考にしたのかもしれませんが
268号車は京浜デ83形のトップナンバー、83号車なので、83形の床板は木製だったようです。そう思うと
全て木製という事になるのかもしれませんが、どうなのでしょうか。

まあ、釘を打ち付けているとはいえあくまでも、展示公開のために床板を木製にしておいたのかもしれません。
つまり金属の方は修復中ということでしょうか。
 

今年度新車

 投稿者:快特  投稿日:2018年 6月 8日(金)17時04分51秒
返信・引用
  今日、総車から川重製の1631~が久里浜工場まで入りましたね。
10日ごろには1637~が川重からやってくるようです。
 

総車。

 投稿者:さにー  投稿日:2018年 6月 8日(金)09時27分46秒
返信・引用
  1000形の新車いますね。
ナンバーまでは確認できませんでした。
 

都5500形がデビュー

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年 5月23日(水)21時14分17秒
返信・引用 編集済
  都営浅草線の新型車両5500形は5月に入り試運転を開始していますが、6月30日より営業運転を開始する予定であると、交通局のリリースから発表があったそうです。今年度は7編成56両導入する予定とあります。5500形はSiC制御を持っており、同形の営業運転開始によって、現状では京急線内泉岳寺までの限定運用となっている京急1000形のSiC車(1177編成や1201編成、1001編成などの8両編成)も浅草線への乗り入れを開始すると考えられそうです。
浅草線の5300形は成田スカイアクセス線に入るアクセス特急関連運用はありませんが(浅草線内エアポート快特の運用はある)、5500形はアクセス特急の運用を持つことになるでしょうか。

5/24追記
京急電鉄HP内の特別塗装列車運行予定において、そのうち本日の京急120年の歩み号(1521編成)は「運行予定なし」と出ていましたが、先程本線の普通で運用されているのを六郷土手付近で確認しました。京急120年の歩み号は大師線での運行予定しか見ておらず、本線での運行予定表は見た記憶がありません。ただYOUTUBEでは金沢文庫駅での1000形快特(朝のB快特。金沢文庫まで特急)後部への連結シーンがUPされています。

http://m.youtube.com/#/watch?v=Z4FkmruTV0c

さらに、下のアドレスには同じく金沢文庫駅で1057編成の特急羽田空港行前部に連結されるところがUPされています(1521編成は神奈川新町まで)。

http://m.youtube.com/#/watch?v=EH9ZTTY8_wc

京急120年の歩み号の「運行予定なし」とある場合は、本線で運用されている可能性もあるようで、5月18日には4連+3で運転される快特1792A列車の先頭に入っており、続いて1525編成と1401編成(金沢文庫まで)を連ねていたそうです(通常はオール1000形)。
 

Re: Re:フェスタ当日

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年 5月21日(月)20時53分29秒
返信・引用
  ひとつ忘れていましたが、今年の京急ものしり列車は2100形の2117編成が使用されていました。

> 来年はおそらく800のさよならイベントになるでしょうから、今年以上に人が来場するのではないでしょうか。

そんな予感がしています。2000形で最後まで残った編成は2011編成だったので、おそらく800形は823編成が最後まで残ると推測されそうです。
>
> そんな中、久里浜駅ホームの発車案内表示が更新され、パタパタ表示がなくなりました。川崎や横須賀中央はまだ現役で続いていますが、文庫も数年前からパタパタ表示がなくなりました。おそらく消える日もそう遠くないかもしれませんから、「撮影はお早めに」と言ったところでしょうか。

実はフェスタの帰りに横須賀中央駅で降りたところ、確認しました。このパタパタ表示、表示が変わるときに「うすい」「東成田」「京急久里浜・新逗子」「三崎口・浦賀」などといった、かつて使われていた表示や使う機会がない表示を一瞬見ることができるので楽しみな感じです。
 

Re:フェスタ当日

 投稿者:大野目 五十鈴  投稿日:2018年 5月21日(月)18時32分7秒
返信・引用
  毎年恒例となったファミリー鉄道フェスタ、昨日も多くの人でいっぱいでした。
3月に引退した2000の展示に撮影する人が多かったように思えます。
来年はおそらく800のさよならイベントになるでしょうから、今年以上に人が
来場するのではないでしょうか。

そんな中、久里浜駅ホームの発車案内表示が更新され、パタパタ表示がなくなり
ました。川崎や横須賀中央はまだ現役で続いていますが、文庫も数年前からパタ
パタ表示がなくなりました。おそらく消える日もそう遠くないかもしれませんか
ら、「撮影はお早めに」と言ったところでしょうか。
 

Re: フェスタ当日

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年 5月21日(月)00時28分5秒
返信・引用 編集済
  > No.3815[元記事へ]

井土ヶ谷さんへのお返事です。

>ピットには、解体中の2051と822と解体なのか分からない2061そして、方向幕実演用の823辺りがいるのでしょうか。2100形ブルスカは例年通り除外され、運行中のノルエコ電車も展示はないようです。

解体中は822編成と2051編成で、2061編成は改造中の1409編成とともに特修工場内にいました。2061編成は廃車処理中のようです。
方向幕実演は昨年に続き823編成による黒幕再現でした。旧1000形は相互直通運転50周年ということもあって旧1356前面に相互直通開始時の装飾がなされ、表示も「特急77H 押上」になっていました(ただ黒幕なのが残念ですが…)。ちなみに当時の記念電車は1237編成に装飾されていました。反対側の旧1351(表示は「快特51SH・三崎口」)には琴電1080形ラッピング編成と同じヘッドマークが付けられていました。今年は快特運転開始からも50年を迎えます。
お帰り臨時電車は1000形1033編成で、ノルエコラッピングの編成は快特運用に入っていました。
京浜急行バス展示のうち一般路線車は例年地元の久里浜か衣笠営業所の車が展示されるのですが、今年は都内の大森営業所の車でした(リムジン車は京浜島営業所)。
さらに本日は、15時台になって京急鶴見あたりでの架線に付着物とかで京急川崎から神奈川新町までが運転見合わせという状況になっていました。京急フェスタのある日は必ず京急線が止まったり遅れるといった感じです(毎年ではありませんが)。
 

Re: フェスタ当日

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年 5月20日(日)17時03分17秒
返信・引用 編集済
  > No.3814[元記事へ]

井土ヶ谷さんへのお返事です。

小生も行ってきました。確かに例年より一週早く開催となりました。今年の展示車両は、
デト17・18形15-16
2100形2101編成「普通・浦賀」
600形606編成「エアポート急行・品川」
1000形1057編成「快特・羽田空港ー京急蒲田」
1500形1521編成「特急・新逗子」
1000形1201編成「特急・佐倉」
800形821編成「普通・三崎口」
2000形2011編成「快特・京急久里浜」
といった感じで、予想どおりに春に引退した2000形や、1500形京急120年の歩み号などが登板しました。ただ、1000形のうちSiC制御の1177・1185編成と1201編成以降、それと1001編成は現在のところ泉岳寺までの限定運用ですが、1201編成が「佐倉」を出しているのは新鮮でした。理由は都営線内での誘導障害とのことで、同じSiC制御を持つ都の5500形も同じ理由で試運転ができていない状況でしたが、5月19日より試運転が開始されていました。そのうち京急、京成、北総に貸し出されて訓練を実施し、5500形が営業運転を開始すれば1000形SiC車も泉岳寺から先の浅草線への乗り入れを開始することでしょうか。
 

フェスタ当日

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年 5月20日(日)07時48分13秒
返信・引用
  例年より一週早く開催となった、今回のフェスタですが展示車両は600形ブルスカ、1000形イエロー、2100形、
1500形120年記念電車、2000形2011編成といった感じで、解体中の2051と822と解体なのか分からない2061
そして、方向幕実演用の823辺りがいるのでしょうか。2100形ブルスカは例年通り除外され、運行中のノルエコ電車も
展示はないようです。それ以外は何が展示されるのかは分かりませんが、リバイバル車同士の展示はとうとう
実現することはありませんでした。

ということは、2000形ありがとうイベントで実現しなかった、2011と2061の編成の並びが実現するのかな?
 

Re: 羽田界隈

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年 5月20日(日)07時34分9秒
返信・引用
  > No.3812[元記事へ]

佐川飛脚伝説さんへのお返事です。

> 天空橋駅には京急線と東京モノレール羽田空港線間の乗り換え専用改札口が2か所あり、そのうち閉ざされているの
は京急線羽田空港方面ホームから東京モノレール新整備場方面ホームへの連絡改札口(京急からモノレールへの一方通行)で、京急線から新整備場地区への通勤を考慮してか7時から11時までの営業です。もうひとつの京急線羽田空港方面ホームと東京モノレール浜松町方面ホームの連絡改札口は終日営業しています。モノレール浜松町・天王洲アイル方面から東京モノレールに乗り、天空橋駅で京急線に乗り換える際はモノレール改札口がある連絡階段とモノレール浜松町方面ホームを経由して連絡改札口へ、という手間のかかる経路です。

京急にとっては羽田ルートの暫定乗り換え駅だったので、現在の扱いは普通対応になっただけなんでしょうね。
 

Re: 羽田界隈

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年 5月13日(日)09時53分7秒
返信・引用 編集済
  井土ヶ谷さんへのお返事です。

>天空橋駅こと旧羽田駅は開業から約5年くらいはモノレールの乗り換え駅だった物の、今では京急ホームからモノレールホームの連絡口は閉ざされているので、改札を出ない限り乗り換えが出来なくなりました。

天空橋駅には京急線と東京モノレール羽田空港線間の乗り換え専用改札口が2か所あり、そのうち閉ざされているのは京急線羽田空港方面ホームから東京モノレール新整備場方面ホームへの連絡改札口(京急からモノレールへの一方通行)で、京急線から新整備場地区への通勤を考慮してか7時から11時までの営業です。もうひとつの京急線羽田空港方面ホームと東京モノレール浜松町方面ホームの連絡改札口は終日営業しています。モノレール浜松町・天王洲アイル方面から東京モノレールに乗り、天空橋駅で京急線に乗り換える際はモノレール改札口がある連絡階段とモノレール浜松町方面ホームを経由して連絡改札口へ、という手間のかかる経路です。
 

あちこちのラッピング

 投稿者:吉本 尚(管理者)  投稿日:2018年 5月11日(金)21時25分44秒
返信・引用
  何かあまりぴんピンときませんが。  

羽田界隈

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年 5月10日(木)23時48分31秒
返信・引用
  天空橋周辺にYRPのような施設が出来るみたいです。天空橋駅こと旧羽田駅は開業から約5年くらいはモノレールの
乗り換え駅だった物の、今では京急ホームからモノレールホームの連絡口は閉ざされているので、改札を出ない
限り乗り換えが出来なくなりました。そんな単なる通過駅と化した駅周辺に通信・産業・商業施設が出来るとなれば
今後は快特・エア快停車駅になるかもしれません。

http://www.keikyu.co.jp/file.jsp?assets/pdf/company/news/2018/20180510HP_18041MT.pdf

 

800形、引退近し!?

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年 5月10日(木)02時51分24秒
返信・引用
  昨日、京急公式サイトにて今年度の事業計画が発表されました。詳細については以下の通りです。
http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20180509HP_18031EW.html
計画によると京急蒲田、京急川崎、横浜、上大岡、羽田空港国内線ターミナルの5駅にホームドアが設置され、
ホームドア設置の阻害要因になっている4ドア車の廃車を前倒しにして、車両を新造すると言う事で、
1000形42両を新造して、1000形8両を更新とあるので、前者は6両編成7本、後者は8両編成1本と言った
ところでしょうか。

ホームドアの設置がいつになるかは分かりませんが、京急最後の自動片開き4ドア車は今年度中には引退する訳で
800形の終焉は近いのかもしれません。既に川重で2編成新造の目撃談もありますし・・・・・。

これを持ってして在籍車両数800両突破となるのでしょうか。
 

Re:ついにことでんにも

 投稿者:大野目 五十鈴  投稿日:2018年 4月23日(月)18時17分12秒
返信・引用
  今日の毎日朝刊社会面左下の雑記帳に、カラー写真付で出ています。

できれば旧1000形は白帯塗装の方がよかったように思えるのですが・・・・。
 

今年もファミリーフェスタ

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年 4月22日(日)22時09分38秒
返信・引用
  毎年恒例の京急ファミリー鉄道フェスタですが、今年は5月20日の開催です。

http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20180420HP_18005TS.html

今年は都営浅草線との相互直通運転50周年を記念した旧1000形花電車(1968年6月の開通式での花電車を再現)が展示されるほか、今年の方向幕実演は昨年と同じ800形823号車で、登場当時の幕を使用するといいます。車両展示・撮影コーナーでは、おそらく京急120年の歩み号こと1521編成や、先日引退した2000形が登板すると思われます。また、今年も京急川崎駅発の貸切電車「京急ものしり列車」を運転するそうです。
ちなみに今年は相互直通運転50周年であるほか、快特運転開始50周年、羽田空港国内線ターミナル駅(当時は羽田空港駅)開業20周年で、800形も40年を迎えます。
 

Re: 今度は広島電鉄にも

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年 4月22日(日)21時50分3秒
返信・引用
  京急のラッピングですが、今度は広島電鉄にも登場することになりました。

http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20180420HP_18002MT.html
 

営業運転開始

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年 4月17日(火)20時23分2秒
返信・引用
  昨日、ことでんにて、京急ラッピング車の運転が開始となりました。詳細については以下の記事の通りです。
http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=JD1523849558556
また動画も以下の通りです。
https://www.youtube.com/watch?v=v3yUBroz19Y

京急ラッピング車はこれまで、モノレールや路面電車、船等はあっても鉄道線はなかったのでどんな感じになるのか
と思っていましたが、側面は良い物の、前面は何とも言えない感じがします。ライトが付いているのに、ライトを
イラスト化しなくてもと思う物の、京急時代にはなかった塗装なので、模型のウソ電がそのまま実車になった
ような感じがします。運転は2021年までとの事なので、約3年間走るようです。
 

Re: ついにことでんにも!!

 投稿者:さにー  投稿日:2018年 4月13日(金)08時37分38秒
返信・引用
  すっごく楽しみですねぇ。
いつか、模型でやってみたいと思っていた塗装です。
京急でも、リゾートトレインをつくったらどんなのがいいかな、と思っていろいろ想定して、旧1000形を改造してみたら。。。なんて考えていました。
 

Re: ついにことでんにも!!

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年 4月13日(金)07時44分11秒
返信・引用 編集済
  井土ヶ谷さんへのお返事です。

> 今日付けの京急公式サイトにて、「京急ラッピング車両」の告知の発表がありました。それによると今月16日より
> 高松琴平電鉄に於いて、同社で運行中の1080形(1083-1084)にラッピングを施し運行すると言う物で、1080形は
> 元を返せば京急1000形(1019-1020)なので、これまでラッピング車はモノレールや路面電車、バスや船等でしたが、
> ここへきて鉄道線にも波及した格好です。しかも今回は元京急車のラッピングですから、その衝撃も一塩です。
> ちなみに運行する1080形は元の車号をみて分かる通り空気バネ試験車でした。導入当時は空気バネの本格採用には至らず、最終的には履き替えが行われ、ことでんの車は台車はTS-310なので、車歴だけとしてか言いようがないですが、ともかく同編成はことでん入りした際、1017-1018-1019-1020編成のうち1019に浦賀方の1017の乗務員室を接合して先頭車化改造を行った車両なのでことでん入りした、他の京急車と違うのも特徴ですね。
>
まさか元京急旧1000形の1080形に京急のラッピングとは驚きです。800形から始まった窓周り白帯は2000形が登場してからはクロスシート車の塗装となっていたところ、現在の1000形が登場してからはそれが曖昧になっていました。旧1000形は窓周り白帯になったことがなく、それはそれで新鮮です。京急電鉄のサイトを見ると、前面もブラックフェイスのようです。このブラックフェイスが旧1000形の前面にマッチするかどうか。
旧1017編成は空気バネ台車だけではなく、京急時代、ほかの旧1000形1次車編成とは異なり、コンプレッサーはロータリー式のAR-2型を搭載していました(ほかの1次車編成はA-2型。ことでん移籍後はC-1000型に換装)。このラッピング、元旧600形の1070形に施したら面白いと思いますが。なぜならば旧600形は京急時代、セミクロスシート車だったということで。
ことでんには旧1000形最終期編成も移籍、長尾線で使用されていますが、そのなかには最終製造車の1243-1250も含まれています。
 

泉岳寺駅

 投稿者:吉本 尚(管理者)  投稿日:2018年 4月10日(火)18時38分14秒
返信・引用
  泉岳寺駅を改造してホーム幅を広げたりする計画。
これは大工事でしようね。
 

ついにことでんにも!!

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年 4月10日(火)17時28分22秒
返信・引用 編集済
  今日付けの京急公式サイトにて、「京急ラッピング車両」の告知の発表がありました。それによると今月16日より
高松琴平電鉄に於いて、同社で運行中の1080形(1083-1084)にラッピングを施し運行すると言う物で、1080形は
元を返せば京急1000形(1019-1020)なので、これまでラッピング車はモノレールや路面電車、バスや船等でしたが、
ここへきて鉄道線にも波及した格好です。しかも今回は元京急車のラッピングですから、その衝撃も一塩です。

運航日当日は出発式が行われ、2月のゆいレールの時と同様、京急関係者も出席するそうですが、イラストを
見る限りだとかつての白帯車と異なり、白太帯となるので、1000形が現役時代にこのカラーリングで走った事が
ないので、どんな感じになるのか楽しみです。ちみなに運行する1080形は元の車号をみて分かる通り
空気バネ試験車でした。導入当時は空気バネの本格採用には至らず、最終的には履き替えが行われ、ことでん
の車は台車はTS-310なので、車歴だけとしてか言いようがないですが、ともかく同編成はことでん入りした際、
1017-1018-1019-1020編成のうち1019に浦賀方の1017の乗務員室を接合して先頭車化改造を行った車両なので
ことでん入りした、他の京急車と違うのも特徴ですね。

http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20180410HP_18001EW.html

 

タモリ倶楽部放送

 投稿者:大野目 五十鈴  投稿日:2018年 4月 7日(土)18時08分25秒
返信・引用
  金曜深夜に放送のタモリ倶楽部、次回の放送で京急120周年ツアーをやるようです。
ただし来週13日(金)は、サッカーなでしこジャパンの試合放送があるようなので、
20日(金)になるでしょう。今から楽しみです。
 

京急の話題

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年 4月 7日(土)12時40分0秒
返信・引用 編集済
  ここ最近の話をまとめてみる事にしました。

1. 今月1日から来年の3月31日までの1年間、「黄金町」、「浦賀」、「新逗子」三駅のホーム提示の駅名板を
木目調にして、昔ながらの雰囲気を演出して、歴史ある駅を盛り上げるとか。詳細は以下の通りです。http://www.keikyu.co.jp/company/news/2017/20180328HP_17274KK.html
三駅の駅名が木目調になるのは、今月1日に湘南電気鉄道開業88周年を迎えたので、その一貫だと思いますけど
開業50周年、60周年の時には記念乗車券を発行した物の、70年、80年は皆無で、米寿の記念とは言っても創立イヤー
だからこんな事を発案したのかもしれませんが、湘南電鉄開業時の駅名板って、木目だったんですかねぇ。

2. 先月17日、京急線内で何らかの番組収録が行われ、貸切ではなく回送扱いだったようですが、品川ー京急川崎間を
651-1編成が走り、大師線の川崎駅ホームに入線後、記念電車に入れ替わり、1往復したのち再び川崎から
普段、川崎には入線しないデトが来て、川崎からはデトで収録が行われたようです。一連の回送列車は
どうも「タモリ倶楽部」収録のようで、事実、再来週放送の回でその模様があるみたいです。
https://www.youtube.com/watch?v=HrAsIAoJTo8

3. 来月開催の京急フェスタの告知がされました。詳細は下旬に発表との事ですけど、今年は5/20開催の要で
例年通りだと、月の最後の日曜日開催でしたが、今回は月の三週目の開催になったようです。撮影会の
展示車両は引退した2000形、2011編成と823編成やいつもの赤・黄・青と記念電車でしょうか。
まだ告知なのでどうなるかは分かりませんけど。
http://www.keikyu.co.jp/report/2018/20180403_18002TI.html

4. 本日から約一年間の予定で横浜駅から山下公園や観光地を結ぶ、観光船の「シーバス」に京急ラッピングを
施して運行するようです。京急ラッピングもモノレールや路面電車だけでなくついに船までと言う感じですが
今回のラッピングは羽田関連の物ではなく、創立イヤーの方で、本社移転の関連で内装も「けいきゅん」の
ステッカーが張られてたりしていますので、どちらかと言えばオープントップバスの要な物です。
http://www.keikyu.co.jp/company/news/2017/20180328HP_17278NS.html

以上。京急のここ最近の話題を書いてみました。先月は2000形の突然の引退や、リラックマ電車運行等
ありましたが、今月初旬だけでこれだけ話題があるのだから、ここ1ヶ月くらいは他にもあるのでしょうね。
 

非公式情報

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年 3月29日(木)03時50分56秒
返信・引用 編集済
  度々のカキコ失礼します。

永年、鉄道趣味をやっていると共通する事ですが、公式上で発表される事と非公式の情報と接する事が
あります。前者の場合は公式だから信用に値するとして、後者の場合はガセの場合もあるので、信用出来ない面も
ありますが、ただ趣味的には後者の情報の方がありがたかったりします。実際のところ、公式・非公式と考えた
とき、公式情報は差し障りのない話で、非公式情報は核心に迫ってたりするので、どちらが良いかと言うと
どちらとも言えないというのが、私の考えです。

つまり、何が言いたいかと言うと、今月に入って度々、話題になった2000形の事です。
私は今週、月曜日の深夜に「一部情報では、2000形は3/28で運用終了」とカキコしました。ただあの情報は
京急の公式情報ではなく、3/25開催のさよならイベントに参加のフリーアナウンサーの久野知美さんのTwitter
及びブログに掲載の情報だったので、公式ではなく非公式だったわけです。しかも彼女はそれが公式であるか
のように「最終運転日3/28まで」と記載していたので、私もそのように受け取りました。まあ、そうだったようで、
昨日は最終運行とあって、沿線にはたくさんの人が集まってようです。

2000形の入れ替わりで登場した1000形1200番台は2編成が営業運転に入っており、運用上は2000形が入る
事はないのかもしれません。それはさておいて、久野さんの件が気になったので、一昨日午前中、「京急
ご案内センター」に問い合わせたところ、このような回答でした。「2000形最終運行日については情報は
上がっていないので答えようがない」ということでした。それでは彼女はそれをいつ知ったかについては
「分からない」との事でした。

私も案内センターには「情報漏れという事ですか」と言ったら、担当者は「申し訳ない」と言ってばかりで
何の対処にもならなかったので、まずは久野さんのブログに「3/28は公式情報ではないので撤回した方が良いと」
カキコんだところ、彼女はそれに応じて「月末まで」と記事を修正してくれました。しかし問題はこの情報が
どこから入ったのかが、気がかりだったので、あらためて京急電鉄にメールにて最終運行日の公式見解を
問い合わせしたところ、「2000形の最終運行日につきましては、沿線各所に多くのお客様が集中し、
混乱が生じますと、他のお客様の安全が確保できなくなる恐れがあるため、公式には発表いたしておりません。」
との事だった。まあ会社としては当然の対応と言えばその通りだし、私のようにメールや電話で問い合わせが
殺到した事を考えると会社に対して罪悪的な感じも受け取られるので、何とも言えません。

鉄道会社としてはこれが限界なのかもしれないですが、ただ情報はいつとの疑問は残り続ける訳で、察するに
これはさよならイベントの際、関係者が「2000形はイベント終了後、3日間は運行する」というような話が出て
それを彼女が公式見解だと誤解して、Twitterやブログに載せた可能性が高く、実際、彼女のTwitterには問い合わせが
多かったようなので、3/28が運行最終日と載せたのかもしれません。しかしそうなると問題なのは誤解とはいえ
鉄道会社が公表してない事実を、イベントに関わった、タレントが安易にTwitterやブログに載せる事によって
混乱が生じる事は考えられるので、載せる情報は公式の物にして、非公式の物はさけて情報を徹底しすぎるのは
考えものですが、情報管理というのは重要だと言う事が今回の件で分かりました。

同じアナウンサーでも、ロングおじさんだったらこんな事はしなかっただろうけど・・・・・・・。
 

訂正

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年 3月27日(火)20時27分36秒
返信・引用 編集済
  こちらの手違いで、非公式情報を載せてしまったので以下の記事の修正をしておきました。  

レンタル掲示板
/98