teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ことでん1080形 還暦の赤プロジェクト

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年12月13日(木)20時09分19秒
返信・引用
  来年、京急初代1000形が生誕60年を迎えるにあたり、現在も讃岐の地で活躍する「ことでん1080形」に還暦祝い
として、赤いちゃんちゃんこならぬ赤いラッピングを付けて京急時代を再現するクラウドファンディングは
12/21で終了となり、目標の1500万円を達成すべく活動してますが、現時点で1000万たどり着いていないので、
非常に厳しくどうなるかはわかりません。実現出来ない場合は、集めたお金は返金される事になっているので
納めた側が不利益になる事はないですが、難しい所です。

私はプロジェクトを知って以来、募集に応じようと思い微金ではある物の支援しました。鉄道ファンがファン有志
で募って、初代1000形に赤いラッピングを付けて走らせようというのは反対する理由はないし、むしろ京急
ファンなら積極的に参加してもいいだろうとの思いで参加しました。ネット配信の呼びかけで京急線各駅に
ポスターやチラシが備えられておらず、京急沿線だと上大岡の「レッドトレイン」しかチラシがないので
どの程度知られているのか分からず、今ネットではTwitterやFacebookで呼びかけている物の、しょせん
ファン・マニア・オタクは鉄道会社がお膳立てしたイベントやリバイバル列車には興味は合っても、そんな
ラッピングごときの為に金は出さない。ようは自分以外の誰かがやってくれれば良い。という感覚なのでしょうか。

それが現実といえばそれまでなんですが、ただ実現したら「ことでん」で走っている、他の元京急車や元京王車、
そして、元名古屋市営とプロジェクトで募れば実現できるかもしれない。なにせファン有志なのでお披露目会
の開催時は京急時代の行先表示をしたり、京急時代の種別板や「マリンパーク号」といったマークの提示や、
貸切運行でこれらが実現したりするので価値はあると思います。もう既に募集期間まで10日は切っているので
どこまで集まるのかと言う感じです。

http://tkr-charter.jp/type1080project/

 
 

Re: ダイヤ変更、京成車の三崎口乗り入れ

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年12月10日(月)20時25分18秒
返信・引用 編集済
  京成車両による三崎口乗り入れは定期列車としては1991年の現成田空港駅乗り入れと同時に誕生(1950K→2151K通勤特急成田行。京急線内はいずれも特急)しましたが、千葉急行線(現在の京成千原線)の大森台ーちはら台駅間開業と同時に姿を消していました。それが約23年ぶりの復活となり、初日である本日は3050形3056編成が充当されています。下記アドレスのYOUTUBEに同運用の京成線高砂駅での模様がUPされています。
http://m.youtube.com/#/watch?v=BQYPIIWvcVc

京成3050形の三崎口乗り入れは2011年3月11日の東日本大震災発生に伴う品川ー泉岳寺駅間の封鎖で京急線に取り残された3051編成が3月12日に品川ー三崎口駅間を特急で往復して以来のことです。
 

Re: 終夜運転と大師線地下化

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年12月 9日(日)19時55分56秒
返信・引用 編集済
  > No.3890[元記事へ]

佐川飛脚伝説さんへのお返事です。

> また、大師線のHMはおそらく1500形だけが掲出すると推測されます。

ヘッドマークデザインの募集チラシを見ると、「入選作品は2019年1月1日(火)から2月3日(日)まで京急大師線
を運行する1500形車両のヘッドマークとして掲出します。」とあります。なのでおそらくではなく最初から
1500に限定しているので、1500以外の車にマークをつける事はありません。これはヘッドマークデザインを
応募制にしてからずっとマークを付けるのは1500形のみとしているので、他形式にマークを付ける気等、考え
られていません。それは今夏の大師まつりの時も同じで、マークが付けられるのは1500しか付けられないので
他の車種は対象外としてます。

なので干支マークは1500形限定と考えていいと思います。ちなみに募集チラシには例年通りならマーク取り付け
時間が記載してありますが、今回はありません。恐らく例年通り午前8時30から午後7時までといった所でしょうか。
また応募作品は入選作品を含めて、マーク取り付け期間中に川崎大師駅ホーム内にて展示されます。
 

Re: 今年度新車

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年12月 9日(日)17時02分18秒
返信・引用 編集済
  > 川崎重工では1625Fが製造されている画像がアップされているサイトが有りましたが、先に1631F・1637Fが甲種回送されて来ました。
> どうやら編成内の有る車両が製造中に損傷したとの事で、無事な車両を先に海上輸送する様な事が記載されていました。

1625編成は10月1日から3日にかけて甲種輸送で総合車両製作所横浜事業所まで送られています。この編成は5月に京急に引き渡される予定だったのが先頭車の1625が製造中に衝突事故を起こし新たに車体を再製造したとかで完成が大幅に遅れたうえ、甲種輸送中に台風の影響で神戸貨物ターミナルで約24時間留まり、横浜事業所への到着が1日遅れるなど、完成前からトラブル続きの編成となってしまいました。YOUTUBE(下記アドレス)でも川崎重工業で1000形ステンレス塗装車が解体されている動画があり、これが1625編成のうちの1両のようです。
http://m.youtube.com/#/watch?v=e13yT671-is
 

Re: ダイヤ変更、京成車の三崎口乗り入れ

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年12月 8日(土)10時52分52秒
返信・引用
  下記のHPに、ダイヤ変更後の成田スカイアクセス線関連の運用が出ています。
http://train-fan.com/2018-12-08-keikyu-keisei-access-ltdexp/
三崎口まで往復する平日07Kなどの運用が掲載されていました。この07Kは午前中の運用において羽田空港から快特→エアポート快特→快速特急で高砂に入庫してから三崎口行となるようです。1706K特急と2007K快特の1本前の直通特急・快特は都の運用で、印西牧の原発の1718T特急三崎口行と折り返し1919T快特印西牧の原行なので、三崎口発着の直通運用だけで都車両の次が京成車両ということです。
平日25Hは成田空港から折り返し宗吾に入庫してから成田空港23:00発金沢文庫行となることがわかりました。
今回の変更では現在のところ都車両(5500形)によるアクセス特急運用の設定はないようです。仮に都車両がアクセス特急に充当されると5500形の限定運用と考えられます。
 

Re: 終夜運転と大師線地下化

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年12月 8日(土)08時36分36秒
返信・引用
  井土ヶ谷さんへのお返事です。

> 12月3日付け京急公式サイトにて、年末年始特別ダイヤの発表がありました。
> 今回も昨年同様、都営線浅草橋発の「初日号」が1本と品川発の1本と計2本の運転があるほか、 例年通り貸切列車「みうら元旦号」が運転され、2100形ブルスカ「けいきゅん号」運用につくようです。

今年も終夜運転は泉岳寺と横浜の間での実施です。過去の終夜運転は1997年元旦に金沢八景(でしたっけ)、1998年元旦は新逗子までの運転だったことがあり、1999年元旦からは再び横浜折り返しに戻されていました。泉岳寺側もかつては京成線の金町や高砂まで運転されていたのが泉岳寺折り返しになったのも都営浅草線の輸送力を増強するためでした。
また、今年は三者直通運転50周年ということもあり、今夏の城ヶ島マリンパーク号と成田山号のように、成田発着の招運号を復刻運行してもよいと考えていました。仮に運転しても1500形1707編成を使用すると考えられそうです。

> 毎年恒例の大師線の干支マークは今年は既に募集要項にもあるように2種類ではなく、4種類なので通常ダイヤだと3運用しかないので4種類のマークを見る事は不可能なので、臨時ダイヤが狙い目かもしれません。
> ところで同じ日の配信から、大師線の一部区間地下化が発表されました。それによると来年3月3日、
> 東門前から小島新田間が地下線化される事になりました。
> ついに来たと言う感じですが、ただ今回の工事はかなり大がかりな工事のようで、3月2日終車後、翌3日の午前10時まで大師線全線運休としてバス代行輸送を実施するほか、切り替え当日荒天になった場合は中止して翌週の3月9日に実施とあります。
>
HPによると、東門前駅を出たところで地下に入り、産業道路駅を過ぎ、小島新田駅の出前で地上に出るようです。京急線で大通りの踏切は、過去にも本線の京急蒲田第4踏切や空港線の京急蒲田空港線第1踏切、大鳥居第1踏切が存在していました。その後、大鳥居駅が地下化され、京急蒲田駅も高架になっているので、産業道路駅の地下化によって京急線から大通りの踏切は消滅することになります。
ところで大師線地下化の完成予想イラストの電車は、いまだに旧1000形が描かれています。

また、大師線のHMはおそらく1500形だけが掲出すると推測されます。1000形なども過去のように吸盤式を窓から掲出してもよいと考えています。
 

終夜運転と大師線地下化

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年12月 6日(木)23時53分29秒
返信・引用
  12月3日付け京急公式サイトにて、年末年始特別ダイヤの発表がありました。詳細は以下の通りです。http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20181203HP_18189EW.html
今回も昨年同様、都営線浅草橋発の「初日号」が1本と品川発の1本と計2本の運転があるほか、
例年通り貸切列車「みうら元旦号」が運転され、2100形ブルスカ「けいきゅん号」運用につくようです。みうら元旦号
の詳細については以下の通りです。
http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20181203HP_18192EW.html
毎年恒例の大師線の干支マークは今年は既に募集要項にもあるように2種類ではなく、4種類なので通常ダイヤだと
3運用しかないので4種類のマークを見る事は不可能なので、臨時ダイヤが狙い目かもしれません。

ところで同じ日の配信から、大師線の一部区間地下化が発表されました。それによると来年3月3日、
東門前から小島新田間が地下線化される事になりました。詳細は以下の通りです。
http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20181203HP_18186EW.html
ついに来たと言う感じですが、ただ今回の工事はかなり大がかりな工事のようで、3月2日終車後、翌3日の
午前10時まで大師線全線運休としてバス代行輸送を実施するほか、切り替え当日荒天になった場合は中止して
翌週の3月9日に実施とあります。

過去京急が運休した例としては6年前の追浜ー京急田浦間の土砂崩壊による運休で、あの時は金沢八景ー逸見間を
運休としてそれ以外の路線では運転していました。結果4日間ほど運休して再開しましたが、今回の地下線化工事
は運休期間は短い物の、私の知る限り過去の地下化・高架化工事は終車後から始発までの間に終了してましたが
大師線の場合はそうはいかないのでしょうかね。
 

Re: ダイヤ変更、京成車の三崎口乗り入れ

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年12月 2日(日)00時31分53秒
返信・引用
  > No.3887[元記事へ]

佐川飛脚伝説さんへのお返事です。

> > 該当する成田空港行は折り返しが金沢文庫行となりますが、その金沢文庫行は東京時刻表によると引き続き京急車で運用されるようです。19時前に成田空港に到着し、宗吾に入庫してから成田空港23時発の金沢文庫行になると思われます。
>
> 本日発売の京急時刻表を秋葉原の書泉ブックタワーで購入したところ、この時刻表によると、成田空港23:00発の金沢文庫行は2324H列車で、この25Hは三崎口16:01発の快特1625SH列車で成田空港へ向かい、成田空港には18:51着です。おそらくいったん宗吾に入庫してから再び金沢文庫行となるかと推測されます。仮にこのままアクセス特急で上野まで1往復すれば京急車の上野乗り入れ復活ということになります。
> 新逗子8:32発の特急押上行は引き続き都の車両です。

早朝のエア急1本のみの変更だから、変化はないと思っていましたが運用上では色々あるようですね。ただ
何れにしても一般利用者には関係なさそうですけど。三崎口から成田空港に行く客などいるとは思えず、
2本の成田空港行きに乗り通す客なんていないでしょうね。
 

Re: ダイヤ変更、京成車の三崎口乗り入れ

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年12月 1日(土)15時32分35秒
返信・引用
  > 該当する成田空港行は折り返しが金沢文庫行となりますが、その金沢文庫行は東京時刻表によると引き続き京急車で運用されるようです。19時前に成田空港に到着し、宗吾に入庫してから成田空港23時発の金沢文庫行になると思われます。

本日発売の京急時刻表を秋葉原の書泉ブックタワーで購入したところ、この時刻表によると、成田空港23:00発の金沢文庫行は2324H列車で、この25Hは三崎口16:01発の快特1625SH列車で成田空港へ向かい、成田空港には18:51着です。おそらくいったん宗吾に入庫してから再び金沢文庫行となるかと推測されます。仮にこのままアクセス特急で上野まで1往復すれば京急車の上野乗り入れ復活ということになります。
新逗子8:32発の特急押上行は引き続き都の車両です。
 

今年の鉄コレは二代600形冷房車

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年12月 1日(土)03時30分31秒
返信・引用
  続け様に失礼します。

昨日付けの京急公式サイトにて、京急鉄道フェアの告知がされました。詳細については以下の通りです。
http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20181130HP_18198CK.html
夏のイベントでは発売のなかった鉄コレですが、今年は二代600形冷房車です。二代600形は以前非冷房車が発売
された事がありましたが、未だに在庫が有り余る状態です。そんな中での発売となるわけですが、製品化される
のは集中クーラー車と分散クーラー車で、前者は先頭車、後者は中間車で久しぶりの先頭車+中間車の2両セット
での発売で、通常盤とプレミアム盤の2種類の発売です。プレミアム盤というのは鉄コレ+二代600形ミニフォト
ブックのセットで、今までにない展開です。京急鉄道フェアも10回目を迎えるのでその含みもあるのでしょうか。
それはさておき、二代600形(発売上は旧600形)の冷房車の発売と言う事は、屋根パーツもクーラー付き(集中・分散)
で用意されるのでしょうね。でないと2セット購入して遊べないですし。
 

終夜運転

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年11月30日(金)01時38分10秒
返信・引用 編集済
  今年はダイヤ変更があるせいか、終夜運転の発表はまだのようで、既に発表している私鉄等を除けば発表は変更後
なのかもしれません。まあ終夜運転といっても、通常通り初日号が1本か2本設定され、みうら元旦号なる貸切
列車が運転される以外、特にないでしょうけども。だるま急行復活、京成線方面の初詣特急招運号の復活でも
ない限り。まあないでしょう。

ちなみに大師線の干支マークは募集にもあるように4種類なので、通常ダイヤだと全て見れないかもしれません。
 

変更・改正・空港間輸送

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年11月30日(金)01時28分27秒
返信・引用
  > No.3878[元記事へ]

> 改正・変更・修正って具体的な違いはあるのか。

その変更は、京急の駅等では改正となっていて、変更とはなっていません。
理由として言えるのは、変更よりも改正の方が利用者に分かりやすいからだと思います。だったら最初から
改正でも良いと思いますが、早朝のエア急1本の変更のためだからこうなるのでしょう。まあ鉄の間では
エア急よりも、京成車の三崎口乗り入れの方が魅力的で単なる運用上の都合とはいえ、車種はなにが入るのか
気になるようですねぇ。それはいいですけど、ただ三崎口から成田空港へ乗り通す客なんて、皆無に等しく
乗り通すのは鉄ぐらいなのかもしれません。実際、京急・京成で運行している空港間輸送列車だって、全線乗り
通しているのか疑問。

京急はこの20年間、羽田にとシフトして、京成は40年に亘って成田に力を入れて来た。空港間輸送は京急が
羽田に行ったから実現したような物だけど、色々制約があるので実際必要価値があるかはわかりません。
一時期、途絶えていた事を思えば。京急と京成も空港間輸送と言うよりも、それぞれの沿線の空港旅客確保の
ために運行しているような気がします。京急の場合、羽田から都心。京成は沿線からの羽田利用者、もちろん
都心もでしょうけど。

一方都営は、空港間よりも線内からの羽田利用者の確保のみを期待して成田には期待していないと思います。
 

Re: ダイヤ変更、京成車の三崎口乗り入れ

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年11月25日(日)02時26分2秒
返信・引用
  > No.3882[元記事へ]

佐川飛脚伝説さんへのお返事です。

> 該当する成田空港行は折り返しが金沢文庫行となりますが、その金沢文庫行は東京時刻表によると引き続き京急車で運用されるようです。19時前に成田空港に到着し、宗吾に入庫してから成田空港23時発の金沢文庫行になると思われます。

となると、実際には運用上の都合で設定されたような感じですねぇ。90年代に運行していた京成車による
京急直通の特急も設定が平日のみで運用上の都合での運転だと思われるので、再びそれが復活したと
いうことでしょうか。車種に何が使われるかはわかりませんが、昔の成田山号、城ヶ島・マリンパーク号の
再来と言う訳ではないようです。それは今夏にありましたけど。
 

Re: ダイヤ変更、京成車の三崎口乗り入れ

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年11月24日(土)21時48分51秒
返信・引用
  井土ヶ谷さんへのお返事です。

> 東京時刻表に載ったということは京急時刻表も発行されるのでしょう。京成車の京急乗り入れと言っても平日の夕方ラッシュ時の話しなので注目はされるでしょうけど、日中運用ではないし、土日運用もないので腰砕け感がありますね。

該当する成田空港行は折り返しが金沢文庫行となりますが、その金沢文庫行は東京時刻表によると引き続き京急車で運用されるようです。19時前に成田空港に到着し、宗吾に入庫してから成田空港23時発の金沢文庫行になると思われます。
 

Re: ダイヤ変更、京成車の三崎口乗り入れ

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年11月24日(土)13時57分4秒
返信・引用
  佐川飛脚伝説さんへのお返事です。

> 12月のダイヤ変更では、平日に京成車の三崎口乗り入れ運用が誕生するらしく、東京時刻表のダイヤで明らかになっています。事実なら、約25年ぶりに定期運用での三崎口乗り入れが復活するようです。
>
> 東京時刻表のダイヤによると、
> 1706K:高砂17:57→(普通)→品川18:38→(特急)→三崎口20:03
> 2007K:三崎口20:16→(快特)→品川21:28→(アクセス特急)→成田空港22:48
> となるようです。
> 成田空港行は成田スカイアクセス線経由であるということで、3050形を主体に3000形または3700形での運用になるようです。したがって、成田スカイアクセス線に対応しない3400形(および代走で3500形)は除外となります。3000形であれば、今夏に城ヶ島マリンパーク・成田山号として三浦海岸・三崎口に乗り入れた3038編成が再び三崎口駅に顔を出すこともありそうです。そして、京成車が京急本線の京急蒲田以南を定期快特で運用されるのは初のことです(羽田空港系統の快特の設定はある。城ヶ島マリンパーク号は臨時快特)。
> ちなみに、1991年から1995年まで、下記の運用がありました。
> 1950K:高砂19:07→(普通)→品川19:46→(特急)→三崎口21:06
> 2151K:三崎口21:15→(特急)→品川22:31→(通勤特急)→成田2358
> この運用、初日は3200形8M車で運用されていました。通常は3700形または3400形がほぼ原則的に充当され、稀に3100形や3150形、3300形なども運用されていました。最終日は3150形が充当され、翌日以降は都5300形に変更されています(三崎口からの折り返しは泉岳寺止まり)。

東京時刻表に載ったということは京急時刻表も発行されるのでしょう。京成車の京急乗り入れと言っても平日の夕方ラッシュ時の話しなので注目はされるでしょうけど、日中運用ではないし、土日運用もないので腰砕け感がありますね。
 

Re: ダイヤ変更、京成車の三崎口乗り入れ

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年11月24日(土)07時27分40秒
返信・引用 編集済
  12月のダイヤ変更では、平日に京成車の三崎口乗り入れ運用が誕生するらしく、東京時刻表のダイヤで明らかになっています。事実なら、約25年ぶりに定期運用での三崎口乗り入れが復活するようです。

東京時刻表のダイヤによると、
1706K:高砂17:57→(普通)→品川18:38→(特急)→三崎口20:03
2007K:三崎口20:16→(快特)→品川21:28→(アクセス特急)→成田空港22:48
となるようです。
成田空港行は成田スカイアクセス線経由であるということで、3050形を主体に3000形または3700形での運用になるようです。したがって、成田スカイアクセス線に対応しない3400形(および代走で3500形)は除外となります。3000形であれば、今夏に城ヶ島マリンパーク・成田山号として三浦海岸・三崎口に乗り入れた3038編成が再び三崎口駅に顔を出すこともありそうです。そして、京成車が京急本線の京急蒲田以南を定期快特で運用されるのは初のことです(羽田空港系統の快特の設定はある。城ヶ島マリンパーク号は臨時快特)。
ちなみに、1991年から1995年まで、下記の運用がありました。
1950K:高砂19:07→(普通)→品川19:46→(特急)→三崎口21:06
2151K:三崎口21:15→(特急)→品川22:31→(通勤特急)→成田2358
この運用、初日は3200形8M車で運用されていました。通常は3700形または3400形がほぼ原則的に充当され、稀に3100形や3150形、3300形なども運用されていました。最終日は3150形が充当され、翌日以降は都5300形に変更されています(三崎口からの折り返しは泉岳寺止まり)。
 

Re: ダイヤ変更

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年11月20日(火)13時06分7秒
返信・引用
  > No.3877[元記事へ]

佐川飛脚伝説さんへのお返事です。

> 京成電鉄や都営浅草線でも、同様にダイヤ改正を実施するようです。スカイライナーは日中の運転間隔を調整し、京
成本線では金町線と東成田線・芝山鉄道線を除いて4両編成の普通がなくなり、また浅草線でも一部列車の種別や行先、時刻を変更する程度です。

案内の仕方も違うようで、京成・都営は改正、京急は変更と言っており、京成は編成両数の変更等が
あるので改正で合っていますが、都営は一部列車の種別や行先・時刻の変更だけなので、京急と同じ変更の
方が合ってるような気がします。京急・都営は京成の改正に付き合うカタチでの事なので、小幅になったのかも
しれません。

ただ京成の場合も京急だったら改正と言ったのかどうか、この辺りの考えって会社によって違うのでしょうかね。
改正・変更・修正って具体的な違いはあるのか。
 

Re: ダイヤ変更

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年11月18日(日)20時23分8秒
返信・引用 編集済
  井土ヶ谷さんへのお返事です。

> 昨日、京急公式サイトにて12月8日にダイヤ変更を行う事が発表されました。詳細については以下の通りです。
> 今回の変更は平日・土休日共に早朝に運行の横浜駅始発のエア急羽田空港行きの始発駅を金沢文庫に変更して
> 横浜以南の利便を図ると言う物で、片道列車1本の変更のみで時刻表を発行するのかが気になります。

京成電鉄や都営浅草線でも、同様にダイヤ改正を実施するようです。スカイライナーは日中の運転間隔を調整し、京成本線では金町線と東成田線・芝山鉄道線を除いて4両編成の普通がなくなり、また浅草線でも一部列車の種別や行先、時刻を変更する程度です。

京成:http://www.keisei.co.jp/information/files/info/20181101_180649947093.pdf
都営:https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/subway/2018/sub_i_201811018272_h.html
 

Re

 投稿者:快特  投稿日:2018年11月 6日(火)18時38分19秒
返信・引用
  ありがとうございます。
やはり、アルミ車ですよね。
動画は知りませんでした。
 

Re: ヘッドマークの募集写真

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年11月 6日(火)01時50分17秒
返信・引用
  > No.3874[元記事へ]

快特さんへのお返事です。

>  今、車内で来年の正月の大師線の車両のヘッドマークデザインを募集していますが、その広告に使われている1500形の写真なのですが、どう見ても私にはアルミ車両に見える。
> しかし、車番は1516。皆さんはどう感じていますか?
>  1525編成であったら、まずいということはないでしょう。それとも私の錯覚ですか?

公式サイトにて確認しました。確かにおっしゃる通りで鋼製車ではなくアルミ車ですね。
それとよく見ると、チラシやポスターでは分からない物の、募集告知の動画だと
写真の車は4両ではなく6両に見えるので、恐らく4両の写真がなかったので、6両の写真を使い車号を合成して
4両に見せているのかもしれないですが、チラシやポスターでは隠せても動画では編成その物を写しているので
ごまかしようがありません。

写真は6両でも8両でもいいかもしれませんが、車号を合成出来るんだったら編成の方も合成するか、編成
その物を動画に上げなければ問題なかったのに、それをやちゃったのが問題ですかね。アルミ車を使う場合は
1525に車号を修正すべきでしたね。
http://www.keikyu.co.jp/information/recommend/daishisen_headmark2019.html
 

ヘッドマークの募集写真

 投稿者:快特  投稿日:2018年11月 5日(月)22時34分14秒
返信・引用
   今、車内で来年の正月の大師線の車両のヘッドマークデザインを募集していますが、その広告に使われている1500形の写真なのですが、どう見ても私にはアルミ車両に見える。
しかし、車番は1516。皆さんはどう感じていますか?
 1525編成であったら、まずいということはないでしょう。それとも私の錯覚ですか?
 

ダイヤ変更

 投稿者:井土ヶ谷  投稿日:2018年11月 2日(金)01時02分14秒
返信・引用
  昨日、京急公式サイトにて12月8日にダイヤ変更を行う事が発表されました。詳細については以下の通りです。http://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20181101HP_18142EW.html

今回の変更は平日・土休日共に早朝に運行の横浜駅始発のエア急羽田空港行きの始発駅を金沢文庫に変更して
横浜以南の利便を図ると言う物で、片道列車1本の変更のみで時刻表を発行するのかが気になります。
 

Re: 今日から運用開始!

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年10月25日(木)22時47分47秒
返信・引用
  > この5500形、京成線内での快速特急運用では「快速特急」を出し、浅草線内の自動放送でも「快速特急」と案内されています(5300形は「快特」と案内)。京急線内の快特はというと、金沢文庫駅での乗務員教習の際に「快特 成田空港」を出していたことから、「快特」表示で運転されるようです。

これですが、京成線用の「快速特急」と京急線用の「快特」が用意されています(京成車両は京急線内でも「快速特急」で代用)。たとえば青砥発羽田空港行の運用では京成押上線内で「快速特急」を表示し、押上で「エアポート快特」(実際の表示は「士快特」)に変更し、さらに泉岳寺から表示を「快特」に変更して運転されることを確認しました。
 

都営5500

 投稿者:大野目 五十鈴  投稿日:2018年10月23日(火)17時59分28秒
返信・引用
  先月から京急にも乗り入れを開始した都営5500、今月7日(日)新逗子へエア急として
運用されました。
停車中側面の行先表示には、上段に行先を下段には次の停車駅(次は〇〇)を表示しています。
JRや他社私鉄の新型車に見られる表示方法ですが、京急も見習ってもらいたいところです。

私は今回撮影のみでしたので車内には乗っていませんが、今月発売の「とれいん」を見る限り
手すり(スタンションポール)を大幅に増やしています。5300にはなかった8人掛けの座
席間にはJRや他社の私鉄同様2本設置しています。
京急も今後都営浅草線に直通する車両は、新造時や車体更新時に都営5500にあわせていく
べきだと思いますが。
 

Re: Re: 最寄り駅名が消滅する日

 投稿者:佐川飛脚伝説  投稿日:2018年10月13日(土)20時43分13秒
返信・引用
  > 駅の所在地で例をあげれば「三浦市南下浦町上宮田」(三浦海岸駅)、「三浦市初声町下宮田」(三崎口駅)と言った具合。

三浦海岸駅は開業前の仮称が「上宮田」だったといい、かつての保育社刊の書籍「保育社カラーブックス 京浜急行」には「上宮田」を表示した旧1000形の写真が掲載されていた記憶があります。京急のかつての方向幕(旧1000形など)には「三崎」が用意されていました。

> HPによると、駅名の変更を検討していない駅は次のとおりです。
> ○他社線とののりかえ最寄り駅
品川、京急蒲田、天空橋、羽田空港国際線ターミナル、羽田空港国内線ターミナル、京急川崎、八丁畷、京急鶴見、京急新子安、横浜、上大岡、金沢八景、京急久里浜
> ○公共施設、神社仏閣、歴史的史跡などの最寄り駅として広く知られている駅
鮫洲、平和島、穴守稲荷、川崎大師、生麦、弘明寺、金沢文庫、神武寺、安針塚、県立大学、浦賀、YRP野比、三浦海岸

このほか、能見台駅も1982年に谷津坂駅から改称され、近隣の能見堂に由来するうえに駅周辺の地名にも「能見台」がつく地名が存在しています(京浜急行バス能見台営業所も金沢区能見台)。能見台以外の京急線の駅名として青物横丁、梅屋敷、東門前、新逗子、馬堀海岸、浦賀なども注目されそうです。杉田駅もJR根岸線とシーサイドライン新杉田駅への乗換え駅として京急の路線図に掲載され、日ノ出町駅の場合、仮に改称するなら「野毛」もしくは「野毛山」などが候補に挙げられるでしょうか。大森海岸駅なら改称までとはいかなくても副名称として「しながわ水族館前」とか採用されそうな予感がします。
 

Re: 無題

 投稿者:モワーズメール  投稿日:2018年10月 6日(土)23時16分40秒
返信・引用
  > No.3867[元記事へ]

>管理者様

鉄道に限らず、多くお金を払った人が高いサービスを受けられる、それが真の平等という考えがあり、それも1つの考えですが、別料金払わなくても利用時間帯を変えるなど工夫して快適な生活を得ようとする人達を応援して欲しいものと思います。まして事業者側は。

時差通勤通学など奨励しているわりに、快適な車両を回送で流したり座席転換車両を一般運用時ロングで走らせたり……。

まだ首都圏の鉄道はそれが現状だと思わされました。
 

無題

 投稿者:吉本 尚(管理者)  投稿日:2018年10月 3日(水)21時05分45秒
返信・引用 編集済
  私はウイング登場時から上り2100の回送には大いに疑問を持っていたので、モワーズさんのご意見(上りのウイング回送を営業化すること)には賛成です。

有料列車に一般列車の折返しを充てることについて多分遠慮してるんでしょうが、ウイングの利用者は「座れること」に料金を払うわけで、そんな配慮はばかげてることと(私は)思います。

夕方の上り利用者の利便と快適性を犠牲にする必要は全くないはずだし、夕方の下り快特も久里浜で車両交換して久里工に引き上げることで利用者に不便を強いている。
これも昼間と同じに三崎口まで走らせて、そのまま品川行き営業列車として走らせれば何の問題もありません。
 

Re: Re: 復活!!ハイキング特急

 投稿者:モワーズメール  投稿日:2018年10月 2日(火)23時47分35秒
返信・引用
  > No.3865[元記事へ]

>さにー様

平日日中は良いですが平日夕方上りは今のままが良いでしょうか?

混雑時不向きな車両をを混雑方向に営業して、空いている方向に回送で流す事が望ましいでしょうか?

需要がないから空いていると言いますが、鉄道側が需要を押さえているように思えて仕方ありません。平日ウィング登場以前は2扉クロス車が夕方~夜に一般営業されていたわけです。

平日ウィング登場からもう26年程経ちますが、夕方~夜上り2扉クロス車が一般営業されていれば沿線事情は今と相当大きく違っていたと思わずにはいられません。
 

Re: Re: 復活!!ハイキング特急

 投稿者:さにー  投稿日:2018年 9月30日(日)19時00分27秒
返信・引用
  モワーズさんへのお返事です。

> >ホリデー・ウィング、ウィング・シート。
>
> 自分はこの列車には否定的な見方です。
>
> 実行して欲しいのは、利用が集中する時間帯での別料金で座れる列車ではなく、空いた曜日や時間帯への利用客の誘導だからです。

空いてる時間帯は2100が快特で走っているし、それが京急の看板のひとつだと思うのですが?
それと、ウイング号はラッシュ時の2100の有効利用という側面もあるのでは?


そもそも、空いている時間帯というのは、使い勝手のいい列車がないからじゃなく、列車を使う意味がないから空いてるのだと思いますがいかがですか?つまり、いくらいい列車を走らせても利用目的がなければ意味がないということです。利用目的をつくるってところでは、京急が積極的にとりくんでる○○切符とかどうですか?三浦まぐろ切符平日宿泊プランとか。。。
 

Re: Re: 最寄り駅名が消滅する日

 投稿者:吉本 尚(管理者)  投稿日:2018年 9月30日(日)17時44分45秒
返信・引用 編集済
  三崎口駅の名を仮に変えるとなれば「三浦」しかあり得ないと私は個人的に考えます。

行き先表示などで他社局を巻きこむ事柄だから、まさか「まぐろ駅」みたいなおふざけ名称はあり得ないし、「三崎」は所在地が三崎ではないので不可です。

実を言うと三浦市は「三崎町」「南下浦町」「初声村」の3町村の合併で出来た自治体で、三崎口駅はその「初声」地区に所在します。
三浦市内では市内のほとんどの地名にわざわざ旧町村名を加えているほどです。

駅の所在地で例をあげれば「三浦市南下浦町上宮田」(三浦海岸駅)、「三浦市初声町下宮田」(三崎口駅)と言った具合(因みに私の家は「三浦市三崎町小網代」)。こんな旧町村名を省いても実際は何も困らないのにバカみたいにそれを守っている。
「三崎」があり得ないというのは、そんな理由からです。

三浦市の玄関なのだから「三浦」で何の不都合もないはずです。各種案内にも「三浦方面」と書くことが出来るから、他の駅はともかく、三崎口を「三浦」と変えるのであれば(仮にあるとすれば)メリットがあると思います。

だが、それにしてもそんな大切な問題を小中学生限定で関わらせるというのは、ちょっと最近の京急もおふざけに度が過ぎます。
 

レンタル掲示板
/100