teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:6/3041 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

空気管と密着連結器・大糸線の旧形国電:TMS21-10号より

 投稿者:原口 悟  投稿日:2021年 9月20日(月)23時26分29秒
  通報 返信・引用 編集済
  皆さんこんばんは

今月は、鉄道趣味誌の発売の頃に連休が入ったため、各誌が少し早めに発売になりましたが、その中でメカニカルな点での注目した記事がTMSにありました。

現在のTMS誌での連載の「模型ファンのための床下図鑑」は、電車に入り、今月発売号(TMSでは10月号)は第2回なのですが、その中で「車端コック」が取り上げられています。現車では、赤や白に塗られていて、視覚的にも目立つものですが、その色の意味、密着連結器との関係が記述されており、改めて注目しました。
 TMSの記事では、写真は白黒でしたが、昨年12月26日に「ポッポの丘」を訪問した時にクハ103-525とクモニ83006の車端コックを撮影していたので、紹介したいと思います。写真はクモニ83006の後位(写真上)とクハ103-525(写真中央)で、空気管は3本で、車端コックは上から黄色、赤、白に塗られていますが、上から直通巻(SAP)で、密着連結器の上の左右の2つの穴に、ブレーキ管(BP)で、密着連結器の上の中央の穴に、元空気溜め(MR)で、密着連結器の下の中央の穴に管が接続しています。旧形国電だと、空気管は白(MR)と赤(BP)の2本で、連結器の方もこれに対応して、穴は上下の2か所だけになるわけですが、クモニ83形の場合は、新性能車との連結のために、SAP用の管が追加されていることになります。なお、「赤」は所定では「朱色1号」で、いろいろ写真を見ると、確かに朱色で塗られているものも多いですが、赤のものもいろいろな車で認められます。TMSの方では図面も掲載されていて、本来どのようなレイアウトなのか確認できます。

 写真下はTOMIXの最近の新製品で登場した、空気管が表現された、新しいタイプのTNカプラーです。左が73形リニュアール製品で登場した旧型国電用、右が103系リニュアール製品で登場した新性能車用です。旧形国電用は2本、新性能車用は3本の空気管が表現されています。両側面の空気管が表現されており、説明書では「実車では片側だけ装備されていることがあり、これに合わせて適宜切除のこと」とあります。両渡りの車では両方あるわけで、写真上のクハ103-525では片渡りなので片方だけですが、500番台以外のクハ103形では、両側に空気管があることになります。また、旧形国電では、先に発売された73系では片渡りの車ばかりですが、今度発売されるクハ79920台では、両側の空気管が活かされることになります。

大糸線の旧形国電
 TMS誌では、藤井良成さんが久しぶりに旧形国電の製作を紹介しています。今回は大糸線の旧形国電で、技術的には、GREENMAXのサロ45形キットを、Little Japanキットベースの他の車に寸法の辻褄を合わせるべく色々加工しているところと、「2枚幌と1枚幌の連結」の表現です。また、サハ45形では、「薄型と通常型のグローブベンチレーターの混成」を表現しています。
 かなり久しぶりに藤井さんの名前を見たと思ったのですが、実際、完成までに4年近くかかったそうです。
 実車関連では、クモハ54101は前面の貫通扉が機能しており、クモハ60056では機能していないことが表現されています。「どの車が貫通扉が機能していないか」はかなり前のこの場で話題になったことがあり、元サハ57形のクハ55430台の中に1両か2両、貫通扉が機能しているらしい車がいることが話題になりました。また、クモハ54101、クモハ60056共にパンタ側妻面の「昇降梯子」装備が表現されていることも注目で、この「梯子が残っている車」が具体的にどの車が該当するのかも、不明瞭な点が多いところです。
 クハ68011は、Little Japanのキットを、いろいろ切り接いで製作されています。現在では、鉄道コレクションから元クロハ59のクハ68形が出ており、大糸線の車も出ていますが、切り継ぎでは、長さが微妙にずれたりしてつじつま合わせにかなり苦労したとのことです。藤井さんの、元のキットとは窓割がかなり違う車の製作は、以前に片町線のクハ79056が紹介されて以来になると思います。私の方でもこの記事に触発されて、クハ79049を作りましたが、かなりの重加工で、藤井さんのクハ79056と同じく、あまり近くで見れない模型になっています。
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/3041 《前のページ | 次のページ》
/3041