teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:7/3006 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: シル・ヘッダーを装備して落成した最後の車

 投稿者:モハ80373 ◆WKtiTNsW9Q  投稿日:2021年 5月 5日(水)05時29分52秒
  通報 返信・引用
  原口 悟さんへのお返事です。

> 80系:100,200番台に移行しており、一足先に構造材は全金化されていた。80254~256, 86141,142, 87119が1957/6/18に川崎車両で製造されたのが最後の車

とありますが、当該車両すべて内張りと座席は木製ニス塗りで全金ではありません。
また、同一グループの1956年製サロ85031~85035は、クリーム色の塗りつぶしに変わったものの、壁はやはり木製です。
ただし、1957年に入り、1956年タイプとは異なり、ベンチレーターがキハ45000→17等と同じ小さいカマボコ形に変わったほか、車内放送設備や扇風機の配線が最初から準備され、扇風機取り付け座がつきました。
これらよりわずかに若番ながら、自分は同タイプのモハ80249に最晩年の1978年5月5日(43年前の今日!)に乗車しています(長モト。松本→甲府)。

余談ながら、同じ編成にサハを低屋根モハに改造したことで有名なモハ80851・80852も含まれていて、基本1956年タイプなのでアコモ的には同じでしたが、80852は座席の塗幕ニス剥離→灰色塗装化されていました (浜松工場では80系の半鋼車に、この座席の灰色塗装化は多く施工された)。

htt

 
 
》記事一覧表示

新着順:7/3006 《前のページ | 次のページ》
/3006