teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3/2993 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

室内の淡緑塗りつぶし車

 投稿者:米押し達磨  投稿日:2021年 4月 8日(木)21時31分12秒
  通報 返信・引用
  原口さん皆さんこんばんは

`60年代初頭の京浜東北線の記憶では、17m車でもクハ16800番台は車内が塗りつぶし車ばかりでした。
混雑対策で旧2.3等車の仕切壁が撤去されており、元々塗装されていた旧2等部分に合わせ全体が塗りつぶされた様で、改番された16500番台も全車車内塗りつぶしだったはずです。
なお、クハ55800は京浜東北時代は旧2.3等間の仕切りが残存しており、旧2等部分は塗りつぶし、旧3等部分はニス塗りでした。
どちらも`64年1月に乗車が最後で、55800の阪和線時代はどうなっていたのか知りません。
なお11305、11307、16559の更新車は薄緑色の車内でしたが、最後に鶴見線で乗車した11307は塗りつぶしでした。
更新車の内装のビニール材のが褪色が著しく塗装されたものと思います。
キハ55や20、ナハ10系の更新前も同様理由で大半の車両の車内が塗りつぶされていましたね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/2993 《前のページ | 次のページ》
/2993