teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2/2987 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

関東省電の幕板の種別表示窓:RM Library 249「横須賀線 70系時代(上)」より、内田康夫作「後鳥羽伝説殺人事件」に見る芸備線三次駅

 投稿者:原口 悟  投稿日:2021年 2月 4日(木)01時38分35秒
  通報 返信・引用 編集済
  皆さんこんばんは

関東省電の幕板の種別表示について
先日、RM Library 249「横須賀線 70系時代(上)」を購入しました。この中に、以前この場で話題になった、側面幕板に取り付けられた「種別表示窓」(半分が窓が空いていて、「急行」等の表示を引き出すもので、類似のものが飯田線、身延線に転出したクハ47型やクモハ42型の前面助士席側窓下に付いています)が確認できる写真が掲載されているのを確認しました。
 P7に1951年5月撮影の、代用2等車になっているサハ48022の写真と、同時期撮影の同じく代用2等車になっているサハ57010の写真が掲載されていますが、両車とも、幕板のほぼ同じ位置に種別表示が取り付けられています。また、P13にもう少し後の1953年10月撮影のサハ48022の写真があり、この時まだ代用2等車で、幕板の種別表示が残っています。
 同時期の写真が他にも掲載されているのですが、例えばP13の1950年10月撮影のモハ32020や、P14の同月撮影のモハ43022には幕板には種別表示は無いことがわかり、種別表示が付けられた車は「代用を含む2等車」に限られる可能性が有ります。

大船工場の職員輸送用車について
 同書には、大船工場の職員輸送車についての記述もあります(P36~)。1959年1月19日の木造省電モニ3414 - クヤ9000の編成と、同年6月17日撮影のモハ11424 - クハ16535の写真が掲載されています。

内田康夫作「後鳥羽伝説殺人事件」に見る芸備線三次駅
 最近BSで昔の2時間ドラマを見ており、当時の鉄道の様子に注目しています。内田康夫「後鳥羽伝説殺人事件」は「浅見光彦シリーズ」最初の作品として知られており、TVドラマ化がかなり早い段階から行われています。この話では、「最初の殺人事件の現場」が「芸備線の三次駅の跨線橋」で、TVドラマでも三次駅の跨線橋が実際に出てきます。何度かのTVドラマ化でその時々に三次駅の跨線橋が出てきますが、その周辺の情況が変化しているものもあり、変化していないものもあって、目を引く要素になっています。これまでに見た「後鳥羽伝説殺人事件」は

1990年1月16日日本テレビ放送「備後路殺人事件」(水谷豊主演)
2000年9月4日TBSテレビ放送「後鳥羽伝説殺人事件」(沢村一樹主演)
2009年4月10日フジテレビ放送「後鳥羽伝説殺人事件」(中村俊介主演)
2018年2月26日TBSテレビ放送「後鳥羽伝説殺人事件」(平岡祐太主演)

で、このうち前3作で三次駅の跨線橋が出てきます。3作の間でも20年近い間が空いているのですが、跨線橋を含む、三次駅の様子は全く変わっていないことが新鮮でした。これに対して、三次駅に入ってくる鉄道車両は年代を感じ、1990年版では国鉄当時の原型で首都圏色のキハ47形が走っているのに対し、2000年版では広島地域色の上が黄色のキハ47形が走っています。そして2009年版では、広島地域色は変わっていませんが、リニュアールされたキハ47形が登場します。さらに、三次駅は登場しませんが、2018年版では、朱色に戻ったキハ47形リニュアール車が登場します。このように、鉄道車両を「その時代を反映する風物」として注目している次第です。ちなみに一番最近のものでは最初の殺人事件は「三次駅の跨線橋」から「後鳥羽院御陵」に変更され、三次駅は出てきませんでした。

TVドラマでは、西村京太郎原作のドラマもよく見ていますが、これまでに見た「製作時期が一番古いもの」は、上記の水谷豊主演の浅見光彦シリーズで、一番最初の放送は1987年9月8日の「平家伝説殺人事件」でした。国鉄末期からJR初期の土讃本線と予土線が出ており、高架化される前の高知駅や、新製投入されたばかりのキハ54形0番台が出てきます。

(2/10追記)
先日、1987年放送の、浅見光彦シリーズ「平家伝説殺人事件」を紹介させていただきましたが、書き込みの直後の2月7日(日)にBS-TBSで、2005年12月26日にTBSテレビで放送された、沢村一樹主演の「平家伝説殺人事件」が放送されました。1987年の水谷豊主演「平家伝説殺人事件」からは19年後になります。舞台は同じ予土線沿線の四万十川流域にある、「藤ノ川」でこの地に出向くために、高知から土讃本線と予土線を乗り継いでいます。BS-TBS版で出てきた車両は、「キハ54形気動車が牽引する、トラ45000形の“トロッコ列車”」でした。
「平家伝説殺人事件」は、これはまだ見ていないのですが、他にフジテレビで1999年7月2日に放送された榎木孝明主演版と、2018年5月21日にTBSで放送された平岡祐太主演版があり、だいたい10年の間をおいて30年間にわたって4本が製作されたことになります。このため、土讃線南部から予土線の列車も、30年間の変化を追えることになります。

(2/13追記)
三次駅ですが、3回目の「後鳥羽伝説殺人事件」の後の2013年から2015年にかけて改築されています。このため、2009年までの放送で見られた三次駅は、駅及び周辺が大きく変化しています。また、2009年の放送と2000年の放送の間でも、三江線専用ホームだった「0番線」が無くなる変化が起こっています。また、三次駅構内には転車台があったのですが、東武鉄道の「SL大樹」運行に伴って鬼怒川温泉駅に移設されました。写真は、2019年8月18日に「SL大樹」に乗った時に、鬼怒川温泉駅で撮影した、元三次駅の転車台です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/2987 《前のページ | 次のページ》
/2987