teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:5/2987 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「青4号」の富山港線2色塗り以外の用途

 投稿者:原口 悟  投稿日:2021年 1月25日(月)23時32分44秒
  通報 返信・引用
  皆さんこんばんは

 富山港線の昭和20年代後半から30年代前半にかけての2色塗りは、最近の情報で「クリーム色1号」と「青4号」とされていますが、「青4号」の富山港線以外の用途が見つかりました。
 RP04-02号(特集 キハ35・45系)を読んでいたところ、キハ35系の製造予算ごとの変化のところで、まず、昭和37年度本予算のところ(P14)に「行先方向幕の文字のうち、黒字のものは青4号とした」とあります。さらに、昭和38年度本予算(追加)のところ(P15)に「行先方向幕の文字色を青4号から青15号に変更した」とあります。この記述から、キハ35系の場合、方向幕の文字が青4号だったのはキハ35 33~56、501~512、901~910、キハ30 1~15の合計61両となります。
 同時期の電車を見ると、ちょうど昭和37年度本予算で製造されたのが103系の試作車(900番台)でした。ちなみに「ポッポの丘」のクハ103-525は予算ではずいぶん後の昭和40年度第2次民有になります。近郊型、急行型電車では、MT46モーターからMT54モーターへの移り変わりの頃に相当し、モハ111,110の末期、115系の最初の製造の頃になります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/2987 《前のページ | 次のページ》
/2987