teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:5/2981 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

首都圏に残ったモハ30, 31系列の車の裾の変化。

 投稿者:原口 悟  投稿日:2021年 1月 7日(木)22時39分6秒
  通報 返信・引用 編集済
  すぎたまさん、73おやぢさん、皆さん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 三井芦別の客車は、これまでの17m級国電の特集でも、遠隔地ゆえ、触れられることが少ないもので、写真が見つかったことが注目だと思いました。
 すぎたまさんよりの写真で注目したのは、「裾の形状」で、以前にも紹介したRPアーカイブス16「国鉄の客車1950~60」中「70系客車のいろいろ」(P120-127、オリジナルはRP58-11号)による、1930年度までの特徴の「下降形」がわかりますが、モハ31形の写真を改めて見ていたところ、この部分の形態が後天的に変化した車がいたことに気づきました。
 「旧形国電車両台帳」のP32~36がモハ31系の写真頁ですが、この中で、P34のクハ38017の写真では、同車は裾が「下降形」(S6.6.19製ですが、前年度の形態を継承)ですが、その下のクハ16001(元クハ38005)の写真では、裾が「70系客車のいろいろ」による「上昇型」です。他、芝生さんの写真では、可部線のクモハ11205が、元は魚腹台枠で、裾は下降形のはず(元モハ31007、S4.10.19川崎製)ですが、上昇型になっています。また、元モハ30形でも、かなりの車が裾が下降形から上昇型に変わっています。
 一方で、元モハ32形の系列は「下降形」を残している車が多く見つかりました。モハ32系列は飯田線、身延線にいて、豊川分工場と関連が深かったので、豊川分工場で更新修繕をしたことによる特徴ではないか、と思いました。また、仙石線の17m車は、モハ30,31系列共に裾が下降形で残っていることを確認しました。
 このため、裾が「下降形」から「上昇型」へ変化したのは、首都圏に遅くまで残った車に代表される、「大井工場で更新修繕を受けた車」の特徴ではないか、と考えてみました。更新修繕1と2のどちらで裾の修正が行われたかはわからないのですが、昭和30年頃の首都圏のクモハ11100台に裾が下降形の車がいるので、「更新修繕2」の方が有力かもしれません。

 模型で見ると、KATOから発売された南部支線セットは、クモハ11248、クハ16007のセットで、クハ16007の方は、昭和5年型のリベットの多い車体と、「裾を上昇型に修正した」形態が表現されています。また、クモハ12形は、クモハ12052になっていますが、こちらも裾が「上昇型」です。このため、地方のモハ31系列を表現するには、「裾の下降形への修正」が必要になることがわかりました。

クハ455形300番台の水タンクのレイアウトについて
 先日、富山港線の475系の製作の報告で、クハ455-302の「水タンクのレイアウトが変化したこと」を紹介しましたが、その「解答」がRP14-2号の455,475系特集に見つかりました。
 P62~72が「急行型交直流電車 改造先頭車の記録」で、その中のクハ165から改造の300番台の改造内容の記述(P65~)に


種車の110kVA-MGは、直流から交直流化の改造を行った上で再用した。交直流化に伴って、リアクトルが大きくなるため、、水タンクがアルミ製のものはFRP製に取り替えた。


とあります。クハ455-302の種車のクハ164-140は、この「水タンクがアルミ製」の製造ロットで、アルミ製(先の書き込みで「鋼製」と表現したもの)の水タンクを交換するに当たって、同時に床下機器を再配置したのが、床下機器が変化した原因でした。他、クハ455-301(元クハ165-139)も、同じ床下機器の再配置が行われていることが確認できます。
 なお、オリジナルで、FRPの水タンクが中心線上にレイアウトされているのは、165,169系のAU13冷房準備車以降(クハ165-156以降、クハ169形0番台全車)の特徴で、クハ455形は、オリジナルではAU13冷房準備車は存在せず、新製冷房車も、水タンクが公式側に付いているレイアウトを継続しているので、水タンクが中心線上に付いているのは、他形式からの改造車だけに見られる特徴です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/2981 《前のページ | 次のページ》
/2981