teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:8/2947 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

クモハ31006の東上と、控車の可能性

 投稿者:原口 悟  投稿日:2020年10月25日(日)01時23分0秒
  通報 返信・引用 編集済
  皆さんこんばんは

クモハ31006の転属車両控車としての使用の可能性
 クモハ31006が首都圏に来たことについて、「関西から関東への転属車両の控車としてついてきたのではないか」と考えてみました。
 昭和30年代中頃には、横須賀線の増発用に京阪神緩行線から「茶坊主」の70系が転属しており、転属車がモハ70形主体なら、控車が必須になるので、70系と一緒にクモハ31006が控車として東上して、帰りに吹田工場で改造する車の控車として帰る、ということがあったのではないか、と思いついて、RP02-2号の70系特集から、関西から関東への70系の転属を調べてみました。それによると、70系の東上があったのは、問題の時期より少し前で、

1960.3.24 明石―田町 70049, 70050, 70051, 70052
1960,4,18 明石―大船 70060, 70061
1960,4 20 明石―大船 76065, 76067, 76068
1960.7.17 明石―大船 70054, 70055, 70062, 70063, 76089
1961,6,19 明石―大船 70082, 70083
1961,9,12 高槻―大船 70068, 70077, 70078, 70079, 76081, 76087
1961,9,19 明石―大船 70064, 70065, 70096, 76086, 76091
1962,4,4 明石―大船 70103, 70104, 70105, 70106, 70107, 76101

が確認できました。このため、クモハ31006の東上とは関係なさそうですが、京阪神緩行線の70系はモハ70形が大多数だったため、転属車もモハ70形ばかりで、転属回送には別に控車が必須だったと思われ、どんな車が控車として使われたのか、に新たに興味が出ました。
また、これらの転属の財源はおそらく城東線(大阪環状線)への101系投入と考えられ、昭和36年本予算の101系の中には、「横須賀線増発」の件名のものがあったと思われ、恐らく上記の転属のうち、1961年9月以降の3回の転属が該当すると思われます。
関西圏への101系の投入は、大阪環状線関連で恐らく一段落したと思われ、1962年に入ってから、関西から関東へのまとまった国電の転属が起こるようなイベントが思いつかないので、クモハ31006は「関西から関東への転属車両に控車としてついてきた」よりも、「吹田工場への改造車の送り込みのために、東鉄局から「控車」を送るよう依頼された」可能性の方が高そうだと感じました。もしかしたらこの時に「短期間借入車として営業使用する」ことも依頼条件に追加されたのかもしれません。
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/2947 《前のページ | 次のページ》
/2947