teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:4/2940 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

首都圏のクモハ31、戦前型改造クハ79形等

 投稿者:原口 悟  投稿日:2020年10月17日(土)23時52分36秒
  通報 返信・引用 編集済
  皆さんこんばんは
荒井@青梅さん、浅川さん、白い陽さん、34036さん、すぎたまさん、首都圏のクモハ31形等についての情報ありがとうございます。

 クモハ31形の記述のあるRPアーカイブセレクション26「国電の記録1950~60」および、横浜線についての記事の元の号のRP62-9号の記述をこちらでも確認できました。

 東神奈川電車区の情況については、「電車区訪問記1960-70」P47に昭和36年、37年、38年のそれぞれ4月1日の配置車両一覧が掲載されており、電動車がクモハ73、モハ72、クモハ60の、MT30, 40搭載の20m車で統一されています。この中にクモハ31形の記載が無かったことが気になっていたのですが、昭和36年11月転入、37年3月転出と、年度内に入って出て行っているので、記載がないのに納得しました。また、MT30,40で統一されている中に、MT15系列搭載車が少数入った形になるので、すぎたまさんが気にされていた「パワーが低い」問題も、「使いにくい」一因になったかもしれないと思いました。

「電車区訪問記1960-70」には津田沼電車区の配置も、昭和34年と38年の4月1日のものが掲載(P19)されており、昭和38年の方に79036, 040, 066が入っています(79060は無し)。津田沼電車区は、遅くまでクモハ41型が集結していた区として知られており、昭和38年時点でもクモハ41形が29両配置されていて、MT15系列装備車が1つの勢力をなしています(後に富山港線に転属したクモハ40076も配属されています)。この中なら、クモハ31形もそれなりに使えたのではないかと思います。

 大阪環状線101系投入による車両の動きですが、クモハ31形以外にも首都圏に来ている車がいて、「首都圏の72系」に、転入直後に朱色1号から塗り替えられた車の一覧として記述があります。それによると、

車号 変更日 前配属区 後配属区
73004 36,10,23 淀川 池袋
73009 35,11,16 淀川 津田沼
73018 36,11,9 淀川 中野
73019 36,11,13 淀川 東神奈川
73020 36,11,10 淀川 中野
73026 36,11,10 森ノ宮 下十条
73029 36,11,13 淀川 下十条
72110 36,11,9 森ノ宮 池袋
79002 36,11,10 淀川 下十条
79036 36,11,17 高槻 津田沼

 首都圏での配属を「写真とイラストで綴る国鉄72・73系」から追加しました。「首都圏の72系」に記述によると、他にも何両か首都圏に来てから塗り替えられた車がいるそうです。
 73009が昭和35年と1年早いのですが、「写真とイラストで綴る国鉄72・73系」の配属経歴を見ると昭和36年4月1日に既に津田沼にいるので、正しいと考えられます。一方で、79036が、「首都圏の72系」では前配属区も無いのですが、昭和35年時点の配置は高槻で、昭和36年4月1日時点で既に津田沼にいるので、79036の番号が正しく、塗り替えられていたとしたら、「首都圏の72系」の「昭和36年11月17日」は、「昭和35年11月27日」の誤りと考えられます。また、高槻配置の車は朱色塗り替えの対象になっていないはずなので、「79036」自体、別の車の間違いの可能性が有ります。同時期に関西―関東に移動した他の車を見ると、79128, 136(共に淀川から下十条)があり、もしかしたら「79036」は「79136」の間違いである可能性が有ります。
大阪環状線の101系が実際に配属された淀川電車区と森ノ宮電車区からの転入であることと、時期も近いので、73009以外の車は、クモハ31形5両とともに首都圏に移動してきたと考えられます。

(10/30追記)
34036さんのコンパイルされた、昭和37年から38年の青梅電車区の車両について、以前にこの場で話題になった車が何両か入っていました。
 クハ55005, 006は青梅線に遅くまで残っていた車で、確かこの場が始まって間もない頃、昭和47年頃に「豊田電車区に3扉の戦前型省電が留置されている」写真が見つかったことから、末期の動向が話題になりました。両車とも昭和45年頃はまだ営業運転に入っており、青梅電車区が廃止になってから、疎開留置されたらしいことが伺えたのですが、「いつまで営業運転に入っていたか」は、「少なくとも1両は、かなり遅くまで走っていたらしい」ことが確認できました。
 クハ16401,409は、富山港線の600V時代末期に降圧改造されて転入した車です。両車とも中原電車区から転入しており、16401の方は昭和37年12月15日に青梅から中原に転属していますが、16409もその後中原へ転出したことになります。
 67904の転出は三河島事故による67007廃車補充によるものと思われます。67900台は他の車が全て地方転出しており、最後まで首都圏に残った唯一の車になります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/2940 《前のページ | 次のページ》
/2940