teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:17/2939 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

大垣夜行347Mクモユニ74・クモユ141の製作

 投稿者:原口 悟  投稿日:2020年 9月13日(日)23時24分18秒
  通報 返信・引用
  皆さんこんばんは

53-10改正まで、大垣夜行347Mに連結されていたクモユニ74・クモユ141を製作したので報告したいと思います。

 クモユニ74、クモユ141は、MOCROACEより「クモユニ74・クモユ141、東海道線347Mセットとして以前発売されていたものを購入していたのですが、クモユ141が上越線使用の単品として発売されることが決定し、発売の前に加工をしようと思い立ったものです。
 写真は、上がクモユニ74005、中央がクモユ141-10、下が編成を組んだもので、車体の塗装はそのまま生かし、屋上を全面的に作り直しました。
 クモユニ74は、田町電車区の0番台で、製品では、005までの、雨樋が高く、窓が角ばっている大井工場工事車の形態が表現されています。屋上は配管を引き直しましたが、空気管は情報が見つからず、荷物電車の最大公約数的なレイアウトにしました。パンタグラフは、KATOのPS13とPS16Bタイプをグレーに塗装し、碍子に真鍮線を埋め込んで取り付け足にしたものを、BONA FIDEのパンタ台を介して取り付けました。
 クモユ141は、53-10改正まで宮原電車区に配属されていた車です。こちらも屋上を作り直しましたが、パンタグラフはクモユニ74と同様にKATOのPS16Bタイプを取り付けました。クーラーはKATOのサロ165用PS12、ベンチレーターはTOMIXの押し込みベンチレータ斜めタイプに交換しました。空気配管は、上越線用に1~5とは異なっていたようで、直角に曲がるレイアウトで表現しました。また、ホイッスルも1~5とは形が異なっており、TOMIXの115系付属品を付けました。
 下はクモユニ74とクモユ141を編成に組んだものですが、御本尊ともいえる153系はまだ持っていません。当時の大垣電車区の153系「東海」「大垣夜行」の編成は、155系や153系も非冷房車がかなり入っている一方で、クハは、クハ165が入ることが多かったことが知られており、雑多ともいえる編成でした。

 クモユニ74とクモユ141を製作したことを機に、「国鉄電車編成表」1978年版から、当時の347Mの情報を見てみたのですが、荷物電車は全区間連結されていたのではなく、クモユニ74を静岡で解放、クモユ141を名古屋で解放していたことがわかりました。このため、夏至の頃ならば名古屋の近くでクモユ141を先頭にした大垣夜行の撮影ができたと思われます。なお、上り大垣夜行340Mの方は、クモユニ74を浜松と静岡から連結していました。また、クモユ141が東京まで出ていた他の列車は、323M(静岡行き、田町電車区153系15両編成)、892M(沼津発、静岡運転所111系11両編成+大船電車区115系4両編成)、340M(沼津発、大垣電車区153系12両編成)でした。他、53-10改正以前は、東京口でもクモユニ74を連結した普通列車がけっこうあったのですが、荷物電車の分離が進み、57-11改正時点では東京駅では荷物電車の分離が完了していました。
 荷物電車を連結した普通列車は高崎線にも存在し、幼少の頃に籠原駅で荷物電車を連結した普通列車を見たことを覚えているのですが、「国鉄電車編成表」1978年版を見ると、長岡発上野行きの724Mを見ていたようです。この列車は新前橋電車区の7両編成にクモユ141、クモニ83を連結しており、籠原で新前橋電車区の4両編成を増結しています。この時点では、新前橋電車区のクモユニ74形は6両編成に運用が集約されており、上野口では普通列車への連結は無くなっていましたが、水上発籠原行の2954Mが、荷物列車の一環で、小山電車区の4両編成にクモユニ74を4両連結して出発し、高崎で両毛線からのクモユニ74を連結して、籠原まで行き、籠原で115系を切り離して荷1044Mとして隅田川へ向かう列車でした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:17/2939 《前のページ | 次のページ》
/2939