teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:23/2939 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

初期軽量車と62系

 投稿者:すぎたま  投稿日:2020年 8月24日(月)22時29分13秒
  通報 返信・引用
  連投になってしまいますが、みなさんこんばんは。

下で初期軽量構造車が問題が多く、比較的老朽化しやすい旨の記載がなされていますが、やはりそこは手入れ次第だったのでは無いかなぁと思います。
私鉄の初期軽量車はどうだったか見てみますと、
●京王2700系--比較的早く更新または改造で他系列組み込みだが、更新されたものはそこそこ長命
●東急5000系--渋谷のだるまは撤去されたが、地方私鉄に譲渡されたものも含めて特に短命ということはなさそう
●小田急2200形、2100系--2100は吊り掛けモーター流用のためと、小世帯だったので早期廃車だが、2200形は特に重点的な更新はしてないにもかかわらず一般的な高性能車の寿命くらい
●阪神旧5001形、3011形--改造はされたり、更新されたりはしたが、普通に長命。他私鉄譲渡車や他系列組み込み車は特に
…というように、私鉄では取り立てて短命だった車輌は見られないようにも思えます。対して国鉄では、やはり整備に関する考え方が異なっており、また労使対立が激しくなった時期と、そろそろ老朽が問題になってくる時期とが重なっている車輌が多く(10系客車-近代化工事はされたが-、72920台、101系、153系など)、適切な重整備時期を逸した感もあるとは思うのです。
やはり国鉄は良くも悪くも「お役所」だったので、予算の関係など、縛りがあって、身軽にいろいろ工事が出来ないという事情もあったのだろうなとは思います。また組織として、横のつながりが小さかったのかもしれません。更に、鋼板屋根車は、戦災復旧客車や、戦前の張り上げ屋根省電、その他にもありましたが、その整備ノウハウが十分引き継がれなかったというのもあるのかもしれませんね。そういうノウハウがあれば、雨水にからむ腐食の対処も、もう少し積極的な出来たのではとも考えるところです。

62系について、Kさんがご提示の写真、クハ66の車体角に、既にへこみのようなものが見られるのが気になりました。新車(新製車体)でこれか、という気がしないでもないような…。
62系の最大の問題は、MMの点検蓋を115系に合わせて開けちゃった(らしい?)とか、そういうレベルのエラー以外に、そもそも流用部品が多すぎ、検査回帰を変えられなかったことではないかと考えます。
これは現場から「車体は新しいかしらんが、オレたちにはほとんど恩恵無いじゃねーか」と思われても仕方が無いかと…。
3ドアセミクロスというのは、戦前形が好きなここの住人としてはひっかかりを感じられるとは思いますが、さまざまな線区の旧形車を置き換え可能な車体と言えます。
そうすると、例え63台枠を利用するとしても、台車の新製はしておくべきあり、可能であれば制御器交換でのMM'ユニット化(小田急旧4000のような)か、ギア比調整での高速化(あるいは高加速化)や、CPの交換、ブレーキ方式のHSC化の一部でも盛り込んでいれば、もう少し評価は違ったのでは無いか、もっといろいろな地方に投入できたのではないかなどと「妄想」してしまいますね。
東急3000系のように、車体を台枠も使わずに載せ替えてしまい、下回りはそのままなのにえらい長命なのを見ていると、「一体何がちがっていたのだろう。やはり組織が大きいと小回りがきかないということなのか」と思ってしまいます。

失礼いたします。

http://princesscomet.net/

 
 
》記事一覧表示

新着順:23/2939 《前のページ | 次のページ》
/2939