teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:26/2939 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

初期の軽量車と青梅線

 投稿者:クモハ73503  投稿日:2020年 8月22日(土)01時29分11秒
  通報 返信・引用 編集済
  皆さんこんばんは。

原口さんから軽量車についての話をお出しになられましたが

確かに鶴見線の72系のほぼ総取り換えの後の陣容を見てましたら920番台はかなりくたびれている印象を受けました。

モハ72とクハ79は920番台をメインに揃えて不足分を72500及び79300で補っておりましたがやはりアコモAを受けた72500、79300の方がまだまだ使えるといった印象を受けました。

クモハ73は全金属車は73029を含めて昭和40年代に入ってからの73500でしたので痛みは感じられませんでした。

やはり時代が進んで103系世代になっているので色々な面で改良されていったのではと思っております。

ここでかつてより気になっていた点で青梅線には920番台は79942のみしか配置されなかった事ですが

青梅線が17m車を追放して72系主体になった時期と青梅電車区から豊田電車区へ変更になった時期を考えると

豊田は従来から中央線の101系を扱っており、90系として製造された正に初期の軽量車での問題点に直面していたところへ72系もやって来るとなると

現場からの要望としては920番台は決して望むべく車両では無かったのでは?と考えさせられてしまうのですが考えすぎでしょうか。

偶然なのか72500の昭和31年度車が多数配置されていたのもわざと920番台を避けて代わりに72500の最終増備車を厚く配置させた理由と繋がるのかと思った次第です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:26/2939 《前のページ | 次のページ》
/2939