teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:4/2886 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

クモハ40076の鋼製雨樋取付工事内容について

 投稿者:原口 悟  投稿日:2020年 7月31日(金)23時54分26秒
  通報 返信・引用 編集済
  皆さんこんばんは

前に富山港線の73系半鋼製車の「鋼製雨樋への交換」について話題にさせていただきましたが、同時期に富山港線にいたクモハ40076も工事されたはずと思い、写真を観察してみました。
 クモハ40076は、昭和55年末まで在籍していたため、73系半鋼製車よりは写真が多く、工事の様子がある程度分かる写真もいくつか見つかりました。そこで注目したのが、木製雨樋で残った前頭部と、鋼製雨樋に交換された側面との「接続部」で、「アダプター」を介して接続していたらしいことが伺えました。
 図は、アダブターの想像図で、木製雨樋と鋼製雨樋の外側からかぶせるように板金細工でアダプターを作ったと考えました。アダプターの大きさは、長さ、取り付け位置とも、乗務員扉の幅いっぱいくらいのように見えました。

塗料の耐久性試験について
 すぎたまさんよりのサロ45004の写真に関連して、謎の物品に「塗料試験片だろうか」という話が出ましたが、今月発売のTMS誌に塗料試験の記述がありました。
 先に紹介した房総ローカルの73系の模型製作と写真紹介のあった20-6号には「国鉄車両関係色見本帳」の記事(P70~)があり、7月号、8月号と続編が掲載されました。今月発売の8月号に「色見本帳」に関連して、「塗料の耐久性試験」の記述がされました。先に紹介したように、中央線のモハ90形(101系)で初めて採用された朱色が、耐久性が劣り、急速に褪色したため、耐久性のある塗料の試験を行ったもので、101系では、1980年台のRP誌の101系特集(RP87-11号)P50に記述がありました。サハ100-19に塗装試験片が遅くまで残っていたことが写真入りで記述されています。TMSの今月発売号では、101系以外の旧形国電を含む多くの形式で塗料の試験が行われたとのことで、「塗料試験片」だけではなく、車体全体を区切って複数の塗料で塗装する、大規模な試験を行った車もいたようです。塗装試験を行った車も、番号の記述があったのですが、サロ45004はいなかったようです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/2886 《前のページ | 次のページ》
/2886