teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:75/2939 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

72663、665など

 投稿者:白い陽  投稿日:2020年 7月14日(火)17時08分8秒
  通報 返信・引用
  皆さん、こんにちは。

私が全く縁のなかった関西の72形のアコモ改造車があると知ったのは、昭和57年刊行の「関西国電50年」での掲載によるものでした。
昭和45.10撮影のアルミサッシ化された72663が掲載されており、巻末の移動履歴表には72665について「アコモ改造 42.10.2吹田」の記載。(72663には改造の記載なし)

このことから、当初は72663のみ改造されたもので、履歴表は本来72663に書くべきところを印刷がズレたものではなかろうか?…などと推測していたのを思い出しました。その後色々な情報により2両改造されたようだ…となるまで時間を要しました。

最近ではあまりこちらに顔を出していただけませんが、この車が緩行線で活躍当時、通勤で使われていたという元関西旧国利用者さんによれば、車内はニス塗りとのことでした。
しかし、このように写真が出てきますと、更に詳しくいろいろ知りたくなるのは仕方のないことでしょうか、アルミ化された戸袋内窓のカーテンはどのように設置したのだろう?と考えております。

原型では戸袋部のみの独立した独特な形状のカーテン納めが取り付けてありましたが、アルミ枠化によって遮蔽すべき窓の幅も天地寸法も大きくなっているはずなので、元のカーテン納めでは対応できないと思われますので…。
34036さんが拡大していただいた画像を見ると、従前より高い位置に取り付けられているのは確認できますが、残念ながら形状の判断までは難しそうです。


また鉄道史料によれば、阪和線の旧型についてアコモ改造を施したと記載があるのですが、これは何度も塗り重ねられた古いにすを剥離してから再塗装を施したそうですが、関西の他線区所属車も対象になったのか不明です。
可部線に残っていた緩行線からやってきた79326、328、370は山ゲタ流れの79446・466と比較して車内は明るい印象だったので、アコモによるものなのか、はたまた担当工場により必要以上には車内の塗装を行わなかったのか?…気になりだしたらキリがないですね。

では
 
 
》記事一覧表示

新着順:75/2939 《前のページ | 次のページ》
/2939