teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:23/2857 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

北総電化の頃の73系の動向など

 投稿者:原口 悟  投稿日:2020年 6月30日(火)00時17分49秒
  通報 返信・引用 編集済
  すぎたまさん、クモハ73503さん、皆さんこんばんは

 1974年の北総電化と、1975年頃のクモニ83、クモユニ82形、アコモ改造車の改造には、もしかしたら、1974年7月7日の久里浜駅構内の冠水事故が影を落としたのではないか、と考えています。この時は、クモハ73形のアコモA更新車の73126, 401が両方被災したことや、アコモA更新済みの車が多く被災したため、後の1982年8月の関西本線王寺駅構内の冠水事故で101系が被災した時のような、大規模な使用可能車の抽出と転配が行われたのではないかと考えられます。久里浜駅の冠水事故がちょうど北総電化の直前だったため、房総ローカルが、最も影響を大きく受けたのでは、と思いました。

 アコモ改造については、RP74-3号P49,50の、後にモハ62、クハ66形として実現したアコモ改造車の記事がありますが、ここで著者の高林氏が、房総特急に投入された183系の調査をした時にローカル電車も見ていて、「何か心苦しいものが感じられた」と触れていることと、「仙石線・房総線・身延線での乗客の要望にこたえ、48年度にはモハ72などの旧形電車を115系近郷形電車のような車体に改造することになった」と記述しており、結局アコモ改造車は仙石線(執筆時は103系タイプの車体にする構想はまだなかったか?)と身延線だけで房総ローカルには入らなかったことから、房総ローカルの分が、久里浜駅冠水の影響で改造予定車両の手当てがつかなくなったか、113系投入(横須賀線へのA-A基準車投入による差し替え転用)の加速によって代替したか、という可能性もあると思います。

クモハ31形の定員について
 「国鉄電車ガイドブック」や、「最盛期の国鉄車両」のクモハ31形の要目のところでは、窓配置の4-4-4と3-4-3の区別なく「136(50)」と記載されています。座席配置と比較すると、3-4-3形の方の座席定員の方に合わせられているようです。なお、「(50)」は半室運転台の時の座席定員(運転台後ろの座席が助士席側だけ)なので、全室運転台改造後はこの部分が減少したはずです。
 また、元クハ58形のクハ79形のほうは、3-4-3と4-4-4で分かれていて、4-4-4は「136(54)」、3-4-3は「136(50)」です。いずれも半室運転台時代で、全室運転台では助士席側後ろの2人掛けロングシートが無くなるので、座席定員が2名減ります。そして、元クロハ59形の056と元クハ47形の060, 066は「136(54)」です。こちらは共に全室運転台での定員です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:23/2857 《前のページ | 次のページ》
/2857