teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:25/2857 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

鶴見線

 投稿者:クモハ73503  投稿日:2020年 6月28日(日)22時19分36秒
  通報 返信・引用
  皆さんこんばんは。

続けての投稿失礼致します。

鶴見線は72系投入当初もモハ72は500番台が主体でしたが3段窓のままの姿でしたが車内は淡緑色に塗り潰しされていたようですね。

3段窓の72686と72688が廃車になり中原からその間の72687がアコモA工事車として転入してきてこの辺りが3段窓車とアコモA車の扱いの違いなんだなと納得したのでしたが

津田沼からの79388、79406、79450そしてそれよりひと足早く79392が3段窓で転入してきて何でもあれの世界だったのだな、と感じております。

特に79392はニス塗りのままでしたから日除けの鎧戸との組み合わせが良いアクセントになっていたと思っております。

やはりひと足先に横浜線から転入してきた79356、79358、その後の中原からの79486、最後には書類上は貸し出しになっていたのか横浜線から79488とアコモA工事車が転入してきて

津田沼だけが1人蚊帳の外的な扱いをされていて哀れに思いました。

時期を少々さかのぼれば三鷹の山ゲタもニス塗り3段窓でしたから

アコモA対象線区と外れた線区の明暗があからさまに表れたと言っても過言ではないような気もします。

山ゲタからはクハ79が4両青梅線へ流れてきて異彩を放っていたのもこの頃でしたね。

趣味的に見ればニス塗り3段窓で鎧戸の日除けの方が楽しいですが

毎日の利用客にとってはどっちが良い?って問題にもなってきますから難しいところだな、と感じてます。

それにしても戦前製の車両は既に巻き上げ式のカーテンを採用していたのに戦後になって再び古臭い鎧戸を採用したのでしょうね(笑)
 
 
》記事一覧表示

新着順:25/2857 《前のページ | 次のページ》
/2857