teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:165/2939 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

モデル8「身延線 旧型国電等」より、低屋根改造車の配管について

 投稿者:原口 悟  投稿日:2020年 1月18日(土)10時42分23秒
  通報 返信・引用 編集済
  先日、モデル8の「身延線 旧型国電等」を購入しました。「模型製作参考資料集」のシリーズで、「片町線」に次ぐものです。元々は昨年9月に出ていたもので、その後、このシリーズは国電以外の「EF59」「箱根登山鉄道」と続いています。

 今回の「身延線」では、時代は完全に区切ってなく、17M車末期から、62系が入った末期までカバーしています。このため、身延線から大糸線へ転出したクモハ43800台、飯田線に転出したクハ47150台も収録されており、「大糸線」と「飯田線」は先行出版されているので、そちらでも収録されています。
 毎回「小物」が特集されており、前回の「片町線」では「扉下ステップ」でしたが、今回は「吊り上げフック」でした。吊り上げフックはRMアーカイブスセレクション「国鉄の客車1950~60」に収録された「70系客車のいろいろ」で、種車の推定の手掛かりになることが記述されています(P121)が、現物の写真が確認できます。他、TR23台車とDT12台車の「前期型」と「後期型」の区別の記述もあります。

 この中で、身延線に縁の無かった車が1両混じっています。P64に「クハ55404」の写真が掲載されているのですが、この車は新前橋電車区にいた車で、写真でも「小山」のサボが入っています。身延線にいたクハ55は、301,319,440,441の4両で、サハ57改造車ばかりなので、原型のクハ55が無理して入れられたことになります。あるいは「小山」が御殿場線の「駿河小山」と勘違いされて、身延線の車と考えられた可能性もあります。

低屋根改造車の配管について
 個々の車両で興味深い点としては、クモハ43800が、配管が「逆配管」であることです(P10)。元々はクモハ43004で、元から逆向きの車なのですが、昭和40年代に入ってからの「部分低屋根車」にもかかわらず、「逆配管」で配管が新設されています。妻面の写真は、他にクモハ43804が掲載されていますが(P11,12)、こちらは、元はクモハ43025(P11の「クモハ43039」は誤り)で、奇数配置の床下機器に対して、「正配管」で配管が引かれており、結果的にクモハ43800と同じ配管レイアウトになっています。クモハ43810も、元はモハ43039で、奇数配置の床下機器に対して正配管で配管が引かれています。クモハ43802は、妻面、屋上の配管がわかる写真は無いのですが、4位側に母線が降りていることが芝生さんの写真で確認でき、元クモハ43022で、床下機器が偶数配置なのに対して、逆配管になっています。このため、クモハ43800台4両は、床下機器の配置にかかわらず、3位側空気管、4位側母線で工事されたことになります。
 他の車では、クモハユニ44803は、床下機器配置は奇数配置(クモハユニ44800~802とは逆)に対して、4位側に母線が降りる正配管(P18)です。クモハ41800(「大糸線 旧型国電等P9),850(P42)は、偶数向きの床下機器配置に対して母線が4位側に降りる「逆配管」です。クモハ51850, 852は、ともに偶数向きの床下機器配置に対して母線が4位側に降りる逆配管(P54)です。
 このため、以上の車は種車の床下機器配置にかかわらず、奇数配管(4位側に母線が降りる)で工事されたことになります。
 これに対して昭和41年に低屋根工事されたクモハ51800,802は、802が床下機器が偶数配置(元クモハ51054)に対して3位側に母線が降りている正配管(P44)です。なお、身延線には縁がなかったクモハ51804(元クモハ51004、大井工場の「方向にかかわらず床下機器は奇数配置」を維持)は3位側母線で床下機器に対して逆配管です(「大糸線」P64)。さらに後の車では、51808(元東鉄のモハ51007で、大井工場の「方向にかかわらず床下機器は奇数配置」を維持)は、3位側母線で逆配管(P46)、51816, 818, 820(元東鉄のモハ51007, 018, 020で、大井工場の「方向にかかわらず床下機器は奇数配置」を維持)は4位側母線で正配管、51826(元51050で、床下機器は偶数配置)は3位側母線で正配管(P49~51)、51830は芝生さんの写真で、奇数配置の床下機器に対して4位側母線の正配管です。クモハ60800台では、60802(60073)、60804(60075)、60812(60115)、60814(60117)は、奇数配置の床下機器に対して、4位側に母線が降りる正配管(P56, 57, 59, 60)。このため、昭和45年にまとめて改造された51806~830、60800~816は、基本的に床下機器に対して正配管で配管されているようなのですが、51808は同時期にもかかわらず逆配管であること、また、51802, 804は、上記の43800~802, 44803, 51850,852, 51800,850と同時期の工事にもかかわらず、3位側母線と逆になっているのが異端です。これらの低屋根改造は、一貫して浜松工場で行われているので、51802, 804, 808が、同時期の他の車と配管の方針が変わった原因は謎といえます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:165/2939 《前のページ | 次のページ》
/2939