teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:7/2697 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

14系座席車のオリジナルのリクライニングシート

 投稿者:原口 悟  投稿日:2019年 8月24日(土)00時47分26秒
  通報 返信・引用
  写真上は乗車したスハフ14 1の座席なのですが、14系座席車オリジナルのロック機構の無いリクライニングシート、通称「バッタンリクライニング」でした。この座席は、昭和40年代末から50年代の臨時特急列車の風物詩となったもので、昭和50年代末に定期列車への運用が多くなった頃から、ロック機構のあるリクライニングシートへの交換が行われるようになったため、遅くまで残った車では交換が完了していたと思っていたので、原型の座席が残っていたことに驚きました。

写真下はスハフ14 1の車内の銘板で、昭和47年新潟鉄工の新製の銘板の下に、東武鉄道入線時の整備の銘板が付いているのですが、日本電装の他、総合車両製作所の記載もあります。客車の整備は南栗橋の工場で行われたと思ったのですが、総合車両製作所がどの段階で関与したのかが不明です。

ちなみに、先週の「大樹」は中間車がオハ14 1でしたが、「はまなす」で使われていた「ドリームカー」オハ14 505が入る事があります。ドリームカーは過去何度かの北海道からの帰りで利用している馴染みの車なので、ドリームカーの連結に合わせて「大樹」に乗りに行こうかと考えています。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/2697 《前のページ | 次のページ》
/2697