teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:79/2654 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

本年最終です

 投稿者:73おやぢ  投稿日:2018年12月31日(月)18時58分38秒
  通報 返信・引用
  みなさん、こんばんは。
2018年が終わらないうちに、言い残したことを申し述べたいと思います。

すぎたまさん

ご紹介の科学朝日は、私も持っています。昭和21年11月号ですね。製作中の写真ですからかなり貴重で、ジュラルミン製とおぼしき戸袋の窓枠や荷棚受けなどは非常に興味深いです。版元が健在(朝日新聞社)なので、もし写真が現存するなら、現代の製版技術によるアーカイブを出版(再現)してほしいくらいです。

新参者さん

50系の台枠に疑問を持たれるとは、新参どころか上級者です。あいにくオハ71の書籍は所有しておりませんので、当該の図に対するコメントができないのと、私は見えるところしか興味がないので、台枠に関してはあまり自信がありません。とはいえ、電車形式図でわかる範囲を少々。

添付したのは1953年電車形式図です。モハ11形に適切なものがなかったので、クハ16形のUF32(左)とUF113(右)を示しますが、それぞれUF31とUF112に対応しますので、問題ないと思います。断面図でおわかりのように、UF113は旧側梁を継承していません。素人考えですが、撤去した旧側梁とトラス棒関係こそが、節約に貢献した鋼材ではないでしょうか。

もうひとつ、鉄道史資料保存会発行「電気車形式図」には図面こそありませんが台枠一覧表があり、UF31は「UF13(長形)の外側に溝形鋼を追加して改造したもの」、UF112は「UF13(長形)を改造、旧側梁、トラス棒撤去したもの」との説明があります。本書は基本的に省の形式図を復刻したものですが、この一覧表は保存会が作ったものながら、きわめて明解であると思います。
ということで、断言はできませんが、問題の図は注意書きが欠落した可能性を考えてみる必要があるのではないでしょうか。

では、みなさん、良いお年をお迎えください。
 
 
》記事一覧表示

新着順:79/2654 《前のページ | 次のページ》
/2654