teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:12/2579 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

47-3以降の富山港線

 投稿者:原口 悟  投稿日:2018年12月17日(月)00時28分45秒
  通報 返信・引用
  47-3以降の富山港線も表現してみました。

 47-3改正で、富山港線の運用は、Mc単独運用が無くなり、4両編成4本だけになりました。また、ラッシュ時も、4両編成2本が城川原で交換するように合理化されました。写真上はこの頃を表現したもので、先頭からクモハ40076―クハ79928―クモハ73363―クハ79244です。
 昭和49年から、クモハ73、クハ79の半鋼製車を置き換えるため、クモハ73形全金更新車、クハ79920台が順次転入しました。写真中央は置き換え過渡期の昭和50年ごろを表現したもので、先頭から、京阪神緩行線から転入したクモハ73049とクハ79920、昭和49年に一番最初に横浜線から転入したクモハ73013、半鋼製車で最後まで残ったクハ79220です。
 クモハ73、クハ79が全金車に統一されてからも、クモハ40076は残っていたのですが、昭和55年に御殿場線からクモハ73043、クハ79939が転入して置き換えられました。写真下はこの状態で、先頭から、御殿場線から転入したクモハ73043とクハ79939、続くのはクモハ73117とクハ79934です。この結果、クモハ73、クハ795両ずつの体制になったのですが、59-2改正でクモハ73、クハ79が1両ずつ(クモハ73117とクハ79934)廃車になり、残り8両で60-3改正による475系への置き換えが行われました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:12/2579 《前のページ | 次のページ》
/2579