teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2/2564 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

モハ63形下巻と三鷹事件

 投稿者:73おやぢ  投稿日:2018年11月27日(火)17時53分26秒
  通報 返信・引用
  みなさん、こんばんは。
すぎたまさん

三連休に「モハ63形下巻」を入手したので、まずは三鷹事件の項を見ました。
破損車が具体的な復旧年月とともに記載されているので、最初は「もしかしたら、本当かも」と思いましたが、よく見ると不自然でした。問題の車両の復旧日は、
63630…昭和24年12月、63830…昭和25年11月26日
となっています。一方、同書42ページに、大破した63630はモデル更新車として昭和25年11月26日に完成した旨の記載があります。同じ本で異なる記述は困ったものですが、63630のモデル更新は明らかな史実ですから、そうすると、ここでも63830マボロシ説も含めて、63630…63830に関する、何らかの錯誤がありそうな気がします。

編成の後部2両が早い段階で切り離されたのは、全く不思議です。当該編成は交検終了後に留置線へ転線し、翌朝の仕業に備えたのですから、鉄道関係者の目線なら転線時の先頭車こそ、まず調べるべき対象ではないでしょうか。留置線据え付け時の停止手配や転動防止手配がどうなっていたのかが、重要なはずです。暴走編成の先頭車(63019)こそ最有力証拠満載の“犯人”であるとするのは、いかにも警察・検察目線といえそうです。

 
 
》記事一覧表示

新着順:2/2564 《前のページ | 次のページ》
/2564