teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:6/2564 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

レスありがとうございます

 投稿者:すぎたま  投稿日:2018年11月19日(月)15時45分22秒
  通報 返信・引用
  73おやぢさん、三鷹事件の編成情報ありがとうございます。

ところが、これが資料によって全然違うのですよ。今回のご指摘では、サハ39が入っていますが、先般の「国鉄鋼製電車史 モハ63形」下巻には、車番のみが記載されています。しかし、事件で損傷した車のみの番号で、
モハ63019、モハ63057、モハ63630、モハ63830、モハ63842の5輌としていますし、7両編成の列車ということになっています(つまり残り2輌の車号が不明)。サハ39もクハ65も出てこないのですが、この車番の列挙の仕方からして、編成順では無く、番号順であろうことがわかります。しかも、クモハやサモハは無かったのかなど、わからないことだらけです。当時の電装状態から、サハやクハに他形式が入らないのはおかしく、仮に63形だけで編成したようなものがあったとしたら、それすら何か別な力が働いていないのか、という気もしてしまいます(もちろん偶然かもしれませんが)。それに、モハ63830はどこに行ってしまったのか?。
最後尾車輌の前照灯が点灯した状態で後進していた(つまり三鷹駅方向に向かって走っていった)という証言もあり、そうだとすると、巷間語られ、犯人とされる竹内氏の犯行とする検察側主張は崩れるわけです。編成構成、MT比、車輌の向きなどは、重要なファクターであると考えられるのに、あまり正確に触れられている文献が無い。これは謎ですね。私ら鉄道ファンから見れば、解せないと思うわけです。
原口さんが、桜木町事件の公判記録などに、2輌目の類焼車がサハ78144ではなく、サハ78188になっていると書かれておられましたが、それも含めて、この時代の事件では、およそ科学的・合理的とは思えない捜査が行われ、それが証拠採用されているにも関わらず、重要な点が意図的なのかどうなのか、文献に記載されていないのは、全く理解出来ませんね。
モハ63019は、保管命令が出ていたにもかかわらず、どさくさに紛れてか、床下機器が全く無し(CS-5制御器の外部操作を隠蔽?)、ドア、窓枠すら無し、燃えたわけでも無いのに、屋根板無し、仮台車…。この状態で保管する意味とは何でしょうか。謎ばかりが残ります。

 失礼いたします。

http://princesscomet.net/

 
 
》記事一覧表示

新着順:6/2564 《前のページ | 次のページ》
/2564