teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:13/2564 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

モハ63形の本・書評

 投稿者:すぎたま  投稿日:2018年11月12日(月)14時35分56秒
  通報 返信・引用
  みなさんこんにちは。

車両史編さん会さんの、「国鉄鋼製電車史 モハ63形」上・中・下巻が完結しました。3分冊に渡る労作は、資料集めから検討、掲載のためのデータ化など、膨大な作業であったろうと察することが出来ます。
ここで話題に出た、母線配管の話や、TR25A台車の呼称問題、その他についても、意外に資料になりそうなことが記述、もしくは掲載されています。
その労作には敬意を表しつつ、いくつかの問題点・疑問点を指摘しておきたいと思います。
気になった点としては、
1.私鉄割り当て車について、東武のクハ7800、7801号、東急小田原線クハ1851、1852号が、相変わらず「自社発注」となっている誤り。
2.多少の誤記。
3.TR25A、TR35、DT13の関係が明示されてない。
4.全体に電車であるためか、図面中心の構成になっていて、同じ編さん会の「オハ70系の一族」に比べて甘さを感じる。
5.三鷹事件における編成表すら掲載されていない。
…というようなところが気になります。

1について、東武と東急の車で、運輸省番号が無い車は、当時鉄軌統制会(のち鉄道車輌統制会)の割り当て車には、当然入っていた車輌であり、自社発注など出来る時期では無かったのは明白なのに、俗説を取り入れてしまっている。ただし、三井三池ホハ200形を自社発注としているのは正しく、さらにサハ78の車体(巷間書かれることが多い、サモハとか、モハの車体というのと違い)と明記しているのは、今までの資料に無い明記事項かと。
2については、まあ編集上の問題なので、ある程度やむを得ないが、訂正表はHPなどに出して欲しい。
3については、生方良雄氏著の「小田急1800形」に記載がある。それも読んでいないのだろうか(刊行時期的に間に合わなかった?)。実際は流電用のTR25AはDT12Aへ、昭和21年頃のTR25AはTR35を経てDT13と改称されている。DT記号で分けるようになるのは、昭和24年では?。そうすると、モハ63855~858以外は、全てTR25AまたはTR35で出場しているはずで、台車に銘板があれば、その刻印があるはず。小田急デハ1811号の台車を観察したところ、はっきりTR25Aの刻印があった(私が実見)。その後の振り替えが無いとすれば、デハ1802のものを転用したはずなので、つまり旧モハ63052の台車はTR25Aとなっていたということである。
4について、モハ63形は、粗悪車のイメージがつきまとうが、図面集のページなどを見る限り、想像よりはきちんと作られていることがわかる。オハ70系のほうが、場当たり的な設計変更や、仕様変更が多い。そのあたり図面が多いのも、資料性としては貴重なのだが、図面が読み取れないものもあり(縮小の関係と、元図面の不鮮明によるものと推定)、本文も、重要な部分が不明だったりと、歯がゆいところが少なくない。これはまあ、資料の限界というところであろうが、値段を考えると少々残念。
5について、モハ63019はつとに有名であるが、最近再審請求された事件であるにもかかわらず、わずかな行数しか触れていないのが気になる。そもそもモハ63019を先頭に、同じ向きにモハ63057が連結されていたのであるが、その他の車輌の向きや編成全体、特に最後尾車はAFCまたはAFSであったらしいが、結局番号なども記載されていない。桜木町事件のほうはきちんと記載があるのに、モハ63形が関係した事件の割に、掘り下げが少ないのは残念。6輌編成であったとされているのに、事故車輌が5輌までしか判明しないのはなぜか。また先頭車輌であるモハ63019も、当初は屋根まできちんとした形態をなしていて、地検の保管命令が出ていたのに、なぜ台車が失われ、やがて屋根板が失われ、結局台枠と骨材だけになってしまったのか。撮影期日も書かれてない編集には疑問を感じる。

 とまあ、少々辛辣なことも書きましたが、細かい点を指摘したくなるほど、全体の読み応えはあるということではあります。ここで問題になっていた、「逆向きモハ72110」なども、一応「偶数向きモハ72改造車」として、具体的な車番とともに記載があります。初期の改造年次に何輌か見られるようです。
また、ここで以前出た他の話題としては、原口さんが述べられたモハ60形のコロ軸受け試験や、軸箱試験なども記事があります。
貫通ドアが無い車についても、触れられてはいますが、具体的な番号は記載がありません。
もちろん重要な資料書籍ではありますが、正直、多少の物足りなさを感じる部分もある、というところでしょうか。
本来ここに書くことではないのかもしれませんが、本掲示板の進行の様子から、スルーも出来ない話題だと思うので、あえて書評させていただきました。

失礼いたします。

http://princesscomet.net/

 
 
》記事一覧表示

新着順:13/2564 《前のページ | 次のページ》
/2564