teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:11/2552 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お礼と 72110・14110

 投稿者:34036  投稿日:2018年10月13日(土)21時27分55秒
  通報 返信・引用
  皆さん、こんばんは
73おやぢさん

●拙図へのコメント、ありがとうございました。おかげ様でさらに明確にイメージできるようになりました。

戦前式の 電気側=BS、空気側=MS 配置が逆転するのは、昭和22年度の63500からではないか、ということですね。

この当時の写真は限られていて、それも断路器の箱に記されている文字の判読可能なものが少なく、もどかしい限りです。
RPアーカイブス37 p.43掲載の63701の写真(空気側)で断路器が見えていない件、
「歩み」63系に、「戦後中期形63703」の写真(写真番号196)があり、
こちらも空気側が見えていますが、こちらは台車の横に断路器が設置されています。
ただ残念ながら解像度がいまいちで、記されている文字がMなのかBなのか判断がつきません。

63701のキャプションには「昭和22年度川崎車輛のモハ63701」とありますが、川崎車輛というのは誤りでしょう。
63701、63703ともに汽車支店製で、同時期の製造だと思いますが、見た目上記の違いはどこからくるのでしょうか。
(ただ、63701の方は断路器が隠れて見えないだけかもしれません。実際ちょっとそれらしい配管がのぞいているようにも見えます。)
しかし、63701、63703の電線管は左右振り分け配管であるようには思われるものの、両写真からは断定しきれないものを感じます。

「電車のアルバム」p.81に近車製の63502が掲載されています。
この場合は(関西)偶数車で、②④側=空気側が見えていますが、電線管は向かって右側(空気側)で2本とも一緒に降りているようにもみえます。
(一緒に降りているのは空気管なのかもしれませんが、太さ的には空気管は反対側で降りているように感じられます。)

もしそうだとするなら、先の分類による「昭25~26」タイプを先取りしていることになります。
掲載されている写真からは台車の横に設置されている断路器の文字は、やはりMなのかBなのか判断がつきません。
(この写真は西尾写真で、オリジナルは解像度がよいのかもしれません。)


●「MSの直前にある不思議な箱=塞流線輪」の解説、どうもありがとうございました。
「電車名称図解(昭18)」は国立国会図書館デジタルコレクションにあるのをみつけて、説明を見ることができました。
なるほど、雷は高周波だから、それが主回路に行くのをコイルでブロックして、アルミニウム避雷器(電解コンデンサと考えればよいのですね)で接地して逃す、というわけなのですね。


●以前、60110と11110を話題に挙げましたが、110つながりということで72110と14110を挙げてみたいと思います。
 ◆72110

剛体強化近代化後の72110は側扉の開く方向が特異な車輛ですが、その理由については議論されたことはあるのでしょうか。
偶数向きを奇数向きに変えたことあたりが絡みそうに思いますが、ほとんど時期的に一緒に改造している72082も同条件なわけですね。

 ◆14110(と14111)の旧車号で正しいのは?

以前は
A
30073⇒62011⇒14110
30074⇒62012⇒14111

とするのが主流でしたが、最近は

B
30073⇒62011⇒14111
30074⇒62012⇒14110

とするものが多いようです。

Aとしているものに、「歩み」、「飯田線の旧型国電 巻末 飯田線用電車の移動一覧表」など
Bとしているものに、「国電車両写真集 巻末 旧形国電車歴一覧表」、「旧型国電50年Ⅱ 28年6月改番表」など

こうした不明瞭な点があるにもかかわらず、この点に係る解説を見たことがありません。
62形当時と改番後の写真比較ができればよいのですが、14110代の丸屋根更新前の写真はあまり公表されていません。

(1)「鉄道青春時代 国電(Ⅰ)」p.16 と「RM LIBRARY No.223 1950年代の戦前型国電(上)」p.13 に同一写真が掲載されていますが、
captionは 前者では 「モハ62011」としているのに対し、後者では 「モハ62012(←モハ30074/→モハ14110)」となっています。
撮影年月日は 27.5.2 豊川駅 偶数向き

(2)「鉄道史料 第78号」に「モハ30系半鋼製電車図面」という編集部による記事があり、p.30に更新前の14110が掲載されています。
captionは モハ14110(旧モハ62011)
撮影年月日は 29.10.18 豊橋区 偶数向き 台車はDT10のようです。

(2)の写真では、前面にはサボ箱があり、取付式尾灯の上にステップがあり、前面窓の支柱に取っ手がつけられているのに対し、
(1)の写真では前面にサボ箱がなく、尾灯の上のステップや支柱に取っ手がありません。
ただ、撮影年月日に開きがあり、両車が異車であると断定することはできません。

台車は、もともとは62011、62012ともDT10でしたが、両車で時期は異なるようですが、最終的にはどちらもDT11に履き替えています。
「歩み」によれば14110はDT11、14111はDT10とされていますが、いつの時点の話なのか?
14111は遅くとも30年11月にはDT11をはいています(国鉄電車回想Ⅲ p.95 &108)。しかし丸屋根更新前に履き替えていたかは情報をもちません。
一方14110は上記(2)の通り、更新前の29.10時点ではDT10であったようです。

偶数・奇数から言えばBが合理的です。
二扉化改造は昭和25年8-9月で、その時点では、62011は奇数向き、62012は偶数向きでした。
横須賀線への70系投入と共に静鉄にモハ32が大量に転入し、当初は32-66-32のような編成が組まれており「鉄道史料38号 国電メモリアル 50系省電(Ⅵ)」によれば、上記62形も飯田線で 62011-4301-62012 の編成で使用された旨の記載があります。
しかし、その後静鉄では飯田線、身延線とも Tc-Mcのユニット それもTc:奇数向き、Mc:偶数向き に統一が図られ、28年6月の改番の時点では、62011も偶数向きになっていたはずです。なので上記のうちAとする合理的理由もあったと考えます。

 
 
》記事一覧表示

新着順:11/2552 《前のページ | 次のページ》
/2552