teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:7/2545 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

返)配管はこんな感じです

 投稿者:34036  投稿日:2018年10月 6日(土)18時32分14秒
  通報 返信・引用
  皆さん、こんばんは

73おやぢさん
(原口さん すぎたまさん)

電線管の位置と本数についてのまとめ、ありがとうございます。
まだまだ自分の中でも整理のつかない点は多々あるのですが、おかげ様で自分の中で混沌としていたものが、かなり明瞭になってきました。

戦前はBSが電気側、MSが空気側であったものが、戦後のある時期に逆転しますが、これは電線管を2本まとめて下すように変更した時期と一致しているのでしょうか。それともずれがあるのでしょうか。手元にある写真をいろいろ見てみましたが、ここのところがはっきりしません。

73おやぢさんにご呈示いただいた図をもとに、私も頭の中を整理する目的で図を描いてみました。あっているか自信がないのですが、ご笑覧ください。

戦前は、断路器の前に別の箱を通っているのですが、戦後の更新前の写真を見ると、この箱はなくなっているようです。恥ずかしながらこの箱の意味がわかりません。

それから、戦前のパンタグラフの段階からBS用とMS用の2本に分ける、というのがよくわかりませんでした。理屈の上では、そうした必要性はないわけですね。

「電気車の科学」の記述に依れば、それぞれ断面積=100平方ミリメートルの電線だそうです。流れる電流量からして、夫々にこのぐらいの太さが必要なのでしょう。

だから、戦後2本まとめる際には、断面積を2倍の200平方ミリメートルの電線にしているのですね。

100平方ミリメートルだと、断面が正方形なら1cm角、円形なら、ちょっと計算してみると直径=11mmぐらい。
200平方ミリメートルだと、直径=16mmぐらいとでました。これは相当ごついですね。

汎用資材としては100平方ミリメートルの電線に抑えておくのが無難だったのかもしれません。で、こちらを使用する以上は、共通の断路器まで行ってから分岐させるか、そうでなければパンタグラフの段階から、の二択になるので戦前のようなスタイルになったのではないかと考える次第です。

「電気車の科学」の記述の解釈、どうもありがとうございました。
これまでは、こうした改造は更新時に限られるもののように思っていましたので、その後あとあとまで、そうした改造が逐次行われていたことは初めて認識しました。妻貫通路の700mm⇒800mm化と同じような位置づけなのですね。

<引用>
●RP アーカイブ37 「63・73形電車の時代 1950~70」 pp109-114
「昭和29年度における 国鉄電気車の改修計画〔電車関係〕」 原典:「電気車の科学 1954-5(No.73)」
2.車両保守特別修繕(経常費)
(8) 妻貫通引戸新設工事(継続) の項
これは更新修繕に併施して妻貫通路を幅800mm(従来は700mm)に統一し、これに鋼板プレス製の引戸を取り付けるものである。
なお、この工事は冬季連結側よい寒気が進入し、せっかくの電気暖房器もその用をなさない現状に鑑み、急速整備のため本年度は特に一般検査にも併施して、その一部314ヶ所を施工することとした。


上記「29年度の改修計画」に関する「電気車の科学」の記述では、73に限らないような書き方になっていますが、戦前型はこの時点では、これから更新工事という段階であるので、基本的に更新併施だろうと思いますが、73、72は一応更新がすんでいるので、「本年度は特に一般検査にも併施して」というのは主として72、73が対象だったのだと考えます。
おそらくは28年度下期以降、一般検査に併施の形で相当数の72、73の貫通路の再改造(700mm⇒800mm化と引戸設置)が行われたのでしょう。


>原口さん

73011を例として挙げられていたので、手持ちのネガを見てみましたところ、仙石線には吹田系の73が何両かいましたが、既に73011は標準配管に改造されていたようです。特に珍しい写真でもないですが、参考までに仙リハの吹田系73の前頭部を貼ります。

73005の大阪環状線時代の写真を下記に見ることができます。

「鉄道青春時代 -国電(Ⅰ)」p.72

写真では電線管は2本左側にまとめられている26年度スタイルですが、仙石線では電線管は1本化されています。ただし、逆配管のままですね。73003も逆配管のままです。

73005の例のように、これまで、こうした点は特に注意を払ってみることをしてこなかったのですが、73おやぢさんのおっしゃる通り、鋼体強化改造をせぬとも、電線管の張り直しがちょこちょこ実施されていたことが確認できました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/2545 《前のページ | 次のページ》
/2545