teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:32/2563 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

床下機器とパンタグラフからの配管、平軸受の軸箱など

 投稿者:原口 悟  投稿日:2018年 9月30日(日)11時19分0秒
  通報 返信・引用 編集済
  すぎたまさん、34036さん、皆さんおはようございます

断路器と配管について
 断路器とパンタからの配管の関係は、以前に母線が空気側、空気管が電気側に降りる配管(私がこの場で「逆配管」と呼んでいるもの)に関連して話題になったことがあります。新製車では昭和27年までの車、(証拠写真としては、RP00-5号の73系特集で掲載されたモハ72505の新製当時の写真、遅くまで残った車としては、モハ70形昭和27年度車の70043~048、「電線管2本」がわかるのは落成当初のモハ71001など)、更新修繕車では、先に話題にした、クモハ51001~010や、クモハ73形吹田工場更新車など)で、当時も、「母線が下りた、最初に接続されるスイッチが、空気側の方に寄ったところにあったため、空気側に母線が降りたほうが経路が短くなる」との考えが出ました。この時も情報をまとめて下さったのは73おやぢさんで、新製、更新の当初は関東、関西両方とも「逆配管」だったのが、関東の方は早期に修正したのに対し、関西は遅くまでそのまま残った、との話も伺いました。東鉄の配管の修正は、34036さんご指摘の「断路器をM.S.とB.Sをまとめてひと箱にした」工事を(次の全検時か?)追加施工した事が考えられます。となると、クモハ73形で「逆配管」で残った車(仙石線のクモハ73011など)に断路器の違いが見つかるかもしれません。

TR11台車と同時期の古典台車について
 台車の「軸箱の蓋」は、幌内と小樽の保存車の「アーチバ台車」でも違いがあったことに気づきました。平軸受の軸箱の蓋は「1枚板で両側にネジ止めの耳が付いている」ものがポピュラーですが、この中で、小樽の「キ800」の台車が軸箱蓋にリブが付いた古典的なものでした。写真上は、幌内と小樽の保存車のうち、アーチバ台車を履いていた車から、台車の写真を集めたものなのですが、このうち、「キ800」が、TR20よりもさらに古典的な台車であることに気づきました。訪問した時は「TR20」かと思っていたのですが、キ800の台車は、「軸箱の蓋」が違う他、「枕ばねがコイルばね」で、昨年紹介した、熊本電鉄の長物車ナ1のアーチバ台車によく似ており、「TR16」とされるグループの台車かもしれません。
 写真中央は、キ800の台車の軸箱の写真で、蓋は、一般的な平軸受の台車とは全然違う構造で、下でネジ止めするほか、上から板バネで支持されています。
 写真下は、「木造客車」関連で、「北海道博物館」に展示されていた、「大正末期の客車の車内風景」を再現した1/1ジオラマです。幕板に書いてある車号は、「ナハ24892」と書いてあり、ナハ22000系をモチーフとしたものです。北海道なので、写真中央に「ダルマストーブ」があります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:32/2563 《前のページ | 次のページ》
/2563