teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:13/2445 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

デハユニ改造車でしたか

 投稿者:すぎたま  投稿日:2018年 6月23日(土)14時47分56秒
  通報 返信・引用 編集済
  七久保さん、原口さんこんにちは。

レス遅くなりましてすみません。
なるほど、デハユニだった車輌を改造したものなのですね。木造車は鋼製車以上に謎が多いような感じですが、それも単に「時間が経過したので、経緯が不明」というだけの話でも無さそうですね。前に出たクハ17035についても、オーバーハングが大きいためか、車体の四隅が「切り上げられている」ようにも見え、そうするとつまり近江鉄道800系などと事情は同じなのか、とも思えます。
ともあれ、疑問がすっきりしました。ありがとうございます。

モハ10形の戦後残存車について、wikipediaなどの記載は、合っているのか不明な点も残りますね。910mmドアの車輌(当時910mmというのは、一部で標準だったんでしょうか。小田急創業時の車輌も、みな910mm台のドアになっています。しかも鋼製車で)の写真は入手出来る見込みなので、入手したら貼ろうかと思っています。これも撮影時期から見て、著作権消滅なので、その面での問題は無いと思えます。

写真の著作権は、やや特殊でして、1971年の法改正までは、「公表後または制作後13年で著作権消滅」であり、1958年頃までに撮影され、公表又は制作(公表されない場合)の写真は、原則著作権は消滅していることになるようです(たとえ撮影者が存命でも)。写真家は猛反発していたようですが、法律は不遡及が原則なので、そのままになっており、他の著作物との整合が取れない時期が存在するようです。
なお、現在は他の著作物同様、「撮影者の死後50年」になっているので、例えば私たちが比較的最近撮影した画像については、特に「存命中権利消滅」の問題はありません。ただ、「公表」と「制作」の違いについては、まだよくわからない点があり、いずれその種の団体に見解を求めようとは思っています。参考書だけでは、今ひとつはっきりしません。

失礼いたします。

http://princesscomet.net/

 
 
》記事一覧表示

新着順:13/2445 《前のページ | 次のページ》
/2445