teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:19/2434 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

近江鉄道モハ220形の種台枠

 投稿者:すぎたま  投稿日:2018年 5月24日(木)05時15分2秒
  通報 返信・引用 編集済
  みなさんおはようございます。

近江鉄道モハ220形ですが、古台枠流用、側面に西武701系一部利用、下回りは西武経由の旧形国電用機器、西武のFS40台車を合成した電車として、つとに有名ですね。
ところがこの車の車籍ではなく(車籍は近江鉄道の場合、めちゃくちゃと言ってもいいくらい複雑なので、あてにならず)、実際に利用された車体台枠に着目すると、1つの謎が(謎はたくさんありますが、気になるところがという意味で)。
元の車籍としては、モハ100形(元岳南鉄道)や、モハ200形(元小田急1600系の車体)などを引き継いで、「改造扱い」で製作されています。機器類は確かに車籍の車輌のものも、使ってはいるようですが、モハ100形の場合、当該のモハ220形が出来上がっているのに、廃車留置線にその姿が見られた時期があり、明らかに直接の種車にはなっていません。
それで、当時RM誌に推定として載っていたのが、
モハ205--221
以下台枠流用した実際の車輌として、
モハ203
モハ201-クハ1201
モハ202-クハ1202
が推定されていました。仕上がり、台枠の厚さ、車体長さ、幅などから判断して、間違いなさそうです。
ところが小田急時代の旧番号を書き出しますと、
205--デハ1605
203--デハ1610
201--デハ1609
1201--クハ1657
202--デハ1603
1202--デハ1602(旧デハ1601)
となっており、クハ1650形が1輌混じっています。問題なのは、クハ1650形は戦後製、デハは戦中の製作なので、車体長が若干異なるのです。
そうすると、1輌だけはモハ220形に改造後も、寸法が異なっていたのではないか?、という疑問が生まれます。
今のところ、モハ220形には、連結器が大正時代のシャロンやアライアンスを使っているものがある、モハ221は当初2段窓であった程度の違いしか、見いだすことは出来ませんが、1輌だけ微妙に車体長が長い車が無かったのか。これは気になるところです。何か資料はありませんかねぇ。
流用された主電動機はMT-15形、台車はFS-40で、主制御器はCS-5相当、主幹制御器はMC1Aです。台車とブレーキ以外は旧形国電の装備そのものですが、先頃再審請求がなされた「三鷹事件」の実証実験に使える車輌ではありますね。

<追記>
小田急デハ1600形の車体長は15800ミリ ボギーセンター間距離10400ミリ
同クハ1650形1657号の車体長は16350ミリ 同上11150ミリ
です。データは、「鉄道ピクトリアルアーカイブスセレクション1 小田急電鉄1950~60の70ページ車両要目表によります。

失礼いたします。

http://princesscomet.net/

 
 
》記事一覧表示

新着順:19/2434 《前のページ | 次のページ》
/2434