teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:158/2563 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

簡易電源車連結の非電化区間乗り入れ

 投稿者:すぎたま  投稿日:2018年 4月 6日(金)02時24分42秒
  通報 返信・引用
  原口さん、みなさんこんばんは。

「草津」号の非電化区間乗り入れですが、鉄道ピクトリアル944号「153系電車」特集号(2018年4月号)に記載がありました(110ページあたり)。
それによると、上野-渋川間は水上方面の列車と併結の上自走。長野原線内はC58+オハユニ71形によるけん引。オハユニ71には「バッテリー搭載」とあります。なので、原口さんご指摘の「バッテリー」がここでは正解のようです。
翌年(1961年)からは、東京-水上・長野原間に毎日運転の臨時準急になり、「上越いでゆ」となり、水上編成は153系、長野原編成は80系という、新性能国電+旧形国電の混結営業編成となりました。これは営業列車としては、自動ブレーキ運転になるので、珍しい形態かと思われます。写真も同誌111ページに出ており、確かに80系と153系が連結し、ジャンパー栓を渡しているのが見られます。
この列車は運転当初(5/6~6月上旬まで)は、「オハユニ71の電源の関係」から、長野原編成に80系を専用したようですが、それはおそらくバッテリーが直流で、80系が直流MG搭載車のため、MG等が交流化されている153系では、不都合だったのでしょう。今のように比較的高効率のインバータがあるわけではありませんし。
それでも、オハユニ71の電源を「改良」し、6月初旬からは長野原編成も153系化された旨記録されています。さらにオハユニ71の車内写真が掲載されていますが、座席を2ボックス撤去し(荷物室などではない)、壁におそらくはアスベスト板を張り、その前にエンジン式小形ディーゼル発電機を搭載。ケーブルはよく見えませんが、手前にナイフスイッチ付きの配電盤も見えます。
つまり、当初はバッテリー、のちにはディーゼル発電セット搭載による153系化がなされたということのようです。オハユニの連結器はどうしたのか、ということですが、おそらくはオヤ35形と同様、片側自連、片側密連にしてあったと考えられます。終着後は転車台で、SLとともに転向したのでしょう。

さて、そうすると、房総地区で運転の夏期臨で、DD13重連+クハ16+153系による臨時準急「汐風」はどうしていたのか、気になりますよね。
これも同誌の113ページに写真その他が掲載されており、こちらは最初からディーゼル発電機による給電であったようです。クハ16形車内には、ロングシートの前の通路に発電機が設置され、壁に向けてケーブルタイで結ばれたケーブルが伸び、網棚方向へ向かっているのが見られます。特に防火対策のようなものは捕られていないようにも見えます。最終的にジャンパー栓に給電したものと思えますが、電圧の不安定などにはどう対処したのかわかりませんね。ディーゼル発電機そのものは、オハユニ71に搭載されたものと、全く同形に見えます。おそらく当時簡易に使えるセットが、これくらいしか無かったのではないかとも思えますが、冷房や半導体の精密な電子機器が多数ある現代では、ちょっと無理な運転でしょうね。

今時は、京王新5000系など、床下搭載のバッテリーで、停電時も最寄り駅までは自走できる(!)という時代です。オハユニ71にバッテリーを搭載して、というのは、当時の鉛蓄電池でなんとかしのいだのだと思えますが、今のように簡易で電力パワーもあるバッテリーが無い時代、相当な苦労があったのだろうと思われます。

なお、旧形国電と新性能国電の併結または混結営業運転は、希有な例でありますが、他にもあったのでしょうか。美濃赤坂線のクモハ60形編成に、サハ153-1が入っていて、営業していたとも取れる記述が、JTBキャンブックスあたりにあったようにも記憶していますが、本当に営業していたのでしょうか。

旧形電車(吊り掛け駆動)と、高性能車(カルダン駆動)の連結運転そのものは、私鉄ではあまり珍しくありません。現在でも、江ノ島電鉄では1000系の1000形から1200形は吊り掛け駆動で、普通にカルダン駆動の他系列と連結運転しています。小田急でも突発ではありますが、8000系と旧4000系の連結代走運転が行われた記録があり、京成電鉄でも704編成には、吊り掛けのモハ1603が入っていて、荷電に使われていましたよね。京王旧5000系も5100系に吊り掛け車があり、普通に特急運用でも併結していましたし、2010系と2700系の連結もありました。
国鉄の場合は、やはりブレーキ方式の違いがネックになって、自由に行えなかったのが実情だったのでしょうか。新性能国電でも、電磁直通ブレーキの「全制動」位置から、さらにハンドルを右側へ回すと、「自動ブレーキ帯」があり、旧形国電同様のブレーキ操作が可能でしたが(これは多くの私鉄も同様)、それを生かすのは、静岡運転所-大船工場への入出場くらいだったのでしょうか。

失礼いたします。

http://princesscomet.net/

 
 
》記事一覧表示

新着順:158/2563 《前のページ | 次のページ》
/2563