teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:36/2440 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ご指摘ありがとうございます

 投稿者:原口 悟  投稿日:2018年 4月 4日(水)00時08分44秒
  通報 返信・引用 編集済
  田町さん、すぎたまさん、Satokawaさん、皆さんこんばんは
 こちらこそ、ご指摘ありがとうございます。話題を展開していくうち範囲を大きく広げてしまいました。時事的な話題もありますが、原点も重視し、旧型国電の疑問を突き詰めていきたいと思います。

クハ86356と同形の前面窓が少し小さい車について
 「80系湘南電車、最後の頃」P65の「300番台の変形車」で前面窓が少し小さいクハ86356が取り上げられた時、「事故復旧時、クハ86300台標準サイズの窓ガラスのストックが無く、やむを得ず少し小さい窓ガラスを使って復旧した」というシナリオを考えました。同ページの左右の窓の形が異なるクハ86352や、Wikiの方で類似の車と記述されているクハ86344等も事故復旧時に標準サイズの窓ガラスが調達できなかったための応急処置ではないかと思われます。
 ここで、田町さんより、クハ86356と同形の前面窓ガラスが少し小さい奇数向きがの車がいるとの情報があり、「事故復旧時に標準サイズの窓ガラスのストックが無い」という事態が複数回起こることはあるのだろうか(窓ガラスのストックが無いことを教訓として、窓ガラスをストックする方針を徹底したのではないか)と思い、もしかしたら新製時からの特徴かもしれないと思いました。すなわち、車両製作の過程で、前面窓ガラスの部品の不足が起こり、サイズの小さい代替品をあてがったのではないかと考え、クハ86356と並行して製造されていた車が候補になるのではないか、と考えたのですが、落成年月日で比較したところ、クハ86356と同日(昭和33年5月31日)の落成車は、窓ガラスが原型の写真が紹介されているクハ86361だとわかりました。このため、「新製時からの特徴の説」は可能性が大幅に下がりそうです。
 事故復旧とすると、RP誌の「読者短信」等の報告が手掛かりになるのではないかと思います。前面の窓ガラスの寸法が変わるということは前面のかなり大きな破損が起きていると思われ、破損が起きた事故も趣味誌に報道されている可能性は高いのではないかと思います。さらに、趣味誌の場合は、事故車、編成の車号が記述されることが多いので、クハ86356および357,359,363のいずれかが見つかることが考えられます。
 「読者短信」は最近ではRPアーカイブスの「湘南電車時代」で80系関係の報告がまとめられ、この場で以前話題になった京阪神急電の80系の4両増結編成の「クハ86背中合わせ編成」の変遷がよくわかるようになったことから、RP誌だけでなく、RF, RJ誌へ拡大すると、有力な情報が引っ掛かる可能性は高いと思われます。

準急「白浜」「草津」と電源車について
 先日、準急「白浜」と「草津」の電源車について、「発電機を積んだのではないか」と記述しましたが、この考えは12系以降の発電機方式の客車の方を見慣れた立場からの考え方で、電源は「バッテリー」もあると後から思いつきました。バッテリーとなると、客車の床下にぶら下がっているものを思いつきますが、こちらも「必要量はどのくらいか」が疑問になります。バッテリーの場合は、現在でも「電気自動車」で話題になる「電源ステーション」をどうするかという問題もあり、電源ステーションを千葉および渋川に局限して、「白浜」の場合は千葉から館山辺りまでを往復するのに十分な電気容量、「草津」の場合は渋川から長野原(現在の長野原草津口)までの往復分に必要な量、「草津」の場合は冬も運転したので暖房の分だけ必要電気量が増大するので、それに見合った量のバッテリーを増載したのではないかと考えられます。

72系と80系の間の幌の連結について
 72系と80系を臨時に連結した「白浜」ですが、上記の「クハ86背中合わせ編成」」の話題の時、「何故背中合わせになったのか」という疑問に対して、「事故が起こった時に隣の車両への避難路を確保するためではないか」との説が出たことがあり、「白浜」も何らかの方法で幌をつないだのではないかと思います。
 1枚幌と2枚幌の連結は、時代は下って旧国の末期になりますが、大糸線に例があったことを思い出しました。1枚幌を使っている中に身延線から2枚幌の車が転入した時、身延線から来た車を無改造で、1枚幌と2枚幌を強引につないで対処しており、芝生さんのサハ45型の写真で確認できます。このため、鶴見事故時の70系と72系の連結なら、同様の1枚幌と2枚幌の連結が行われたと考えられます。「白浜」の80系と72系の場合は、「テーパー幌」が必須になりますが、確かに千鉄局内には持ち合わせが有るとは思えないので、調達するとしたら大井工場からではないかと思われます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:36/2440 《前のページ | 次のページ》
/2440