teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:64/2434 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

身延線115系とクモユニ143の製作

 投稿者:原口 悟  投稿日:2018年 2月18日(日)00時56分24秒
  通報 返信・引用
  皆さんこんばんは

身延線の115系とクモユニ143を製作したので報告したいと思います。
 身延線の「身延色」の115系は、「湘南色」「横須賀色」以外の色ということで注目度が高く、KATO, TOMIXともに1980年代のかなり早い段階から発売していました。ただ、どちらも3両編成の発売(KATOは付属セットも発売)で、4両編成の発売はかなり遅く、KATOは2005年、TOMIXは2014年のことです。今回報告するのはTOMIX製品の加工です。
 KATO製品の方は、方向幕を準備工事にした車体が新規製作されたのですが、TOMIXの方は共用車体で、方向幕がガラス側モールドで、サボ枠が省略されています。また、モハ114は、MG風道が省略されています。このため、トレジャータウンのパーツを用いてクモハ115の戸袋窓上の風道と隣の種別表示挿しと併せて追加しました。併せて、サボ枠は、サボのステッカーを貼ることを前提として板状のパーツを貼り付けました。
 方向幕の準備工事は、車体の方向幕の穴をエポキシパテで埋めた上から、TAVASAの方向幕パーツを塗装したものを貼り付けました。併せて、ガラス側の方向幕表現を切り落としています。
 TOMIXの115系は、妻板の表現が115系1000番台に合わせられて共用化されているので、2000番台では存在する風道が存在しません。このため、トレジャータウンの113,115系用風道パーツを追加し、関連して手すりも追加しました。手すりは、検査標記のインレタの転写の後に穴あけと接着をしました。ちなみに、KATO製品の方は113系2000番台の方に標準化されているので、以前の製品では115系1000番台も妻板に風道の表現がありました(雪切室とMG風道はプリント表現)。
 以前の115系長野色C編成の製作の時にも紹介しましたが、TOMIXの製品は、115系のなかでも屋根が塗り屋根になった末期型になっているので、クーラー脇のランボードの肩が斜めになっているのとともに妻板上辺のキャンバス押さえが省略されています。長野色の時はトレジャータウンのパーツが間に合わず、工作を後日に回したのですが、今回の工作ではパーツが調達できたので、キャンバスさえをつい生かしました。
 写真上は、登場時のMc-M'-Tc-Tc'の編成、中央はTc-Mc-M'-Tc'に変更された後の編成で、車号はクモハ115-2006―モハ114-2606―クハ115-2127―クハ115-2027にしました。インレタは製品のものは使わず、くろま屋の製品とトレジャータウンの製品を使っています。

 クモユニ143は鉄道コレクション第20弾の製品です。発売当時に速報しましたが、今回115系と併せて加工しました。
 製品は、帯の色が黄色みが強かったので塗装を落として全塗装をし直しました。帯はトレジャータウンのクリーム色10号帯のインレタを使いました。併せて手すりの全別パーツ化を行っています。
 床下機器は、発売当時の報告のように、クモヤ145の床下機器で標準化されています。クモユニ143用の床下機器は、最近になって3Dプリンターの製品が発売され、これを購入してはいるのですが、表面処理の技術をまだ持っていないため、とりあえず製品のクモヤ145用の機器をそのまま使っています。連結器はTOMIX TNカプラーを装備し、スカートをTNカプラーに合わせて削り込みました。標記はTAVASAのインレタで、車号はクモユニ143-4としました。
 写真下がクモユニ143を連結した編成です。身延線ではクモユニ143は偶数側に連結されており、パンタ側が前になっていたのに対し、飯田線ではクモユニ147は奇数側に連結されて、パンタ側が中間封入されていました。旧型国電時代の荷物車の向き(偶数向きの身延線のクモハユニ44と、奇数向きの飯田線のクハユニ56)をそのまま継承しています。
 
 
》記事一覧表示

新着順:64/2434 《前のページ | 次のページ》
/2434