teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


今年の永源寺

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年11月16日(木)17時56分39秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  去年のイメージが忘れられなくて、今年も行ってきました。
全体的にはまだちょっとの感がありましたが入口の紅葉の
赤はやはり抜群。ちょうどいいタイミングだった。

帰りには奥久慈リンゴ「新世界」を買ってきました。
帰って来てから食したがまあまあか。。。

昨日家内が友達と行ってきたが、ちょっと遅かったと言っていました。

このタイミングを見図るのは難しいね。。。

上:永源寺入口の紅葉
中:私
下:奥久慈リンゴ「新世界」
 
 

永源寺

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年11月 3日(金)17時40分50秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  永源寺は1446(文安3)年に創建された曹洞宗の寺院で、通称「もみじ寺」。
JR水郡線の常陸大子駅から徒歩約10分の高台にある。

私は昨年11月20日頃ここの紅葉を見に行ってきた。周りからもう遅い
と言われましたが、写真を見てとにかく「この目で見たい」衝動にかられました。

この日は小雨が降っており、これがまたしっとりとした趣がありました。
皆さんが永源寺のもみじを見に行く場合見ごろは11月中旬。

ホームページに見ごろ情報が書かれているので、確認してから出かけた方が良いでしょう。
ここは曹洞宗のお寺で、お地蔵さんもたくさんあります。
紅葉とお地蔵さんのコラボがまた良いです。とにかくモミジの「赤」がきれいです。

帰りには奥久慈のリンゴをお土産に!

上:永源寺入口
中:道端のかわいいお地蔵さん
下:小雨で道路に貼りついた落ち葉がまた良い
 

裕次郎さんの愛車を遺すための支援金

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年11月 3日(金)17時19分19秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  今日の文化の日、「石原裕次郎さんの愛車、ロールスロイスを遺す
支援金」がついに目標の300万円を突破したようです。

この種のインターネット上で寄付金を募集する方法、
クラウドファンディングは『ふるさと納税』対象事業で今後いろいろな
事業での資金集めに利用されてくると思います。
 

那珂湊

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年11月 1日(水)17時08分3秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  久し振りに那珂湊市場に行ってきた。お客さんはまばらな感じ。
今日のお目当ては「生シラス」。先日もポン酢にワサビで食したが
何とも言えないおいしさだったので病みつきになってしまった。

途中生カキを2個購入その場で食べたがこれもまた美味しかった。

鯖のみりん干しを売っている店で、日本人ではなさそうな女性店員に
日本語で話しかけたが、やはり通じなかった。試しに中国語で話してみた。
「どこから来たの?」そしたら「中国」と答えてきた。
すかさず「中国ののどこから?」と中国語で聞いたら、中国語で
「あなたは日本人ですか?」と聞かれた。しばらくその女性と話していたら
その店の社長らしき人が「中国語はどこで覚えたの?」としきりに感心していた。

この女性も久し振りに中国語話したようでうれしそうな顔をしていた。

自分でもまだまだ話せるとは思っている。なぜか中国語は忘れない。
この辺の小売業では日本人は集まらないのでしょう。
明後日から三日連休、天気も安定してきたので忙しくなりそうだ。

上:那珂湊 ヤマサ水産の前
下:美味かったカキ
 

裕次郎さんの愛車を遺すための支援金

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年10月29日(日)17時59分11秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  先日も皆さんに紹介した件、当初目標の300万円に対して
98.5%の295万円集まっているようです。この分だと
何とかなりそうですね! まだはやですがちょっと気になっていましたので。。。

https://www.furusato-tax.jp/gcf/195
 

素晴らしい朝

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年10月29日(日)17時46分10秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  台風21号の後は毎日青空が続くと思いきや本当に天気が
良かったのは先週の金曜日だけでした。この日は久し振りに
朝リングに挑戦しました。天気の良い朝は本当に気持ちが良い。

家にいるとなかなか見れない、太陽が昇る瞬間をみました。


上:5時52分
中:6時4分
下:6時5分、あっという間でした。
 

山形さん、元気です。

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年10月29日(日)17時34分6秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  先日、山形(哲治)さんと一杯やりました。
山形さんは、現在テクノセンターでコーディネーターを
していますが、かれこれ7年くらいになるでしょうか?

今は水戸市役所の要請でテクノセンターに所属しながら
水戸市内中小企業を巡回、企業さんの支援をしています。

このように時々会って情報交換をしています。
 

那珂川に架かる橋

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年10月19日(木)15時09分41秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用 編集済
  那珂川には大変美しい橋がいくつも架かっている。
私のサイクリングコースに内にある橋の早朝写真
をご紹介いたします。

上:千歳橋 国田大橋に向かっていくとき(車は釣り人さんの車)
中:帰りに見る千歳橋
下:よろず橋(万代橋とも書きます)

ところで掲示板の写真はクリックすると大きくなるのは知っていますか?

 

冷え込んだ朝、川霧と白露

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年10月19日(木)14時31分2秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用 編集済
  秋雨前線の影響でこのところの雨には全く閉口する。
夏場には朝早く起きて那珂川沿いをサイクリングしたものだ。
さすが今頃の寒さではちょっと厳しいかもしれない。
夕方、雨もやんで、西側の空が明るくなってきた。
よし明日は天気になりそうなので、早朝サイクリングに挑戦しよう!

今日は10月18日、5時半に起きて準備にかかった。
久しぶりに良い天気になりそうだ。辺りはまだ真っ暗。
かなり冷え込んでいるので冬用ジャケットを着用し、防寒はばっちり。

那珂川沿いコースは大きな橋では水府橋、よろず橋、千歳橋、を
横切って国田大橋までの往復約25km。

今日は晴れる兆候か、周りは朝霧で真っ白。国田大橋に着いた頃は
辺りもよく見えるようになってきた。
この時期、「日の出」時間は5:45頃と思う。

このサイクリング道路は多くの人が早朝散歩をしている。
ワンちゃんと一緒の散歩組も多い。朝の挨拶かわすお馴染さんだ。

帰りのコースでは霧も晴れ上がり、那珂川もよく見える。
川から水蒸気のようなものが上がっているのがよく分かる。「川霧」だ。
6時頃朝日は進行方向真正面に上がってくる。

道路沿いの野草に朝露が朝日に輝いて花が咲いているように見える。
この現象は「白露」というのが後から分かった。
出掛けは本当に寒かったが、帰ってきたら汗でびっしょり。
良い運動だった。

写真説明
上:行き、左手に那珂川、川霧が出ている
中:帰り6時頃、太陽が真正面に見える。那珂川は右手。
下:白く輝いているのが朝日に輝いて見える野草に溜まった朝露(白露ともいうらしい)



 

裕次郎記念館閉館

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年10月12日(木)05時05分44秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用 編集済
  石原裕次郎さんが幼少期に過ごした「小樽」。平成3年に開館した
石原裕次郎記念館が今年の8月末に閉館したことは皆さん
ご存知のことと思います。私も小樽に帰るたびには立ち寄ったものです。

石原裕次郎記念館では、裕次郎さんの思い出の品々を公開しておりましたが、
それらの展示品の中から、この度、石原裕次郎さんの愛車である
「ロールスロイス」を小樽市に寄贈することになったそうです。

小樽市は、石原裕次郎さんの愛車「ロールスロイス」を
小樽市総合博物館自動車展示館に展示したいと考えておりますが、
現在の設備では保存状態を維持していくことが困難で
適切な環境で保存をし末永く展示するため、自動車展示館内に
「適正な空調管理が可能なガラス張りの個別展示室」を作ることになりましたが
その設備に850万円の費用が必要らしい。

そこで、全国の石原裕次郎ファンに、この愛車を大切に保存し、
展示を継続していくための設備費の一部として、300万円の御支援をお願いしていました。

私の姪っ子が小樽市役所に勤務していることから、先日小樽へ行った時に
この話を聞き、早速ホームページから寄付をした次第。
今度小樽へ行くのが楽しみです。無料の観覧券がもらえるらしい。

小樽に関係ない人には興味はない話かもしれませんね。

詳しくはhttps://www.furusato-tax.jp/gcf/195
 

なんと美しい鳴門海峡潮流

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年10月 4日(水)09時15分28秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用 編集済
  鳴門の渦潮は、瀬戸内海と紀伊水道の干満差により、激しい潮流が発生する
ことによりできる「自然現象」です。

鳴門海峡にかかる「大鳴門橋」橋桁内に作られた、海上遊歩道「渦の道」床の
ガラス窓を通してこの「潮流」が海面から45mの高さで見ることができます。
この潮の流れはまるで川のようにも見えます。

動画を撮ってきましたので、皆さんにご紹介します。
掲示板用に動画変換しているので多少画質が悪くなっています。

原画を見ると吸い込まれそうな感じになります。



写真は
上:「渦の道」、海上遊歩道で
下:この写真でも潮の流れがよく見えます。波立っているのが潮流です。

渦潮の始まり、動画です
 

そして神戸

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年10月 2日(月)22時27分21秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  先日、飲み仲間の二川原さん、山本さんと一緒に神戸に一泊。到着日以降あとは
それぞれ別行動という旅をしました。宿泊は神戸垂水区にある「シーサイドホテル
舞子ビラ」。私は鳴門の渦潮見学。二川原さんは神戸市内観光後、翌日からは
四国高松へ。山本さんは神戸市内観光後翌日から3週間のお遍路さん。

さて私の渦潮見学、到着日は生憎の大雨、この中を「うずしお汽船」に乗り渦潮
見学。とにかくすごい雨の中、懸命にシャッターを切りました。

しかしながらどうしても青空の下での渦潮が見たく、翌日予定を変更して
また渦潮見学に、リベンジです。

この日はまた最高の天気でした。思ったような写真も撮れて満足でした。
それにしても渦潮もすごいけど、鳴門大橋を船に乗って下から見上げると
こんな橋、良く作ったもんだと感心するばかり。

写真上:ホテル前で3人
写真中:1日目「うずしお汽船」のデッキで、
写真下:鳴門公園口にある展望台から鳴門大橋を見る
 

久慈川サイクリングコース

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年 9月24日(日)15時58分38秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用 編集済
  普段は早朝サイクリングで自宅から那珂川沿いに常磐道の
国田大橋まで往復25kmを2時間位で往復します。
このコースには「水府橋」「よろず橋」「千歳橋」「国田大橋」
というでかい橋がかかっています。

今日は久しぶりに日中の暑い時間帯に久慈大橋までは
愛車ダイハツムーブに自転車積み込み久慈川沿いサイクリングを
楽しみました。

久慈川には2つの大きな川が合流しています。その一つが
「里川」でもう一つが「山田川」です。

初心者は途中でつい里川沿いに進んでしまいます。これは要注意。
里川をまたいで久慈川沿いに入るには「新落合橋」という木造の「橋」を
渡ります。小型自動車がやっと通れるくらいの幅で、自転車で渡るのも
最初は怖い。なぜなら写真のように、いわゆる「橋の欄干」がない。

この橋、というかこの辺の橋は過去何回も、大雨時に橋が流された経緯がある。
従い、なるべく上流からの木材やゴミが引っ掛からないような工夫がされている。
補修も簡単にできるようになっている。人間の過去からの知恵と工夫でしょう。

この先、新幸久大橋とJR水郡線鉄橋下をくぐり今度は山田川沿いに進みます。
私はいつも永代橋の先にある「くすりや橋」という面白い名前の橋を渡り
常陸太田市の「常井(ときい)大橋」に向かいます。

この辺には以前企業訪問で訪れた「(有)廣木精機製作所」や「慶和精密株式会社」
などの企業がすぐ近くにあります。

久慈大橋から片道約1時間。サイクリング道路沿いの田んぼは既に稲刈りも終え
土手には彼岸花が一杯でした。

写真
上:久慈川サイクリングコースの案内
中:木造の新落合橋
下常陸太田の「常井大橋」
 

名門小樽カントリークラブ

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年 9月19日(火)21時23分51秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用 編集済
  北海道にある名門ゴルフコース「小樽カントリークラブ 新コース」は
数多くのプロの試合が行われているので、ゴルフファンの知るところです。
この「小樽カントリークラブ」は小樽市銭函町にあり、私はここ銭函
中学校の卒業です。先日この中学校の同期会があり5年ぶりでの出席。

私が大学生時代、夏休みにはこのゴルフ場でキャディのアルバイトをしていました。
と言ってもその当時のコースは今では「小樽カントリークラブ 旧コース」
という名前に変わっており、プロの試合はここから2kmほど札幌寄りの
新コースで行われます。

今回はレンタカーを借り時間もあったことから昔の思い出を散策、両方の
ゴルフ場に行ってきました。旧コースはイギリスのLinx(リンクス)に似た
海岸沿いの風の強いコースです。新コ-スは海岸より若干陸地に位置し
林に囲まれた素晴らしいコースです。

新コースは会員制で一般の人は旧コースでのプレーが可能と言っていました。
私のゴルフマナーの原点はここでのキャディのアルバイトでした。
今から50年くらい前の話です。大変懐かしい場所と「仲間」に会って来ました。

写真
上:小樽カントリークラブ 旧コースクラブハウス前で(クラブハウスは改修されていました)
中:新コース入り口のモニュメント
下:クラブハウス内受付、事務員のお嬢さんに撮ってもらいました
 

喜多方ラーメン水戸東店

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年 9月19日(火)15時39分36秒 i223-217-58-219.s41.a008.ap.plala.or.jp
返信・引用 編集済
  会津地方へ旅行すると決まって喜多方に立ち寄り「喜多方ラーメン」を食す。
それもわざわざ長蛇の列の「坂内(ばんない)」へ。この喜多方ラーメン「坂内」
が水戸にやってきたのは昨年の10月頃。

先日大洗方面に仕事で出かけた帰りに立ち寄ってみた。お昼も過ぎた頃で
混雑はなかった。店は新しく、従業員も6,7人いる様だった。喜多方で
追っかけられるように食べるのとは違い、ゆっくり味わうことができた。
やっぱりうまい!

是非一度ゆったりした気分で「坂内」を味わってみて下さい。

写真上から
上:外観
中:店内
下:喜多方ラーメン

以下お店の紹介です。
【『喜多方ラーメン坂内 水戸東店』店舗概要】
店舗名 : 喜多方ラーメン坂内 水戸東店
開店日 : 2016年10月15日(土)
所在地 : 茨城県水戸市谷田町969番地
席数  : 32席
営業時間: 10月28日(金)まで…平日・土日祝/11:00~21:30
      10月29日(土)から…    平日/11:00~23:00
                  土日祝/11:00~22:00
定休日 : 年中無休

http://ban-nai.com/store_page/b82/b82index.htm

 

珍客

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年 9月 6日(水)21時21分21秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  今日、東海工場基板職場で活躍していた「吉本」さんが
ひょっこりテクノを訪問してきた。私も顔を出していたので
出勤していた「鈴木貞明」さんと「江間祐司」さんも呼んで
早速昔話。今だれがどうしているなど、仲間の消息が少しは
分かってくる。吉本さんも本当に元気そうだった。
 

ねぶたの音と映像を少々

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年 9月 5日(火)07時14分20秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  夜空に響き渡る大太鼓の音、リズミかるな「かね」の音、ご笑納ください。  

東北3大祭り

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年 9月 3日(日)17時20分5秒 KD121111101081.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  8月の初旬、5日から7日にかけて東北3大祭りに行ってきました。
秋田の「竿燈まつり」、青森の「ねぶた」、仙台の「七夕」。
この頃、関東地方は毎日が涼しすぎるくらいの天気でしたが
秋田、青森は夏真っ盛りでした。

まつりは何といっても青森のねぶたです。これで2回目ですが
あの夜空に響き渡る大太鼓の音、リズミかるな「かね」の音は
病みつきになります。

上:今年のねぶた大賞の「紅葉狩」
中:仙台七夕
下:秋田竿燈祭り
 

田中 智さんのこと

 投稿者:笹原 捷男  投稿日:2017年 8月24日(木)12時31分41秒 i223-217-58-219.s41.a008.ap.plala.or.jp
返信・引用
  太田さんと同じように私も新聞を見ました。何人かの人に確認しましたが
良く分かりませんでした。最後に「早川哲夫」さんに確認しやっぱりあの
田中さんだたと分かりました。21日の夕方の通夜に参列しました。

田中さんと一緒に仕事をしたのは「中建部」時代。その後私はイギリスへ
田中さんはその後は多賀工場へ転属になったようです。通夜には多賀工場
時代の友人が多く来てくれていました。

奥様に会いました。脳梗塞で倒れてから20年間いろいろな病院にお世話
になったことを聞きました。一時は元気にもなったようです。

祭壇の写真はしばらく会ってないこともあり最初はよく認識できません
でしたがずーっとみていると昔の田中さんになってきました。笑うと目が細くなり、
くしゃくしゃの顔、思い出します。

ご冥福をお祈りします。


 

田中 智さんを偲んで

 投稿者:太田 要  投稿日:2017年 8月21日(月)14時54分17秒 KHP125048003133.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  19日の新聞の茨城版で田中 智さんの訃報がありました。
72歳、ひたちなか市津田在住とあり、元工具設計の田中さんで間違いないと思います。
告別式は明日22日13時、富士祭典セレモニア富士勝田稲田館、喪主は妻美紀子さんです。

私とは仕事上の接点が無かったのですが、かつて工場山岳部の先輩でした。
多分安達太良山か八ヶ岳の山行でご一緒しています。
今脳裏に浮かぶのは穏やかで優しい笑顔ばかりです。

合掌。

 

レンタル掲示板
/13