teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


摩天狼の歴史 4

 投稿者:小川  投稿日:2013年 4月 2日(火)16時38分26秒
返信・引用
  88年のケンウッドカップ参戦でいい走りをした。ハワイ州一周レースで次回の展望が見えた様だ、世の中の景気もバブルの最中、オーナーのS氏も株の売買から不動産に転向、日本中の不動産が高騰、海外まで買い占める企業も多かった、私もハワイ島の不動産も少し扱っていたが、仕入れて帰った来ると即売、その頃は度々ハワイ島に、1日は物件探し、1日はトローリング、1日は観光、その頃次のS氏の計画が進行。その頃造船技術も格段の進化、カーボンファイバーの素材が採用され始めた。
日本のアメリカズカップの参戦でデザインも研究され、Y氏もそのチーフデザイナーであった。
30フィートの試作の後、以前の艇とは格段に軽量化された40フィートの船体も完成、完全なレース仕様のワントン艇が完成、それは90年の5月頃であった、乗り手はレギュラーでは全く間に合わず、縁あってニュージーランドの優秀な人達、ウィットブレッド世界1周レースで各レグでの完全優勝艇のスタインラガー2のトムドットソン率いるメンバーに乗ってもらえる事になった。当時のスタインラガー2の艇長のピーターブレイクはイギリス女王からサーの称号を与えられている。
そんな事で前回の88年の時の優勝艇アメリカ艇のブラブーラと戦う事になった、
日本の景気も良い時で日本からはワントン艇(40フィート)他が計17はい参加した時代でもある。船価もワントンクラスで約1億円 ツートンで2~3億以上中には船体もチタン製の大型艇も、その中で摩天狼だけが日本人のY氏の設計で日本の坪井ヨットで建造された艇であった。
其の事はY氏のブログにも記載されている、そして結果は最後に50F艇と同点であったがルールにより、小型の方が個別の総合優勝になる事が出来た。その最後のカウラロック回航のロングレースにもオーナー代理で乗っていた。思い出に残るレースであった。
その後の国内レースに於いてもニュージーランドからのキュイクルーを20人以上も招き盛んな全日本選手権も行われた、摩天狼も一部不具合で艇を直しに坪井ヨットに艇を回航治す事もあった、全日本レースでは少しキールが重く艇足が伸びず優勝には至らなかった、
その後オーナーのS氏が93年に亡くなり、私もレースから少し離れていた。
そして私はボート遊び、カジキ釣りのトローリングを始めていた。
摩天狼 の歴史5は現在の艇 シーム33の艇の建造の話としたい。
 
 

Re:魔天狼・・

 投稿者:umintyu@yahagi^^♪  投稿日:2012年12月 4日(火)18時55分49秒
返信・引用
  小川さん

摩天狼の赫々たる歴史のご紹介ありがとうございました。”摩天”の名の由縁がそういうこととは知りませんでした・・。
~次回No.4を期待しています。

今度は写真等もアップしていただけるとさらに素晴しいものになりますね~~。
~先代のマテン艇とかその当時の様子とか・・、ぜひ!に♪
 

摩天狼の歴史 3、新艇建造

 投稿者:ひろちゃん  投稿日:2012年12月 3日(月)17時23分41秒
返信・引用
  摩天狼の名前の由来は相棒であったサラリーマンの鏡の様な故杉山直行が33フィートの艇を作った時から知っている、その以前に江ノ島に25フィート出来て、隣に置いて行った事はさほど艇名までは覚えていない。当方の艇も25フィートで「どんぶら」と称していた、波のまにまにの「どんぶら」であった。杉山氏の顔は濃い眉毛と日に焼けた黒い顔で少し狼の風貌もあった。摩天とは父の名前で(クリスチャンネームのマーティンルーターから付けられたと聞かされていた)もあり大変に気に入っていた。新艇を作った時にはスピンには大きく黒い狼マークを描いていた。、話しは前後するが。二回目に偶然出会ったのが、横浜市民ハーバー「岡本造船」で友人艇の船底掃除を手伝っていた時である。その後その艇に乗る事になり、相模湾の定期的な練習レース「STC」に参加する様になり、腰の軽い艇で、微風時に良い走りをする事もあり、レース参加への意欲も出てきました、33フィートが意外と物足りなく、腰の弱さもあり、少し安定した中古艇の36フィーっトのレース艇「kiki」を購入、白いハルも赤くなり、少し大きくなりました。はじめはこんなに大きいの操船できるかなという不安も有りましたが、乗って30分ほどで慣れました。やがて係留場所も江ノ島の南岸壁に収まり、。乗るようになりました。
初めての鳥羽レースの参加もこの艇でした。大島沖でなぎに捕まり、1日、バッテリー上がりでエンジンが回せず、エンジンボックスを建築家と医者で解体、要約クランクで回したことも。矢張り新艇との違い各部も老化、景気も少し良くなりかけ、株の売買から不動産関係にシフト、株で儲けるのは何かおかしいと。バブルの時代が始まり、不動産の動きが活発に。
そんな中96年に新艇の40フィート横山氏の設計、この艇はレースに出れる仕様ではあったが、豪華な内装とレイアウトで、前後方向に大きなフレームも入り剛性も高めていました。
マストステップに油圧ジャッキを設置、各ステーのテンションを締める方式でした。
この艇では、セールを買いに香港のニールプライドの工場等訪問、また国内の多くのメーカーからセールの購入、メーカーの良し悪しが判る様に成りました、
この艇で88年のハワイでのケンウッドカップ参戦となりました。不要部分をすべて取り外し、軽量化。メンバーも掻き集めでしたが若さあふれる楽しい時代でした。
宿もスポンサーのレイトンハウスから借り、ついでに靴も、Tシャツ等も、食事も念願のアメリカですので度々庭でステーキのバーベキュー、日本食を食いたいなどの贅沢は言わせなかった。スープ類は毎日の継ぎ足しで味も段々良くなるとか。
このレースで今でも残念に思っているのががハワイ州1周レースのロングレースに乗らなかったことである、クルーの社員に1ヶ月以上の休みとボーナスを出し、自分が乗らなかった事である。もう一度気的な良い海で走ろうと思っている。、
次回 第4話 は90年ケンウッドカップ参戦から 現在の艇に至る話し。
 

摩天狼の歴史 2、現在の艇の建造

 投稿者:ひろちゃん  投稿日:2012年11月 6日(火)11時08分4秒
返信・引用
  現在の艇の建造計画 2000年まで現在の係留場所に置いてあった横山の26f(28F)船名ドンブラも建造から10年、良く乗っていた基本の型式はオークレット26であったが腰も強くマストを1M伸ばし、特殊仕様とし、30フィーっト艇と競争もでき、ハンドリングも良く、全体のレイアウトも良かった。
しかし、STC(相模湾のトレーニングソサエティー?)では何時も後ろの方であった。ワントン艇の時は、前に何もいなかった事もしばしば、マークを探すのに苦労していました。
全日本のミニトンレースに入れてもらい参加、ハンデキャップで、相当前を走らないと、レーティングで結果後ろの方、
そんなこともあり、94年頃、相棒でもあった摩天狼のオーナー杉山氏が死去、ヨットから少し離れ、付き合いで購入した、ボート「センチュリィー33」を持ったが、大島に行く程度、余りする事も無く、整備調整ばかり、エンジンも小さく、重量は7トンは有った。スピードも20ノットオーバー位、これがマテンロー6世、その後いいボートに乗ってみたく、クルー募集のカジキ釣りのボート「ブラックフィン33」カレラⅢ に乗せてもらう事になった。
これは大変な名艇で、荒天性能も抜群で、重量10トン近くスピードも30ノット以上にも、この艇の奴隷頭として、毎週近く、新島沖から、三宅島の三本当たりのポイントめがけ、トローリングの腕を磨いた。
下田のビルフィッシュトーナメント、また、ハワイ島のトーナメントに出たいと云いながら。しかし突然オーナーの事情により、艇は出なくなった、其れは98年頃であった。
ドンブラでは十分に乗ったので、次の艇を模索、手ごろなサイズ33フィートの輸入艇、ヤマハの33、気に入る物は無かった、希望を叶えるには新艇の建造しかなかった。横山一郎氏に
相談、線型(ハルデザイン)の計画、水線長は長く、最大デッキ幅は広く、コックピットは広く、丈夫な船体で沖縄レースにも出れる仕様、無風時の機走は7ノット以上、荒天の風上向でも3ノット位は欲しい、トルクの確保、クルージング時の海水利用、清水タンクも大きく
燃料タンクも、3GMなので大きく、建造費は安く、しかしクラブレースでも上位に入れる性能、そんな難題を一つ一つ一郎さんと解決しながら設計に反映した。
ハルは、本型で、自分の希望は他のオーナーの希望する事であると、そんな話しの中、横山30所有の江ノ島のアリアドネも新艇の話し、はじめに2艇の注文が出せるようになった、当然造船所は坪井ヨット、何回かマテンローを建造しているので最高の技術もあり、良く通った所である。設計図から、各部の仕様、明細に納得できる形で建造されていった。

次回歴史 3は建造のコンセプト仕様、建造から、全日本の参加結果まで。
 

摩天狼の歴史 1.10年目

 投稿者:ひろちゃん  投稿日:2012年 7月27日(金)17時47分16秒
返信・引用
  今年で今の艇も10年を迎える、パートナーの入江が、相当の負担でオーバーホール、全面リニューアルを行った。
まず、リギン関係、マストとリギンのチェック、マストは電蝕も少なく、異状なし、グルーブの付け替え、スプレッダーは接触部分の電蝕部分もあり付け根の金具は交換、ボールトの交換、マストトップの風見、金具は交換、
特にこだわりが有ったのが、メインハリの飛んだ時の対応策、ホールディングタイプのステップを上部に取り付け、自力でトップまで作業が出来る様に成った。
メインセールは新調と同時にリーフシステムも。シートをコックピットで引くだけで、1ポイントリーフが可能、これは優れもの。
ジブセールもテープタイプのスマートなファーラー装置付きで、レーシングセールのりカットで良いカーブが使える、セールの交換も可能である。

また、ショートハンド様に、オートパイロットの取り付けも。
これら、すべて、設計者の横山氏指導の下、一緒に作業。

エンジンは私が丁寧に点検、防食亜鉛がどうしても外せず、道具を持っている造船所に依頼。無事交換を終えた、

その前に、船底の塗り替え、丁寧なサンディンをし、塗り替えを行った。
5月の連休に式根島に行ったが、一段と艇が軽く感じられた。
しばらく、安心して、レース、クルージングも可能な完璧な状態になった。
写真は 本記事とは別で 第1回の東京ズカップの大きなポスターになった
90年のハワイでのケンウッドカップ「摩天狼」が総合優勝時の栄光のシーンの写真。後ろが88年の優勝艇ブラブーラとの競り合いのシーンです、4時間の競争で1分程度の差でした。
 

寒中なんとか

 投稿者:入江  投稿日:2012年 2月17日(金)21時27分2秒
返信・引用
  しかし、今年はなかなか春になりませんね。この週末は5度目の寒波らしいです。寒いほうが天候が安定していて乗りやすいのですが、なにせこの時期は土日仕事が混んでいます。当初、空いているとと思った今週末も土日出づっぱりで、来週の25-26日もそうです。矢萩さん、残念ですが、この時期にはしっかりと家の用のかため打ちということでお願いします。わたしは来週のレースはだめですが、もし、26日空いているのならまあアスナロでという手もあります。アスナロは多分出るでしょう。
というわけで、いまはせっせと仕事をしてなんとか3月1日からの上架期間は空けようという算段です。
今年の摩天狼は上架後のnew sailとジブファーラーで何回クルージングができるかに期待していてください。
 

2012年江の島YCクルーザーレース日程♪

 投稿者:umintyu@YAHAGI~~♪  投稿日:2012年 2月 6日(月)00時27分6秒
返信・引用 編集済
  「2012年江の島YCクルーザーレース日程」

(実施日)    (レース名)     (幹事艇)
1月29日 (日)   NEW YEAR CUP /Oreos、摩天狼
2月26日(日) バレンタインカップ /Centro、アスナロ
3月18日(日) 春いちばんレース /Liberty、先鋒
4月14日(土)
 ~15日(日) ノルウェーF・Sヨットレース /EYC
5月13日(日) #5ポイントレース /アバロン、GreatPeople
6月17日(日) 江の島カップ /Ariadne、赤城
7月8日 (日) 江の島天王祭レース /PEANUTS、UrsaMajor
8月19日(日) 夏祭りレース /雪風、Hummingbird
9月8日 (土) 油壺・江の島対抗レース /EYC、AYC
9月23日(日) ネプチューンレース /BluePulsa、Spirit
10月20日(土) 秋の大漁レース /Omoo、Cadenza
11月11日(日) #12ポイントレース /Maupiti
12月9日(日) イルミネーションカップ /SeaHorseⅤ、MACHICO

今年は、13回全回!EYCレース参加を目指します。
目標!”無事これ名馬♪”、とにかくリタイアしない、年間を通じてのフル活動♪♪です。
~腰とどう折り合いを付けるか・・。
1/29あすなろ乗艇、で1回目クリア~~

(↓写真は、レース時のマテン艇)
 

Re:上架予定

 投稿者:umintyu@YAHAGI~~♪  投稿日:2012年 2月 5日(日)23時16分17秒
返信・引用
  入江さん、お世話様です、矢萩です。

上架の都合は今のところ、
> 3日(土曜) ×(めずらしく仕事)
> 4日(日曜) ○
> 10日(土曜)○
> 11日(日曜)△ 、です。

ときどき文字化けするようなので、念のためPCと携帯にも送ります、お手数ですがよろしくお願いします。


/文字化け・・、
携帯からはOKで私の自宅PC~入江さんの自宅PCのe-mailで文字化けが出たということは、マイPCのG-mailと入江さん使用のメーラーのエンコードの相性がよくない、いうことなのかも知れません。(以前は受け手の私のPCの方で化けてました。)
たまにのようなので、面倒ですが連絡は複数で取り合ってソフトハウスのデバックを待つしかないのかも知れません。

・・しかし、暗号化ソフトとしては完璧?すぎる文字化けですね~~;。
 

2012年~新春♪

 投稿者:umintyu@YAHAGI~~♪  投稿日:2012年 1月 5日(木)23時04分26秒
返信・引用
  ~ ” 新春 ” ♪♪~~

2011年は、日本にとってつらく悲しい年となってしまいました・・。

2012年は、希望の光が見えるよう・・、
皆さまにとって佳き年となるよう、こころよりお祈りいたします。

”無事これ名馬!”であった、
グッド・セーリングであった、・・と年の終りに言える1年であらんことを、こころより願うものです。

2012年 正月     矢 萩

(→ イラスト by 美大志望?の二女)
 

(続)おおつごもり・・、&江の島イルミ♪~2

 投稿者:umintyu@YAHAGI~~♪  投稿日:2011年12月31日(土)13時18分50秒
返信・引用
  入江さん、小川さん
~1年間お世話になり、ありがとうございました。

川端さん
~川端亭、いつもごちそう様です、感謝~~です。飲食とともにいろいろなお話が聞けるのが楽しみでMATENクルーの定番となりつつあります。
新春もまた寄らせていただきます~mm。

皆さま
~感謝~~感謝~~です、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

※写真は、江の島イルミの続き・・ですっ♪
 

おおつごもり・・、&江の島イルミ♪

 投稿者:umintyu@YAHAGI~~♪  投稿日:2011年12月31日(土)13時04分36秒
返信・引用
  ~いよいよ今年も終わり・・。

心身トラブルで特に夏以降後半はリタイア続きでヨットはまったくの不完全燃焼?、ご迷惑おかけし今年はまったく満足のいかない年となってしまいました。
とにかく来年は”無事、之名馬!”これしかないでしょう。
心身相整えリタイアせず通年ヨットに集中!、といきたいものです。
どうぞよろしくお願いいたします。

~皆さま、どうかよいお年をお迎えください~~~~♪


※写真は、12/24の乗り納め&江の島EYCのイルミ♪のアップ。(遅ればせながら~mm)
 

12/11(日)イルミネーション・カップ(その2)

 投稿者:umintyu@YAHAGI~~♪  投稿日:2011年12月26日(月)00時38分22秒
返信・引用
  写真の続き・・ですっ。

ヨット、風なさすぎで漂流中~~**;。(富士のお山は良く見えました~~。)
 

12/11(日)イルミネーション・カップ(その1)

 投稿者:umintyu@YAHAGI~~♪  投稿日:2011年12月25日(日)23時56分10秒
返信・引用
  遅ればせながらの12/11(日)のイルミネーション・カップ~江の島最終レース時の写真ですっ。

結果はノーレース?、風なさ過ぎのDENFでちょっと残念な最終レースでした。

 ↓↓
(写真)小川さんの写真に少々お色直し?を・・~~。(富士をバックに三勇士~小川さん、入江さん、千波さん)
 

11/23~江の島ポイントレース#12

 投稿者:umintyu@YAHAGI~~♪  投稿日:2011年11月28日(月)00時42分50秒
返信・引用 編集済
  (遅ればせながらの写真アップ~~;;ですっ。)

当方心身トラブリまくりで久々の江ノ島ヨットレース参加でした。
要経過観察中?の身としては、まぁまずまず(^з^)-☆・・。

微~中風のインディアンサマー=小春日和、風が落ちてレース短縮でスピン展開はならず。
~東海面展開の作戦はものの見事に外れ、最後の一手”神風”も吹かず・・で、成績はヒ・ミ・ツ??

しかしこの海んちゅ、スピンwkの練習がなかなかできません。実戦はたぶん6月以来とんっとご無沙汰、とくにダブルシートになってからは全くナッシングゥ~~**;
~スピンwkもできるようになってmatenrowに貢献したい気ありありなんですが・・、ままなりません。


(写真1)
千波さん、ワッチ~仁王立ち!??
(写真2)
MATENROWの長老?~3人衆
(写真3)
戦い終わって・・黄昏のEYCハーバー
 

もう師走

 投稿者:入江一憲メール  投稿日:2011年11月25日(金)22時14分22秒
返信・引用
  今年は3月の地震でマテンローも上架中止、その後の自粛とどうなるかと思いましたが、フタをあけてみるといろいろチャレンジしたような感じです。わたしひとりかもしれませんが、大島2回、下田、房総、三重、さらには中止になったダブルハンドとけっこう活動したような感じです。
今年もあと1ヵ月、ということは60まで4年、うーむ短い

というわけで元気のあるうちに使い勝手をよくして乗りまわすことを来年は考えています。
このところ穏やかに晴れますが、あいにく今週末は入試で行けません。
先週はひとりで行き、シングルハンド、あとファーラー、さらにはオーパイがあればなんのことはないところまで扱えるようになりました。川端スナックが営業していたのでちょっと一杯、脳細胞の弛緩しきった日曜を過ごしていました。

12月ですが、日曜仕事はもうなく、だいたい毎週行きます。4日は特にないが行く、11日は最終レース、18日も○、23日がソージとクリスマスパーティといったところでしょう。

いまからだと11日のレースに合わせてくれるとありがたいです。

それと小川さんとちょっと話したところでは、1月3-4日に天気を見極めて熱海あたりどうかなどと考えています。あくまで天気次第ですが。ずいぶん前に正月に同じようなことを考えて出て行ったところ、江ノ島の湾口までいって引き返したようなこともありました。まあ、これも自然相手ですので、あきらめが肝心です。

まずは上記の日程のお知らせまで。

http://(+α)、

 

13(日)はありがとうございました~~。

 投稿者:umintyu@YAHAGI~~♪  投稿日:2011年11月15日(火)02時25分52秒
返信・引用 編集済
  入江さん

13(日)はお世話様でした。とにもかくにも久々に乗れてホッとしています。
しかしスピン練習はまたまた出来ませんでした。記憶では6月のレースが最後、ダブルシートシステムではまだ本番は"未体験"、シュミレーションのみ・・。
スピンワークは出来るようになって役に立ちたい!とは思っているのですが・・、ままなりません~~;。

20(日)か23(祝)のどちらか参加したいです、もっとも天気と19(土)の"検査結果"次第ではありますが・・。(27(日)もOK~~です。)
~また連絡いたします~mm。

 

明日・・

 投稿者:umintyu@yahagi^^♪メール  投稿日:2011年11月 2日(水)09時23分25秒
返信・引用
  おはようございます、矢萩です。
皆さま、ご無沙汰ですがお元気でしょうか。当方、ヘルニアと不整脈とぼちぼち折り合いをつけて仲良く?やっています。

明日はまぁまぁ~の海日和のようですが、江の島に行かれる人はいませんでしょう
か、どなたか・・。
 

(無題)

 投稿者:太良木  投稿日:2011年10月29日(土)10時54分44秒
返信・引用
  皆さん
お疲れ様です。今日も仕事中です。
今は仕事が、充実しているのですが海に繰り出せないのが
ストレスになって来ていますね!なかなか入江さんの予定に合わせられず…。
またまた、寒い時期のセーリングになりそうですね!
 

日曜・・

 投稿者:umintyu@YAHAGI~~♪  投稿日:2011年10月28日(金)23時38分35秒
返信・引用 編集済
  私は、おかげ様でヘルニアと不整脈と仲良く?折り合ってやってます。

海もちょっとご無沙汰なので、今度の日曜は、天気次第ですが行きたいです。あまり行かないとヨット忘れてしまいそうでっ**;;・・。
~とにかく海風と潮のにおいを感じたいです。

風邪~治りかけですが、日曜にはまぁ~大丈夫でしょう。
~天気がどうか・・、また連絡します~mm。
 

11月はこんな感じ

 投稿者:入江一憲メール  投稿日:2011年10月27日(木)21時19分42秒
返信・引用
  みなさん元気でやっていますかね。
秋はいい時期ですが仕事のほうもいろいろあります。
今週ですが、3週ぶりにいきます。とくに行事はなく、のんびり過ごすつもりです。
11月は13日がひさびさのレース。その先は20日と23日です。
あいにく11月6日と27日はだめです。まあ月の半分というところでしょうか。
まずは体調管理ですかね。そういえば昨年のいまごろは風邪だったような。

http://(+α)、

 

レンタル掲示板
/7