teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


津田信貞(水戸系)

 投稿者:Tam  投稿日:2017年 3月26日(日)10時08分31秒
返信・引用
  津田信貞(水戸系大和流の祖)
「弓道範士中野慶吉」の中に下記の記事を見つけたので、メモしておきます。
 神永一郎家文書『大和流弓道相伝統系』には、「父ヲ及菴信親ト言  尾張ノ人ニシテ織田家ノ一族ナリ信貞香山ヲ師トシテ当流ノ射道ヲ学ビ印可相承ヲ得 延宝八年信一 (森川香山の長子)ヨリ秘隠唯授一人ノ伝ヲ伝へ五射六品悉ク伝授ス 貞享四年丁卯六月 射道ニ長ゼルヲ以テ義公ニ奉仕シ且神道ニモ長ゼルヲ以テ史館ニ勤メ神道集成ヲ校正ス」と記載されている。
津田家は、『寛政重修諸家譜』などから、織田の一門で滋賀県近江八幡市津田が水戸の津田家の出であることがわかる。津田信貞の父は休菴(及菴)信親で、祖父は信吉である。津田信吉は、織田信長の八男である。京都大徳寺総見院に「小白華院殿(津田信吉)」の画像が保存されている。この画像は、毎年十月十日に行なゎれる大徳寺の曝凉(史料の虫干し)に見ることができる。 曝凉品目解説には、「小白華院像織田信吉公(信長の第八男、末子)筆者不詳」と記してある。また、画像には、「元和元丁卯年四月十八日四十三歳蓋棺 法名小自華院雲殿道ト大禅定門織田武蔵守 従五位下平信吉」と添書きがある。水戸の津田家にも、この画像と同様のものがある。
 
 

Re: 2017

 投稿者:Tam  投稿日:2017年 1月18日(水)22時53分24秒
返信・引用
  > No.375[元記事へ]

ワカクワさん
お久しぶりです。私の市で全国勤労者大会、国体、ねんりんピックが開催されたために、ここ数年は現代弓道の世界にもどっていました。たまには鎧も着なくてはと、思い始めています。
勘十郎家が正月に放送されてましたね。
 

2017

 投稿者:ワカクワ  投稿日:2017年 1月 4日(水)18時43分33秒
返信・引用
  迎春

ここ数年はあまり弓に力が入らず、いろいろとさまよっております。折角の竹弓もほとんど稼働しておりません。今年はグラス弓を置いて、竹弓中心に戻したい今日この頃です。
 

「肥後射術日置流道雪派」宇野東風

 投稿者:Tam  投稿日:2016年12月24日(土)20時47分51秒
返信・引用 編集済
  弓道講座(旧版)第2巻に掲載されてる記事です。「時世により、あるいは諸流と混ざって正統の射法がが消えることを憂いて公表したと」書かれています。私に役立つ部分をメモることにします。

〇 足踏
〇 胴造
先ず膝詰めと腰詰をし、上体をその中央に据え、下腹に力をいれて、頭上より引き揚げるように垂直に立ち、すなわち竪一の形に立つ。
〇 弓構
押手で、本弭は膝頭に置いたまま、弓を我前方中央に寄せ、腰に置いていた勝手は、肱より引き上げ襟捌きをする。弓弦が襟に障らない要心だけでなく、肱を上げれば自然に肩根も上がり、打起こす時の肩のくつろぎにもなる。(乙矢の抜き方は省略)
左右両肱を張り、力まないように大木を抱くが如く少し丸くして、正面にて勝手を弦に取掛ける。
手の内とは弓の握り方で、押手で弓を少し左斜め方へ押除け、弓を持った押手の指を皆開いて、弓の内竹左角に虎口を当て(虎口の皮目は内に巻き込む様に)上押しにして、小指、無名指、高指と、下から段々に巻き上げて、高指で弓を握り、その高指の爪を大指で抑えるように握る。無名指と小指の先は、高指より出さず添え置いて固く握り締めない。人差指は弾いて、指先は曲げても伸べてもよい。・・・・
〇 打起
・・・押手の肩は下げて、少し前へ持ち出す心持で、勝手の肩は前に前に押出さず、少し上げるようにして、天衝く地着くの勢いを込め、両手で打上げる。勝手のひじと拳は水平、拳の高さは眉と髪の生際との中間の高さに止め、矢先が少し下がるようにし、ここで第二の澄しと目の息込(まばたき)をなす・・・・・
〇 引込
押手は肩をはめ上筋を押張り、大指の付根で弓を押して、肱を前方に捻る。これと同時に勝手は拳に少し捻りかけて引き、拳が耳を越すまでは高く虹形に、顔より遠くならないよう(面近くを)淀みなく、肱に力を入れて引下げ、拳が肩に納る時に矢を口割の高さに頬に付け、弦は胸に付ける。・・・・肱詰をなす。
〇 離
押手には弛みがなく、勝手は肘を詰めて、左右押引の間に、狙いは的の前から星に付け定まり、気合の満熟した時、五つの力(押手の力、勝手の力、目の力、下腹の力、心の力)の統合した時、胸にて押開き自然に放れるようにして、第三の澄をする・・・・
我が流派には「会」という項目はない。引込んで阿吽の息込みをし肱詰する時、自然に保になるのであり、その保は息込が満ちわたり、狙定まって発矢の機が熟す。
〇 残心
離れて弓が廻り、3寸位斜下に握納めるのが押手の残心の力。勝手は肘の引いた力で自然に開く、これは勝手の残心の力。矢の的中を見届けるのは目の残心の力。離れて全身微動だにしないのは下腹の残心の力。矢の命中を見届け、精気透徹して弓倒をなし、気が納まるのは心の残心の力である。
 

Re: 白バーガー!!!(角煮饅頭)

 投稿者:Tam  投稿日:2016年10月 1日(土)23時25分47秒
返信・引用
  > No.371[元記事へ]

こちらでは、大皿に盛られた豚の角煮を饅頭の皮で包んで食べるのですが、バーガーと云われるとまさにその通りですね。どちらもほっかほかで出てくるので、とても美味しく私も大好きです。「白バーガー」と名付ければアメリカでも売れそうですね。
 

白バーガー!!!

 投稿者:ワカクワ  投稿日:2016年 9月26日(月)02時19分53秒
返信・引用
  暦上は夏は終わって秋のはずですが、まるで梅雨のように雨が降り続いています。こちらはおよそ10日ぶりで太陽をみました。と言っても時折雲の隙間から見える程度。最後にまる1日晴れたのがいつだったか全然思い出せません。

たまに行く百貨店で九州展をやっていました(沖縄も含む)。お目当ては鹿児島の五郎家というラーメン屋さんだったんですが、他にもいろいろ出店したので思わず脇見。鹿児島の軽羹、沖縄のタコライスの素、ソーキスープの素なんかも購入。そして会場でちょうど蒸しあがったばかりの長崎の岩崎本舗の白バーガーを試食、これがおいしい~~~。思わず3つ即買い(現物は要冷凍)。1つが約600円でかのチェーン店だったらセットメニューが買える価格ですがここはやはり質が優先。現在家の冷凍室で食べられるのを待っております。他長崎からはカステラを販売するお店が3つくらい出ておりました。やはりちょっとお高い・・・。またの機会でしょうか。
 

Re: 地震

 投稿者:Tam  投稿日:2016年 4月20日(水)20時59分2秒
返信・引用
  > No.369[元記事へ]

ワカクワさんへのお返事です。

お見舞い有難うございます。
大きな揺れで不安を感じていましたが、家具等の倒壊はなく無事に過ごしています。熊本の方は家は壊れていなくても、室内は足の踏み場がない状況だそうです。
 

地震

 投稿者:ワカクワ  投稿日:2016年 4月14日(木)22時12分2秒
返信・引用
  熊本を中心に大きな地震がありました。皆様のご無事を祈るばかりです。  

早気の克服

 投稿者:Tam  投稿日:2016年 3月27日(日)12時53分21秒
返信・引用 編集済
  人之巻抄に書かれている記事です。松尾先生が出版された「大和流弓道天地人巻抄」が読みやすいので、入手したい方は先生に連絡してください。

我嫡子親忠ハ八歳ヨリ弓ヲ教ヘケルニ、的前、指矢前モ得心イタシ、指矢前ハ肩様(かただめし)ヲ一万弐千放シ、武蔵国浅草三十三間堂ニテ千射ヲシテ千発ニテ八百五拾七本ノ通矢ヲ射ル。的前ハ八寸ノ的ノ百射ヲシテ百発百中スル事三度ニ及ブ。然ル所ニ強弓ヲ好デ、八分ノ弓ヲ以テ的ヲ射ルニ、イツゾノホドニ早気ヅキテ、弱弓ニテモ的ヲ射ル事ナラズ。某ハ下野国烏山ト云所ニ居ル。親忠ハ江戸ニ居住スレバ、是ヲキイテ□ニ患ルトイヘドモ、心ニマカセザル所ニ某江戸詰ノ勤番ニアタル。之ニ依リ、参会シテ巻藁前ヲ見ルニ右ノ乳通マデ漸引テ放ス。弓ト矢ヲサシヲキ、ハヤケノナヲシ方一々ニノブルニ、某道理ハキコユレドモ、自ノ痾ヲナヲス事ナラズ。某曰ク、ハヤケハ早速ナヲルベシ。ナゲク事ナカレ。其方射術ノケイコノタラザルニモ非ズ。弓学ノオボツカナキコトモナシ。ハヤケノ付クベキヤウナケレドモ、強弓ヲコノンデ心力ヲ崩シ、気キヅンデ、弓ノ釣合ヲワスレ、弓ハ強シハヤク満テタモツ事ナラズ。其上ニアタリニツレテ的気ツキテ、ハヤケニナリタルモノナリト思フハイカニトイヘバ、親忠其ママ至極シテヲヲセキケラルル如ク弓ノ釣合ヲ打忘テ□モハヤ近日ニナヲシ申スベシ。コノナヲシカタハ、オボシメシノ通リヲ書付テ下サルベシ。私モ書付ヲ仕テ□ニヒラキミテ、其上ニセンギ可仕ト云フ。モツトモナル言分ナリトテ、タガヒニ書付ヲシテ開キミルニ父子ノナヲシカタ一致也。其ナヲシハ、初心ニカヘリテ、我力ヨリ少シヨワキ弓ヲ以テ素引ヲシテ、釣合ヲシリテ、延ニカカリテハナルル所ノ限リヲシル事ヲ一日ニ五百モ千モ致シタランニハ、ハヤケヤムベシト、タガヒニカキ付タリ。親忠感涙ヲ流、如此ニ道理ト云モノハ、タガワザルモノナリトテ、其日ヨリスビキシテハナルル所ノカギリヲ味テ、タチマチニ早気ヲナヲシ、マタ本ノ如クノ適中ヲイタセルナリ。大和流ヲ学ブモノハ、放ルル所ノ限ヲ素引シテヨク味テ知ベシ。是五射ヲ心ニ得ノ本也。
 

大和流弓海集(下巻) 目次

 投稿者:Tam  投稿日:2016年 2月17日(水)20時05分45秒
返信・引用
  梨子割                                                              1
朝嵐の放れ                                                          2
弓手脉所                                                            4
七道                                                                4
指矢弓の形象                                                        4
魔が入る                                                            4
流儀の格式                                                          6
道理は三国に同じ                                                    6
策の義                                                              6
大将鏑                                                              7
角弓ノ篇                                                            7
膠を献ず                                                            8
初学に帰る                                                          8
破佛心(はせつしん)                                              10
有無中道                                                          10
伀心(しょうしん)                                                11
西施(唐土第一の美人)                                            14
鎮西八郎為朝の矢ノ根                                              16
矢印の書様                                                        17
藁砧(こうちん)                                                  18
中和堂跡山子の蟇目                                                18
赤猫                                                              20
文盲の人                             20
落馬後の中和堂跡山先生                      21
弓に木竹合す                                                      25
雪の目付                             26
雪荷                               26
敬以直内義以方外                                                  28
弓の放れ                                                          28
中外此内にあり                              29
短冊簇箙                                                          29
町間の積もりを知る                                                31
調度                                                              31
鳥矢頭(とりじとう)                                              32
弓矢の軽重釣り合い                                                32
河伯神(かわなみしん)                                            33
狐筈                                                              34
犬追い物・笠掛け的                                                34
ナゲシにて弓張らぬ                                                34
如何に黄金を最上とするや                     35
鹿を解く、猪は焼剥                                                36
或弓書に曰く                                                      37
遠矢・様物(ためしもの)                                          38
雁股剣尻尖矢季節による                      38
蒐鳥は追様に射る                         38
船中にて弓射る                          38
様物射る                             38
具足の上を射る                          39
板を射る                             39
矢倉・カイ楯を射る                        39
楯裏から射る                           39
土矢間の事                            39
矢倉相矢間射様                          39
的ノ矢楯を良く抜く時                       39
矢打には耳か眼にて音を聞き足踏                  39
軍弓力三色                                                        40
弓の語源は                            40
序破急                              41
意心傳心                                                          42
独り燈の下に弓書をひろげて                    48


大和流弓道六品の掟 有似軒信一記之

弓箭不調・・・三術不可射事                     49
我慢外見を離れ・・・                        49
中者発にあり発者持満にあり・・・                                   50
射術癖を直す事                           51
射術事理共に不越品・・・・                     51
射礼は射者巧拙顕るる所                       51
御物射・笠駆・・・                         52
日之的・九眼的・・・・・                      52
柄平矢からみ・・                                                   52
弓法者重故実・・・                         52
神明弓一張弓・・・                                                 53
細工は文字の心にあり                                               53
挽目鳴弦の法術・・・                        53
                                          三木川有以軒信一在判

○ 大和流神明徳行之巻                                              54
                                              有以軒
                                                 森川彦左エ門尉信一記之
○ 許印可秘穏の弓書目録                                           55


○ 美人相伝傳来系図                                               61

 

レンタル掲示板
/36