teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


カーナビ

 投稿者:ビストロ  投稿日:2013年11月23日(土)21時48分25秒
返信・引用
  カーナビ付いていても遠出していないので、出番がないのが現状です。残念ながら。  
 

ナビ更新

 投稿者:とうない  投稿日:2013年10月 8日(火)19時09分16秒
返信・引用
  私の車はもう9年間乗った。
ナビは車を買った時の純正品が、時代遅れのDVDだったので、これは買わず、ポータブルタイプのSONY製HDDナビを買った。
しかし、既に9年間も経って、地図データも更新していない(高価なので)ので、新しい情報が表示されず残念な思いをすることもあった。
私の車は9年間も乗ったので、そろそろ買い替え時期かなとも思うが、私のライフスタイルではワンボックタイプしか、買い換えの対象にならないが、このタイプの車のまともなハイブリッド車は今現在存在せず、車更新のインパクトがない。
ナビは今のままでは困るので、更新することにした。
私のニーズに会う製品はパイオニアの製品だった。
取付に少しは不安があったが、ナビと自分の車に合う接続キットを購入した。
ナビ取付を業者に頼むと大体2万円位必要ならしいが、DIYでできると判断し、ナビと接続キットを購入した。
自分で取り付けるのは初めてだったが、フィルムアンテナ貼り付けから、電線引きまわしもなんとか終り、無事セッティング終了。
フィルムアンテナで地デジがきれいに受信できた。
今のナビは進化している。
渋滞情報、SDカードオーディオなどが利用できる。2年間も車に引き続き乗れば、新しい車にナビを移設することになると思う。

 

app inventor

 投稿者:とうない  投稿日:2013年 6月20日(木)19時21分0秒
返信・引用
  購入した本を読んでいくと、プログラミングをよりやさしくするため、プログラム言語は全く使わないで、ジグソ-パズルのように組み立てる appinventorなるものがあることが判る。
勉強用に猫の画像をクリックするとニアーと泣くものや簡単な占いのプログラムを作ってみた。
これを、タブレットに取りこんでみると、動きました。
しかし、解説のWebページは英語で記述されている。
日本語に翻訳できるが、返って判りににくくなる。

 

Andoroidプログラミング 1

 投稿者:とうない  投稿日:2013年 6月19日(水)10時40分38秒
返信・引用
  1年以上、この談話室は休眠状態。 また起きてみます。

この春にNexus7というAndoroidタブレットを購入した。通信モデルなのでどこでもメール・インターネットが使えて便利です。

Andoroidでは、アプリは掃いて捨てるほどあり、役立つアプリも多い。
あるところで、Yamanaviというアプリを知り、インストールしようとしたが、動かない。
なぜ?と思っても、Andoroidのアプリは大体、説明不足のものが多く、不明。
このアプリはカシミールで作成した地図を表示し、GPSで現在位置を表示するもの。
それほど、高機能ではない。

昔、やさしいプログラムは作ったことがあるので、これを機会にjavaとandoroidのプログラムを勉強してみる気になった。
習得したところで、役に立つことはそうなさそうだが、クイズで遊んでいるようなもので、頭の体操になる。

まずは、入門書を購入「はじめてのAndoroidプログラミング」という本を購入した。
全くの素人用なので、気楽に読める。

プログラム開発に必要なJDK,Eclipseなどをパソコンにインストールする。
オープンソースなので、費用はかからない。

 

新聞

 投稿者:くらい  投稿日:2013年 3月22日(金)17時37分51秒
返信・引用
  4月1日から朝日新聞がパソコンで見れます

http://うき

 

LANケーブル自作

 投稿者:とうない  投稿日:2012年 1月11日(水)18時47分42秒
返信・引用
  光回線を入れるのに伴い、自宅1階と2階の間にLANケーブルが必要になった。
それを見越して、一昨年前に自宅をリフォームした時、LANケーブルを敷設するよう工事業者に依頼していた。
光回線の工事に先立って、KDDIの事前調査があって、LANケーブルはすでに敷設されているからそれを使うということになったが、家の壁にあるLANケーブルを確認すると、確かにケーブルはあるのだが、コネクターがついていない。
壁にLANのメス側コネクターをつける必要がある。
KDDIの工事の人いわく、ケーブルにコネクターを付けるだけで1万円以上必要とのこと。
コネクターとはパソコンに差し込む角が生えたような小さな透明なもの。
あんなコネクターなんて1個100円もせず、圧着作業も10分もあればできるものだ。
(会社勤めをしていたとき、パソコンの工事担当の人が作業していたのをみたことがある)

壁付け用のコネクターを自分で付ける人はあまりいないと見えて、コネクターは近くの電気屋さんでは販売していない。
そこで通販で購入した。 今の世の中、レアーなものでも大抵のものは通販で買える。
便利なものだ。
LANケーブルの中に何本の電線が入っていてどのように接続するのか知らなかったが、下記のサイトで勉強する。
ケーブルの圧着には専用工具が必要で、これも通販で購入した。

http://lan-kouji.com/contents05/contents05-01.html

このサイトの説明を見ながらやってみた。
コネクターに8本の細い電線を入れるのに手間はかかるが、そんなに難しいものではなかった。
光回線導入後、自分で工事したケーブルを使ってちゃんとインターネットが使えた。

子供の頃から工作は好きな方なので、やってみて、知識が増えたし、費用もKDDIの人がいう1万円の半分程度でできた。
今後どんな長さのLANケーブルでも自作できるので自宅の機器の配線は最適な長さにしてすっきりとさせたい。

ということで、光回線工事で業者に支払う費用はなかった。

 

光回線

 投稿者:とうない  投稿日:2012年 1月 5日(木)21時09分59秒
返信・引用
  年末にインターネットの回線をADSLからau光に変えた。

通信速度はADSLの時で4Mbps位だったのが、光だと 上り:500Mbps 下り:125Mbpsと圧倒的に上がった。 確かに早くはなったが、数字の差ほど差はない。

通信速度だけ上がっても自分のPCや相手のサーバーの速度がこの速度に対応できないとそれほど速いとは実感できない。
でも確かに動きはキビキビしているように感じる。

ADSLの時は電話はNTTの普通の電話だったけど、光にしてからはKDDIのひかり電話に変更した。
携帯電話はauで、固定電話もKDDIの光ということで、通信はすべてKDDIにした。

利用料金は約¥6000/月、ADSLの時は電話代も含めて¥5500位だったので、少し利用料金は上がった。
しかし、光電話だとauの携帯電話の通話料金がすべて無料で、NTTの固定電話は全国どこにかけても約8円/3分間と通話料金は格段に下がった。

ADSL利用の時にインターネットの速度に不満があったわけではなかったが、光への切り替えは時代の流れですね。

 

windows7

 投稿者:とうない  投稿日:2011年12月30日(金)18時58分32秒
返信・引用
  私がよく使うDesktop PCは4年前に購入したVista機で、とても安定しており、Windows7への移行は希望していなかった。

だが、2012年4月にはVistaのサポートが終わり、セキュリティー面で安心できないので、やっとwindows7に移行することにした。

普通一般には、こんな場合、新しいPCを購入するのだろうが、Windowsだけ入れ替えることはできる。
まだ、このPCは古いとは言えないし、Windows7への移行に適したPCであるかどうか確認したところ適合する。

そこで、Windows7のソフトを購入してVISTAと入れ替えた。
やり方はマイクロソフトのサイトに記載されているので、これに沿って行えばよい。 しかし記載内容が理解できる知識はないとダメなのは言うまでもない。

Windows7にも4種類ほどある。 もっとも一般的なのはHome Premiumだがこのsupportは2015年で終了することになっている。
もうひとつ上のグレードのProfessionalでは、supportは2020年までと長い上、Home Premiumでは動かないXP以前のソフトも動く機能がある。
もちろんそれだけ価格も高い。

Windowsの入れ替えはとても手間がかかるもので、入れ替えに半日以上つぶした。
無事、windows7に移行した。 マイクロソフト社はほぼ数年ごとに新しいWindowsを出す。

おそらく2012年か2013年にWindows8が発売される。数年後私はたぶん新しいWindowsを搭載したPCを購入することになるのだろうと思う。

Windows XPは2014年にはsupportが終了する。 これを機会にWindows8を搭載したPCを購入する人は大勢いるだろうと思える。

 

デスクトップPCの改善5

 投稿者:とうない  投稿日:2011年 5月 4日(水)18時53分31秒
返信・引用
  前の処理で、新HDDは旧HDDにとって代わった、旧HDDをPCより取り外し、再起動するとなにごともなかったように新HDDがC,Dドライブとして認識されている。

しかし、HDDの容量を2倍にして、増えた250GBはまだ認識されていない。
これを認識させるには、HDDにおまけで付いていた『HD革命/Partition lite』を起動させる。
この処理には、ずいぶんと時間がかかった。 途中PCが固まってしまったのではないかと思うほどだったが、その内無事終了。 250MBの新ドライブが追加された。

しかし追加HDDのドライブ名はGになっている、CとDはHDDで、EとFがDVDドライブ、追加分はHDDの続きのEになって欲しいのだが・・・・。

調べてみると、これはWindowsのコントロールパネルのシステム管理にユーティリティーがあり、簡単に、HDDはC,D,EにDVDはFとGにすることができた。

ところでPCのドライブにはなぜ、AやBがないのだろうかと思う人もいるだろう。
古くからPCを使っていた人には判るのだが、これは昔、PCにフロッピーディスクドライブが2つ(AとB)ついていた時代の名残りなのですよ。

HDDの交換を無事終了し、今までCドライブに保存していたデータは、Eドライブにデータを移すことにしている。

データとプログラムは分離した方が、PCの処理速度が向上するはず。

これで、HDD交換は完了です。

今回、処理したPCはデスクトップなので、HDD交換などはやりやすい。 ノートPCの場合、PCのケースを開けにくい、へたをするとPCを壊す危険性がある。

デスクトップPCはその面で、ノートPCより扱いやすい。
 

デスクトップPCの改善4

 投稿者:とうない  投稿日:2011年 5月 3日(火)11時14分42秒
返信・引用
  HDDの交換は、HDDのフォーマット→windowsインストール→ソフトの再インストールの手順を経るのがこれまでの常道で、私もこれまで3回位した経験がある。
とても手間がかかるもので、ソフトのインストールまで復旧するのにまる1日かかってもおかしくないものだ。

ところが、今回はとても簡単にプログラムもデータも新HDDに移すことができた。
それを可能にしたのは、買ったHDDにおまけでついていた『HD革命/CopyDrive』というソフト、このソフトをPCにインストールし、起動する。
そして古いHDDと新しいHDDがPCにつながっている状態で、起動した画面で古いHDDのドライブと新HDDのドライブを指定すると、OSを含めてすべてのデータを新HDDに移すことができた。
その所要時間は1時間もかからないから、大幅な作業時間短縮、おまけにWindowsやOfficeの認証も要らないから、とても簡単だった。

以前のHDD交換で苦労した経験が嘘のよう。
 

デスクトップPCの改善3

 投稿者:とうない  投稿日:2011年 5月 2日(月)11時17分18秒
返信・引用
  PCのデータを保存するのに、合計数時間はかかったように思う。
データ保存に外付けHDDを使っていたならもっと短時間で終わったと思うが、改めて購入するのももったいないので、DVDとした訳だ。

データ保存を終わったので、HDDを購入する。 HDDはサイズで分けて、デスクトップ用の3.5インチとノートPC用の2.5インチがある。
PCのメーカを問わず、HDDは共通のものが使われている。サイズ、接続ケーブル、容量に注意して選ぶ、私の場合、SATA接続で容量は現状250GBのHDDが使われていたが、HDD交換のついでに容量を2倍の500GBにした。

容量を増やしても、1万円もせず買えた。 10年ほど前に100MBのHDDを10万円近くで購入した記憶がある。 単価で比べれば、5万分の1になっている訳だ。
ありがたい時代である。

HDDをPCに取り付けるのはデスクトップPCでは簡単。 既存のHDDの他にもう一つHDDを追加できる空きスペースがあるのでそこに買ってきたHDDを入れてねじで留めて、付属のケーブルと電源ケーブルを接続する。 これで、物理的にはHDDを追加できたわけだが、難関はプログラムの引っ越し。
WindowsやOfficeのソフトはHDDにインストールしても、不正コピーを許さない認証というプロセスがあってこれをパスしなければインストールできても使用不可能なのだ。
以前HDDを交換した時の経験はあるができれば、あの苦労はしたくない。




 

デスクトップPCの改善2

 投稿者:とうない  投稿日:2011年 5月 1日(日)11時00分38秒
返信・引用
  PCの起動は早くなったので、次の対策はHDDの交換、しかし、その前の準備として、データのバックアップをする必要がある。

HDDの交換経験はあるがとても手間取る、PCの記録しているものをごっそり取り替えるのだからとても気を使うし手間取る。HDD交換に先だって、データのバックアップは必須である。

そこで、データをどんな物に保存するかである。 私はこれまでCD-R、MO、DVD-RAMのディスクに保存してきた。

でも現在はDVD-RWが主流になっており、大抵のPCはこのディスクが読み書きできる。
これまでDVD-RWでのデータ保存はやったことがない。
まずは、DVD-RWのディスクを購入する必要がある。 というのも、保有しているDVDディスクはVIDEO用で、DVDレコーダーでTV録画用のもの。 これにPCのデータをバックアップすることはできず、データ用ディスクを購入する必要がある。

DVDディスクの種類は多くあって、とても紛らわしい。
TV録画用は現在はブルーレイディスク(BR)が主流になっているが、DVD-RWやDVD-RAMもある、一方PC用でも同じように-RWと-RAMがある。
使い方を間違うと、せっかくディスクを買っても使用不能になるから注意が必要だ。
店で売られているのは録画用ディスクが多く、PCデータ用は目立たない隅の方に置かれている。 大体1枚当たり200円位だ。

この新しいディスクにデータを記録できるようにするには、フォーマットが必要でUDFという形式で行う。 フォーマットにかかる時間は結構長く、30分位かかったと思う。

DVDは1枚で4.7GBの容量があるから、1MBの写真なら4700枚保存できることになる。
私はデジカメを使い始めて15年になり、この期間に撮影した写真データはすべて保存してあるので、数枚のDVDディスクが必要だった。
 

デスクトップPCの改善1

 投稿者:とうない  投稿日:2011年 4月30日(土)10時48分15秒
返信・引用
  2~3ヶ月前位からデスクトップPCの動きが悪いように感じられる。

症状は電源を入れてから、使えるまでの待ち時間が長いとか、動作が遅いとか、ハードディスク(HDD)が、連続して回転しているとかなどである。
このPCは私のメインのPCで3年ほど前に購入したVISTA機。

1週間ほど、あれこれやってみて、やっと新品時の動きに戻すことができた。
その過程を紹介します。 同じようにPCの動きに不満を持っておられる方の参考になるかもしれません。

まず、立ち上がりの遅い問題の解決は、スタートアッププログラムの見直しです。

PCを長く使っていれば、あまり意識しない内にスタートアッププログラムに勝手にプログラムが入ってしまって、そのプログラムが動き、PCの動きを悪くする。
裏で動いているから、そのプログラムが動作を鈍くしていることに気が付きにくい。

私の場合、確認してみると、10以上のプログラムがスタートアッププログラムに入っていた。
これらは自分で登録したものではなく、ソフトを登録した時、自動的に入ったもの。

コントロールパネルのスタートアッププログラムの変更で大半のプログラムを無効にしたところ、立ち上がり時間がぐっと短縮された。
それまではウィンドウズ画面が表示されてからマウスが使えるまでに30秒位必要だったが、変更後は5秒位でマウスが効くように改善された。

 

クラウド

 投稿者:Kビスタ~リ  投稿日:2011年 2月12日(土)23時53分1秒
返信・引用
  クラウドコンピューティングシステムは
個人的に利用は可能なんですかね?
又、利用できる場合どんなメリットがありますか?
 

液晶になりますか

 投稿者:Kビスタ~リ  投稿日:2011年 1月 8日(土)22時18分58秒
返信・引用
    ありがとうございます
液晶とプラズマが好みの問題となると、あまりこだわりはないので
機能性にあまり違いがなければ液晶になりますか。
どのメーカーでもあまり違いは無いと思うのですが。
 

Re: さ~て?

 投稿者:とうない  投稿日:2011年 1月 4日(火)21時46分45秒
返信・引用
  > No.134[元記事へ]

Kビスタ~リさんへのお返事です。

> テレビの買い替えは来年になってからにする事にしたが、液晶とプラズマではどちらが
> 良いのだろうか・・・・・?

そろそろTVの買い替えですか?
昨年11月にはエコポイントの関係でTVが売れすぎて、注文しても1カ月後納品ということもあったそうです。
今年に入ってその反動でTVの販売量が減っているものと思います。
アナログ放送が終わる7月に近づくとまた需要が伸びるでしょう。

さて、液晶またはプラズマ? の件ですが、どちらがよいかは個人の好みで別れるところですが、実際に多く売れているのは液晶です。

理由は、液晶はくっきり感がある(これがいやだという人もいる)ことや売れ筋の32,37,40インチのサイズでは、液晶の品ぞろえが多く価格も手ごろ、プラズマを作っているのはパナソニックと日立だけということもあるでしょう。

TVの消費電力はプラズマの方が多く、TVが熱くなるということもあるようです。

http://www.plantatree.gr.jp/oragafuji/

 

さ~て?

 投稿者:Kビスタ~リ  投稿日:2010年11月27日(土)23時18分27秒
返信・引用
  テレビの買い替えは来年になってからにする事にしたが、液晶とプラズマではどちらが
良いのだろうか・・・・・?
 

宅配便比較サイト

 投稿者:とうない  投稿日:2010年 5月17日(月)08時22分26秒
返信・引用
  『はこBOON』関連情報ですが、『送料の虎』という宅配便比較サイトがあるのを知りました。

これを利用すれば、どの業者が荷物輸送にぴったりかすぐ判る。

これまで、私は荷物の運送はクロネコ利用が多かったけど、賢く業者を選ぼなければ・・・。

昨日の荷物は確かめてみるとやはり『はこBOON』が一番安かった。
この『はこBOON』の荷物は実際はクロネコが運んでいる。そのため、配達も結構早いようだ。
配達日指定ができないこと、着払いができないこと、パソコンが扱えない人は利用が難しいなどの不利な面はありますが、低額な荷物にをおくるのにはぴったりです。

下記URLがそのサイトぜひ一度ごらんあれ。

http://www.shipping.jp/
 

はこBOON

 投稿者:とうない  投稿日:2010年 5月16日(日)11時44分39秒
返信・引用
  『はこBOON』って聞いたことがありますか?
実は、これ宅配サービスの一つで、ファミリーマートで扱っています。

今回、ダンボール箱の荷物を関東に送る必要があり、『はこBOON』という宅配便があることを知りました。
特徴は、箱の大きさは関係なく、重量で料金が決まり、くろねこヤマトよりも大幅に安いことです。

配達日数はくろねこのように翌日配達は無理なようですが、急がない荷物には最適。

利用には、自宅のパソコンでYahooのIDを使って、送付先などを入力し、ファミリマートに行って、端末機で番号などを入力すると配送の伝票が作成されて料金を支払うというもの。

パソコンを使える人はこのサービスを利用すると、とても経済的ということが判った。
それにしてもくろねこや郵パックは有名だが、『はこBOON』は宣伝不足。
伊藤忠の運営だそうだ。
 

地デジ

 投稿者:とうない  投稿日:2010年 4月19日(月)09時41分7秒
返信・引用
  地デジ移行(アナログ放送中止)まで後1年少しになりました。

我が家でも滅多に見ない部屋に置いているテレビがアナログのまま。
急ぐことはないが、いずれ、別置きチューナーを付けるか買い換えるか廃却するかしなければならない。

また岡山の義父母の家は山間部で地デジ受信は地域のケーブルテレビ参加が条件となっている。
今、空き家近い状態なので、ケーブルテレビ料金を毎月支払うのも馬鹿らしい。

ところで、現在、山間部や離島の地デジ難視聴地域用に、BSデジタル放送で、地デジ放送がされているのはご存じでしょうか?

この放送は東京で受信できる地デジ放送をBSデジタル放送で放送するというもの。
残念ながら、それを受信できるのは国に認められた地域のみに配布されるカードをテレビに差し込まないといけない。
だから誰でも地デジの代わりとして利用できない。

こんなことができるのだから、いっそ地デジはやめてBSデジタルに統一すればよかったのではないかと思う。
それで一番困るのは既存のテレビ局でしょう。衛星で放送されたら、いま現在東京のキー局のテレビ番組を殆ど流している地元テレビ局の存在価値はなくなり存続できなくなる。

そんな理由で、地デジ化がなされていると思われる。
このことは、国の総務省のある課長さんが主張されて、左遷されたことがあるらしい。

国全体のことを思えば、現在の地デジは大きな無駄をしていると感じてしまう。
地域の情報が地域のテレビ局から流されるというのが一般国民のメリットなんでしょうがそれほど価値があるとは私には思えない。

世界の国の中にはテレビ放送はすべて衛星放送でなされている所もあると聞く。
 

レンタル掲示板
/8