teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:88/2279 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

小田急1700は

 投稿者:すぎたま  投稿日:2017年 5月15日(月)22時02分17秒
  通報 返信・引用
  原口さんこんばんは。

小田急の元特急車1700形と1750形ですが、原口さんの指摘を受けて早速調べてみました…。
しかし、ピクトリアルの「アーカイブスセレクション」を見ても、「小田急電鉄特集」を見ても、先頭車(1700形)と中間車(1750形)で、写真で見る限り、特に車体の高さに違いは見られませんでした。
図面はどうかと当たりましたが、どちらも床面高さ1200ミリで、特に違いはありませんし、床面から下段窓の窓枠上辺までの高さも同じ750ミリ、そこからヘッダーの上端までも同じく850ミリ、幕板の高さは400ミリと、全て同じです。よって、台枠の厚みの違い、腰板の寸法の違いは無いと思われます。そもそも元が省電であることは確実なので、モハ30にしろ、モハ63にしろ、特に違いは無いはずです。
しかし、実際の運用時に床面高さが異なる場面が本当に無かったのか、さらに調べましたが、この1700系(あえてそう書きますが)の場合、登場から1年半は、特急専用車でのリスク(毎日1~2往復程度で儲かるか。通勤車を増備するべきではないのかという声)からか、デハ1600形のKS-33L台車(軸距離2135ミリ)と主電動機を流用し、デハ1607から1610には、省払い下げのMT7~10主電動機とDT12台車を取り付けて走らせていました(歯数比2.26)。
なので、原口さんがDT11ではないかと見た台車は、住友のKS-33L台車です。
サハ1750形の台車はどうだったか。1751にはサハ2051(→クハ1958)が装備していたMD-5形を流用(サハ2051にはTR11を取り付け)、1752には来歴不明のTR23を付けています。
つまり1701-1751-1702で台車はKS-33L、MD5、KS-33L。
1703-1752-1704で同じくKS-33L、TR23、KS-33L。
もしかすると、MD-5は心皿上面の高さが低く、下に書いた台車新製まで床面高さが揃っていなかったということも無くはなさそうです。

その後完全新製の1705編成は、最初から新品のFS-108をデハ、サハともに装着して製造されました。特急車は大人気で、指定券(当時は定員制自由席)が取りにくいほどであったので、第1、第2編成とも新製車に合わせて台車や電装品も新品に取り替え、FS-108台車に交換されました。
元のデハ1600形から流用の台車は元に戻され、1607-1610ともにKS-33L台車に戻っています。TR23台車は予備に、MD5台車は途中不明ながらクハ1651の更新後に、空気バネに改造の上使用されています。

さて、この一連の台車たらい回しの中で、今もってよくわからないのは、デハ1607-1610に一時取り付けられたMT7-10等の主電動機、DT-12台車がどうなったのか、です。
そもそもなんでDT-12か、というのもよくわかりません。DT-12はモハ63に転用するため温存され、私鉄に払い下げられたのはたいていDT-10やDT-11(少数)でした。MT-7等の古い電動機(木造省電由来)を取り付けるのに、また床下にそれほど余裕があったとも思えないデハ1600形(車長16メートルちょっと)に2500ミリもの軸距離の台車…。解せないですね。DT-10あたりでもよさそうなのに…。小田急が特に希望したのでしょうか。
また、このDT-12台車のゆくえもわかりません。デハ1800とクハ1850に平軸受けのDT-12装備の車輌が、最終的に3輌ありましたが、このうちクハ1861のものは、タネ車のモハ60050のものであることがおおよそわかっています。その他の2輌(クハ1851と1860)に付いていたのが、この一時デハ1600に付いていたDT-12なんでしょうか?。元々クハ1851と1852にもDT-12は付いてきたようなのですが…。
デハ1811は省電のモハ42004の事故復旧車で、元々台車無しで「落成」したので、デハ1802のDT-13をもらって装着しましたが、デハ1802は代わりに何を付けたのか。一応定説ではクイル試験台車のKH-1を付けたと言われていますが、写真が残ってないようですし、クイルを破棄する時には何を付けたのか…。クハにDT-12を付けて発生したDT-13をもらったんですかね。
関西省電であったモハ43は、被災後小田急特急のタネ車になるにあたり、台車無しで譲渡されています(台車付きであったという記録がありません)。しかし、被災場所→収容場所→日車東京支店から新宿を経由して経堂まで、どうやって運んだんだろうかという疑問がわきますよね。当然仮台車だったと思われますが、その仮台車はどんなだったかについては、記述されている文献が無く、よくわかっていません。ただ、デハ1821→デハ1811となることになったモハ42004には、日車構内でTR23らしい台車が付いている画像は、「鉄道ファン」に掲載されたことがありました。サハ1752に当初付けたTR23は、こんなところが出所かもしれません。あくまで推定ですが。

ということで、記録されているものとしては、1700系ロマンスカーがDT-12台車やDT-11台車を付けたことはありません。
ただ、小田急には「台車の不思議」が結構あり、サハ1950形の一部には、鉄道省木製客車用と思われるイコライザーの細いTR11が使われ、最終的に岳南鉄道に譲られたとか、東急車輌に運ばれたと思われるクハ1652の旧車体には、本来のTR11台車ではなく、KS-30LAが付いている(TR11はおそらく新クハ1652→1651に流用)とか、旧4000系製作前に、デハ1300形にパイオニア台車を取り付け試験したが、それは旧4000に採用されたP-III706とは形態が異なり、台車形式が不明とか、いろいろその手の話があります。

失礼いたします。

http://princesscomet.net/

 
 
》記事一覧表示

新着順:88/2279 《前のページ | 次のページ》
/2279