teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:41/2226 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

タンク車の加工(その1)タンクの長さを詰める

 投稿者:原口 悟  投稿日:2017年 5月 6日(土)01時15分28秒
  通報 返信・引用 編集済
  先に飯田線の80系を加工してから、模型の方は気分転換としてタンク車の加工をしていました。その中からいくつか紹介したいと思います。

「タンクの長さを詰める」加工は模型のバリエーションを増やすのに適当な工作技法として古くからスタンダードな工作でした。Nゲージでも1980年代から工作が色々と紹介されていたのですが、最近になってこの工作を実行しました。
写真上はKATOのタキ43000型ガソリン専用車(右)を詰めたタキ44000型石油類専用車(左)です。タキ43000と44000は、円錐部分の寸法は共通で、中間の平行部分が、タキ43000の方で1コマ挟んで長さを伸ばしており、間に入ったユニットが溶接跡で表現されているのでこの部分を抜き取りました。併せてランボードも手すり1コマ分長さが短いので1コマ抜いています。これに合わせて安全弁とマンホールのレイアウトも変わっているので配置しなおしています。全体として約8㎜長さが詰まっています。
「石油類専用車」の特徴は重油輸送に対応した「加熱管」とこれを点検するための「点検ハッチ」なのですが、加熱管を0.6mm真鍮線、点検ハッチはレボリューションファクトリーのパーツで追加しました。
車番はレボリューションファクトリー、社紋板はパンダ工業のインレタです。

写真中央は同じくKATOのタキ35000型ガソリン専用車(右)を詰めたタキ45000型石油類専用車(左)です。こちらも円錐部分の寸法は共通で、平行部分の両側を4.5mmずつ詰めました。こちらはランボードとマンホールは共通レイアウトで、安全弁がタンクを詰める過程で1つになっています。加熱管と点検ハッチは上記のタキ44000と共通です。
足回りの方は、台枠のジャッキアップポイントを分割線にして前後を4.5㎜ずつ詰めました。この過程で側ブレーキが台車に接近し、ステップが台車に干渉する(現車も台車の外側にステップが付いている)ため、写真のようにステップは切り落としました。残った台枠の方も車輪が干渉するため、彫刻刀で彫りこみました。
標記は車番部分はくろま屋と「石油類(除ガソリン)専用」標記はジオマトリックデザイナーズインク、荷重、常備駅標記(左側)と「形式 タキ45000」標記は「ミラクルデカール」に印刷しました。

写真下は同様にタキ35000を詰めたタキ45000形「キグナス石油」とタキ13800形酒類専用車です。
デカールへの印刷は昔は「インクリボン式」プリンターが使われていたのですが、最近ではインクジェット式に完全に移行しており、このインクジェット式のプリンターに対応したデカールが「ミラクルデカール」です。これに社紋板や標記を印刷して出力したものを作りました。「キグナス石油」の社紋板はタンク車の写真からAdobe Illustrator」で作りました。社紋板とともに「キグナス石油株式会社」のロゴも作っています。
「キグナス石油」のタキ45000形を作ったのは、高崎線で遅くまで見られたためで、岡部、倉賀野への大規模石油輸送とは別に渋川の関東電化工業の工場への石油輸送にキグナス石油のタキ45000形が使われていました。関東電化工業での貨物はタキ200形トリクロールエチレン専用タンク車やトラ70000形無蓋車の「塩積専用」運用などが有名でしたが、タンク車も結構いろいろなものがありました。また、タキ45000形は全部で578両が製造されているのですが、最後の製造はキグナス石油で、ラストナンバーのタキ43578もキグナス石油の車でした。
タキ13800形は、タキ7250形やタキ13700形アルコール専用車の一族ですが、積み荷は「醸造酒」で比重がほぼ1のため、長さが詰まっています。表記はかなり前に購入した新貨車工房のデカールです。新貨車工房のデカールでは、以前にタキ7200形、7950形、13700形を作っているのですが、タキ13800形だけは長さがかなり詰まるため、工作を保留していたものです(厳密にはタキ7200形等はタキ35000形に比べて前後2㎜ほど平行部分が短いが、見かけは目立たないのでそのまま塗り替えと標記書き換えだけで製作)。
ちなみに、ここで作ったキグナス石油の社紋は、昭和61年に設定されたもので、国鉄末期から2000年頃までタキ35000型やタキ45000型に付けられており、ガソリンスタンドでもなじみだったものです。社紋は2012年に新たに設定され、白鳥をモチーフとしたシンボルマークになっています。一方で、昭和61年よりも前は月と白鳥を組み合わせたもので、日本漁網船具以来のもので、後述の日本漁網船具のタム500形に付いていたものです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:41/2226 《前のページ | 次のページ》
/2226