teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. www(6)
  2. 全力全開(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:134/2312 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

富山港線のクモハ73355

 投稿者:原口 悟  投稿日:2017年 3月28日(火)00時45分22秒
  通報 返信・引用 編集済
  皆さんこんばんは

富山港線のクモハ73355の写真:RPアーカイブス37「63・73型電車の時代1950~70」より
 白い陽さんより話のあった「RPアーカイブセレクション37 63・73型電車の時代 1950~70」を遅ればせながら購入しました。
 本文記事は桜木町事故からの更新工事内容など、昭和20年代の話題が中心で、新しい方の記事は昭和40年代末のアコモ改造車の記事にとどまります。このため、地方線区に転出してからの73系に関する記事はほとんど収録されていないのですが、写真の方にいくつか注目するものがありました。このうち特に注目したのがカラーP4中央の富山港線の73系で、クモハ73の半鋼製車で、2段窓がわかるのでクモハ73355です。昭和43年10月に下奥井駅での撮影で、「国鉄電車回想II」収録のクモハ73355の写真が昭和43年6月22日の撮影で、前面形態はこの時と同じく、窓は3枚とも原型木枠、前面手すりはすべて揃っています。これがRF69-11号収録の昭和44年8月18日撮影の写真では前面窓が全てHゴムに変わっており、運転席側の手すりが大部分撤去されています。このため、前面の改造を受けた時期が「昭和43年10月から44年8月の間」と幅が少し狭まりました。カラー写真は、出版文献掲載で最も古いものは「世界の鉄道'72」P11の写真(先頭はクモハ73305、2両へはクモハ73347に同定される)で、おそらく昭和46年5月頃の撮影で、この写真は3年さかのぼる、スカイブルー塗装になって間もないころのものとして貴重です。
 また、同じページには本塩釜付近のバラックのような高架を走る仙石線の73系の写真があり、中央窓だけが木枠で残ったクハ79154です

RP17-5号「特集 郵便・荷物電車」について
 RPアーカイブスと同時期発売のRP本誌は特集が「郵便・荷物電車」でこちらも注目すべき写真が収録されています。本文ではクモユニ143型の探訪(P58~)の他、荷物列車のダイヤ(P24~)等の記事があります。この中で、昭和57年11月から59年2月の間に高崎線で見られた7連の集約荷物列車の記述もあり(P32~33)、写真もあります(カラーP7)。本文中でも「荷2043Mは横浜羽沢貨物から高崎までの区間は昼間であり、ご覧になった方も多かったと思う」の記述がありますが、籠原の通過が午後4時頃で、学校帰りに足を伸ばして籠原駅下り側の陸橋から荷物列車の通過を見ていました。57-11改正以前では、荷物車を先頭に連結した普通列車をしばしば見ていたのですが、当時のダイヤグラム(P30の55-10改正の運用表)をみると、長岡発上野行きの724Mを見ていたようです。
 他、「私鉄の荷物電車」も紹介されています。

TMS17-4号のNゲージ旧型国電製作記事について
 同時期発売のTMSには、Nゲージの「岡山ローカル戦前型」製作が紹介されています(P29~)。岡山ローカル戦前型は、以前のこの場ですべて鉄道コレクションか製作したものを紹介したことが有りますが、TMSの記事では世代が新しく、KATO製品ベースになっています。クモハユニ64000も私の時はクモハ54から工作しましたが、TMS記事ではKATO製品からの加工です。他の車両も同様の工作車両の世代交代が起こっています。
 
 
》記事一覧表示

新着順:134/2312 《前のページ | 次のページ》
/2312